タブーを犯した女たち 愛の記憶のネタバレと結末!試し読みはココ

ainokioku

この記事は約 8 分で読めます。



緑川あきら先生のコミックの
タブーを犯した女たち~愛の記憶~。

 

小さい頃に交わした弟との秘密の約束。

 

それは叶えられない約束なのですが
2人だけの思い出の場所のコスモス畑に行った2人は――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【タブーを犯した女たち 愛の記憶】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

タブーを犯した女たち 愛の記憶を無料で立ち読み

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶のあらすじは?

 

いつも優はいじめられて泣いていました。

 

そんな優をみつけなぐさめるのは杏奈。

 

杏奈と優は日本人の父とアメリカ人の母を持つハーフ。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶
タブーを犯した女たち~愛の記憶~

 

髪や目の色が違うからといじめれれていて
杏奈は優にいじめるヤツなんかなぐり返してやれと
優に言っていました優は杏奈のように強くないと言うのです。

 

そんな優に杏奈はそんな弱虫だと将来結婚できないと
女の子は泣き虫な男なんか嫌いなものだと…。

 

すると優は他の女の子と結婚なんてしないと
杏奈と結婚すると言い出したのです。

 

杏奈も優とならいいと2人は約束をするのでした――。

 

そして大きくなった杏奈と優。

 

久しぶりに杏奈は子どもの頃の約束したときの夢を見ました。

 

そんな夢を見たのは3年ぶりに弟の優に
会うせいかもしれないと思うのです。

 

杏奈の2つ下の弟の優は杏奈よりも髪や目の色素が薄く
小さい頃はよくいじめられていました。

 

しかしハーフなせいか3年ぶりに会う優は
とてもキレイだったのです。

 

杏奈の自慢の弟の優――。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶を読んでみる

 

サイト内より【タブーを犯した女たち】と検索。

 

BookLive

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶のネタバレとその後の展開!

 

優はまだ大学生なのですが遊んでばっかりで
彼女もとっかえひっかえ…。

 

杏奈が高校の時の彼女とまだ付き合ってるのかと聞くと
何人前だっけという感じでモテるものの杏奈は
気が多いと思うのですが優は普通だと言うのです。

 

高校の先輩と結婚した杏奈にはわからないと…。

 

そして杏奈みたいにずっと同じ人を想い
結婚する人はいないと言うのです。

 

そんな優は小さい頃に行ったコスモス畑に
行ってみたいと言い行ってみることに。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶
タブーを犯した女たち~愛の記憶~

 

小さい頃のまま潰されてなかったコスモス畑。

 

2人だけの大切な思い出の場所。

 

小さい頃の話をし小さい頃に約束した
あの話をし始めるのです。

 

大きくなったら結婚してくれると言った約束――。

 

優はどうして浩一さんと結婚しちゃったのかと
結婚の話を聞いたときどんな気持ちだったかと
杏奈に言うのです。

 

杏奈は浩一さんが好きだったからと答えても
優が聞いてくるので話をやめようとします。

 

杏奈は優が結婚式のときどんな顔をしていたか知っていて
忘れたかったことでもありました。

 

そんな杏奈の様子を見て優は抱きしめキスを――。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶を試し読みしてみる

 

サイト内より【タブーを犯した女たち】と検索。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶の結末は?

 

3年も杏奈に会わなかったのは
優は杏奈のことが好きだったから…。

 

杏奈も優のことが好きで忘れられないと思うのです。

 

その夜杏奈は暗い部屋の中で
浩一さんが帰ってくるのを待っていました。

 

杏奈の顔や様子からちょっと変だと思い
調子が悪いなら…と言いかけるのですが
杏奈は大丈夫だから抱いてと言うのです。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶
タブーを犯した女たち~愛の記憶~

 

浩一さんはとても優しい人で誰よりも
杏奈のことを愛している…。

 

しかし抱かれながら想うのは優のこと。

 

思い出してしまったこの想いをどうしたら消せるのかと
思いながらも自分の夫は浩一さんだけで愛しているのは…。

 

でももう終わりにしなきゃこんな気持ちでいるのは嫌と
杏奈は浩一さんに抱かれながら思うのでした。

 

そして2人のために大切な思い出を心の底に
沈めると誓う杏奈はコスモス畑に優を呼び出し
優に想いを告げるのです。

 

優のことは好きだけど姉と弟が結婚することはできず
想いを閉じ込めたまま生きるんだって思っていたと…。

 

そして2人は結ばれたのです。

 

1夜限りの想い。

 

明日になったら普通の姉弟に戻ると約束し…。

 

そして優は新幹線で帰るのですが杏奈は今度はいつ
帰ってくるのかと聞きます。

 

また3年後なんて言わないかと。

 

優は冬休みには帰ると笑顔で答え閉まるドアを前に
2人はさよならと自分たちの想いに終止符を打つのです。

 

ドア越しにキスをして――。

 

杏奈は家で浩一さんの帰りを待つのです。

 

次に優に会う時には姉としていられると
そしてあの夢は2度と見ないだろうと思うのです。

 

杏奈の幸せはここにあるのだからと…。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶を読むならこちら

 

サイト内より【タブーを犯した女たち】と検索。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶の感想は?

 

小さい頃に約束した2人だけの秘密の約束。

 

兄弟でなければ叶えられる約束ですが
杏奈と優は血のつながった兄妹…。

 

いつもいじめられていてそれを慰めてくれる
杏奈の存在は特に特別だったことでしょう。

 

だから杏奈が結婚するとなったとき
優は辛くて3年もの間会いに来ませんでした。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶
タブーを犯した女たち~愛の記憶~

 

杏奈は1夜限りとはいえ優と結ばれたことで
姉弟に戻れると浩一さんとやっていけると
普通の暮らしに戻りましたが優はどうなんでしょう…。

 

杏奈のように気持ちに蓋をして浩一さんと
結婚して暮らしていたのとはわけが違います。

 

ちゃんと姉弟に戻れているのであればいいですが…。

 

このお話が本当にあったお話だと思うと
びっくりしてしまいます。

 

禁断の愛を描いた作品はいろいろとありますが
実際にはないよねって思いながら読んでいたので…。

 

本当に姉弟でもあるんだなと思ってしまった感じです。

 

でも絵もキレイだし結末も良かったと思います。

 

タブーを犯した女たち 愛の記憶を試し読みするならこちら

 

サイト内より【タブーを犯した女たち】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態