タブーを犯した女たち 歪んだ願いのネタバレと結末そして感想は?

yugandanegai

この記事は約 6 分で読めます。



牧原もも先生のタブーを犯した女たち~歪んだ願い~。

 

大阪バラバラ殺人事件…。

 

夫を殺害しその遺体を切り刻み鍋で煮た!?

 

この残忍な事件を起こした女はいったいどんな女なのか!?

 

そして根本にある異常なほどの金への執着…。

 

長野芳恵の悲しい生涯がここにーー。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【タブーを犯した女たち 歪んだ願い】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

タブーを犯した女たち~歪んだ願い~を無料で立ち読み

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願いのあらすじは?

 

タブーを犯した女たち~歪んだ願い~は牧原もも先生が
実際にあった大阪バラバラ殺人事件をモデルに描かれた作品です。

 

1997年8月12日大阪府交野市のマンションで
男性のバラバラ遺体が見つかります。

 

被害者は長野悦郎という男でこの猟奇的な殺人事件は
多くのマスコミの注目を浴びたのです。

 

犯人は行方不明となっていた悦郎の妻の芳恵。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願い
タブーを犯した女たち~歪んだ願い~

 

逮捕された芳恵はなぜこのような残忍で
猟奇的な犯行に及んだのか…。

 

その秘密は彼女の生い立ちにあったのです…。

 

3人兄弟の末っ子として生まれた芳恵の父親は
ひどく怠け者で朝から酒を飲んでいるような男でした。

 

そんな父親の代わりに内職で家計を支える母親でしたが
芳恵が9歳の時に無理がたたって母親が病死…。

 

葬儀代すら払うことができなく埋葬許可さえ下りない。

 

なんとか墓に入れることはできましたが幼い芳恵の心には
お金さえあればこんな思いせずに済むのに…そんな気持が渦巻く…。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願いを読んでみる

 

サイト内より【タブーを犯した女たち 歪んだ願い】と検索。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願いのネタバレとその後の展開!

 

世間を騒がせた大阪バラバラ殺人事件の犯人
長野芳恵の生い立ちそして服役するまで…。

 

夫の長野悦郎を殺害した揚句バラバラにして
鍋で煮るという残忍な犯行。

 

そんな芳恵は恐ろしいほど金に執着していました…。

 

それには芳恵の幼少期の体験が大きく影響しています。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願い
タブーを犯した女たち~歪んだ願い~

 

怠けものだった父親のせいでずっと貧乏な生活
母親も早死にしてしまう…。

 

父親は自分のさせた苦労のせいで母親が
死んでしまったというのにすぐに若い女を連れ込む始末。

 

その後芳恵は中学校を卒業しデパートに就職することになりますが
盗みを働き少年院送りになり出てきてからもお金には縁がない…。

 

職を転々とする芳恵でしたがそんなとき父親が入院し
仕事を辞め父親の看病をすることになります。

 

困窮した芳恵はいとこにお金の工面を。

 

「あんたも大変やね・・・」と最初は快く貸してくれたいとこでしたが
回数を重ねていくうち貸して貰えなくなってしまう…。

 

そのことから芳恵はいとこを殺し刑務所への服役も経験します。

 

懲役13年の服役しその中で新一という男性と獄中結婚するも
仮出所した頃にはすでに新一はこの世を去っていました。

 

ですが働かなくては暮らしていけない。

 

けれど我慢や努力をしない芳恵は職を転々とすることとなるのです…。

 

せっかく自由になれたのに相変わらずの貧乏な暮らしで
そこで芳恵は結婚相談所に登録し2度目の結婚をします。

 

ですが男が貧乏だとわかると芳恵は2ヵ月足らずで家を出て行ってしまい
飽くなき金への執着で芳恵はバラバラ殺人の被害者となる長野悦郎と
3度目の結婚をすることとなるのです。

 

そしてその後悦郎の預金や前妻の生命保険金を手に入れるため
悦郎を殺害しあの残忍な事件を引き起こすこととなるのでした…。

 

【テキスト】

 

サイト内より【タブーを犯した女たち 歪んだ願い】と検索。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願いの感想は?

 

大抵の人が貧乏な生活よりはお金に不自由しない生活を望むと思います。

 

けれども人を傷つけたり殺したりしてまで
その生活を手に入れようと思うでしょうか?

 

この作品の主人公の長野芳恵は貧しい幼少期を送り大きくなってからは
金への執着から犯罪を繰り返し少年院や刑務所への服役を経験します。

 

出所後も反省はなく金への執着は強くなるばかり…。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願い
タブーを犯した女たち~歪んだ願い~

 

正直読んでいて悲しくなる作品です。

 

確かに彼女がしたことは残忍で許しがたい行為。

 

ですがだれが彼女をこのようにしてしまったのか…。

 

こうなる前に誰かに助けを求めることができたのではないかお金以外の幸せを
見つけることができたのではないだろうかと考えてしまいます。

 

本当に読むほどに悲しく切なくなる作品です。

 

タブーを犯した女たち 歪んだ願いを読んでみるならこちら

 

サイト内より【タブーを犯した女たち 歪んだ願い】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態