地獄を見た女たち ねがいのネタバレや結末!あらすじや試し読みも

negai

この記事は約 9 分で読めます。



伊東爾子先生の作品の
地獄を見た女たち~ねがい~。

 

東日本大震災のときの報道されていない
震災避難所での実態。

 

そこはなんと性の解放区だったのです――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【地獄を見た女たち】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

地獄を見た女たち~ねがい~を無料で立ち読み

 

地獄を見た女たち ねがいのあらすじは?

 

北原香奈は東日本大震災で被災に遭い
津波で家を失いました。

 

家族で避難所の体育館で暮らしていました。

 

そこは人間臭がこもり気温が低いのに
むっとしている感じの中でプライバシーもなく
耐え難い中での生活でした。

 

地獄を見た女たち ねがい
地獄を見た女たち~ねがい~

 

他の人の咳が聞こえてきて眠れず外に出ると
外は外でガレキや死体臭などいろいろな臭いが
立ちこめている感じでマスクが欲しくなるほど…。

 

妹の有香がトイレに行きたいと言い出し
香奈についてきてと言われついて行くのですが
そこはテントの中に簡易トイレがあるだけの
仮設トイレでした。

 

そしてそこからは男性のあえぎ声が聞こえたり
更には草むらの中でセックスしている人ばかり…。

 

香奈はこんな状況で何をやっているのと思いますが
有香はその逆だとこんな状況だから生命の危機を感じて
子孫を残そうとしてしているのかもと言うのです。

 

そして香奈も生存本能ってやつなのかもと
納得するのでした。

 

地獄を見た女たち ねがいを試し読みしてみる

 

サイト内より【地獄を見た女たち】と検索。

 

地獄を見た女たち ねがいのネタバレとその後の展開は?

 

そんな中ボランティアの人も来るようになりますが
避難者同士だけではなくボランティアの人と
セックスる人もいて避難所は性の解放地帯と…。

 

避難所のでの生活は食事の供給も不安定で
1日1回の日も結構ありました。

 

そんなこともありこれだけじゃ物足りないと
妹の有香は言うのですがそれを見て香奈は
自分の分を少しあげるのですが空腹は辛く
その様子を見ていた男性が自分の分のお弁当を
差し出すのですがそれには裏がありました。

 

いきなり香奈を捕まえ後ろから胸を触りだし
やらせもしないでメシだけ持っていく気かと言うのです。

 

身体と交換でお弁当を差し出したのでした。

 

地獄を見た女たち ねがい
地獄を見た女たち~ねがい~

 

香奈たちは食料のために売春などできませんでしたが
中には食料をもらうためやお金を稼いでいる人も…。

 

また避難所では下着を干す場所も困っていました。

 

共同の場所に干すわけにもいかないし人によっては
1週間はいたら捨てる人もいたほど…。

 

香奈たちは仕切りのダンボールの影にこっそりと
干していたのですが下着は盗まれてしまい
もしかしたら自分たちが寝ているところも
覗かれているんじゃないかと気持ち悪いと思うのです。

 

そんなとき知っている家の子がレイプされたと
ほかにもやられている人が結構いるみたいだと
避難所も物騒な感じになり香奈たちは
2人で行動するように心がけていたのですが――。

 

長い避難所生活で気がゆるみ短い時間だからと
香奈たちは油断してしまったのです。

 

香奈は水もらうの忘れてたと由香を先に行かせると
ナイフをもった男が有香に襲い掛かり茂みに連れ込まれ
レイプされてしまったのでした…。

 

有香をレイプした男…。

 

それは幸平という地主の息子でなら言わないでいいと
父親は言いましたがこのまま泣き寝入りなんてと
地主に話に行くのです。

 

しかしうちの息子がそんなことするわけないと
言いがかりだと言い出し警察に行くと言うと
こんな日最中に何を言っているんだと
加害者も被害者もないと言い出すのです。

 

香奈の家は地主に借金をしていて逆らっても無理で
警察にも行けず泣き寝入りするしかなく
有香だけがつらい思いをしたのでした。

 

もうこんなところにいたくないと言う有香と
こんな汚い場所に1日もいたくないと思う香奈は
親戚を頼って関東に出ることに。

 

向こうで働いてお金を送ると言うのですが
香奈たちを待っている生活はひどいもので…。

 

地獄を見た女たち ねがいを読んでみる

 

サイト内より【地獄を見た女たち】と検索。

 

地獄を見た女たち ねがいの結末は?

 

香奈たちが行った親戚はとても優しく
大変だったねと出迎えてくれました。

 

香奈も有香も仕事を見つけ一安心だと思うのですが
2人が福島出身だとわかると放射能がうつのではと
仕事を辞めさせられてしまったのです。

 

最初は優しかった親戚もいつまでいるんだと
引越し代は貸してあげるから来週には出て行けと…。

 

けれど仕事は見つからず食べるものはパンの耳で
来月の家賃はどうしよう電気代もどうしようと
そんな辛い日々…。

 

地獄を見た女たち ねがい
地獄を見た女たち~ねがい~

 

そんなある日、香奈は中華料理店の前で
アルバイトの急募の貼紙を見ていると
1人の男性が話しかけてきました。

 

食事をおごってあげると言われついて行き
3万払うからとホテルにも行くのです。

 

これでは避難所で食べ物やお金が欲しくて
買春していた人たちと同じと思うのですが
それでも1度汚れてしまったら同じと出会い系に登録し
毎日のように売りを始めるのでした。

 

それは有香にもバレ2人で身体を売る日々…。

 

しかし自分たちが福島の出身だと話すと
交渉して決めた金額も払ってもらえず
香奈たちは売りよりも確実に稼げる
風俗店で働くことを決めます。

 

面接では身分証明書が必須のため免許証を見せると
福島からきたことがすぐにばれます。

 

今まで福島出身だとわかると冷たい仕打ちに遭っていたので
仕事もダメかとビクビクするのですがかわいそうと心配され
そこで働くみんなもお客さんも優しかったのです。

 

やっと2人を受け入れてくれる場所を見つけました。

 

でも親に内緒でやっている風俗の仕事を
いつ抜け出せるのかと不安で2人は
精神安定剤を手放せません。

 

それでも貯金はできなくても仕送りはできるようになり
お父さんやお母さんも喜んでくれ1日でも早く
家族と暮せるように2人は願うのでした――。

 

地獄を見た女たち ねがいを試し読みするならこちら

 

サイト内より【地獄を見た女たち】と検索。

 

地獄を見た女たち ねがいの感想は?

 

東日本大震災は誰もが忘れられない地震。

 

私は被災地とは離れているところで暮らしていますが
その日はかなりの地震でした。

 

地面がグチャっと揺れたのを覚えています。

 

被災地と離れた地域でもそんなすごい感じだったので
被災した地域ではそれはすごいことだったでしょう。

 

そのときの写真などを見てもそのすごさがわかります。

 

多くの人たちの生活を奪い今もなおまだ普通に生活を
送れていない人もいるかもしれません…。

 

香奈や有香も東日本大震災がなければ
こんな仕事もせず幸せに暮らしていたのかも…。

 

地獄を見た女たち ねがい
地獄を見た女たち~ねがい~

 

誰が悪い訳でもないのに福島から来たからと
被災地からきたからと被曝してもないのに
ひどい対応です…。

 

それでもやはり自分にも移るのではないかと
心配しちゃうんですよね…。

 

被災地の情報はニュースで見ただけでしたが
報道されていない裏側ではこんなことがあったのかと
かなり驚かされてしまいました。

 

東日本大震災の津波による被害を受けた地域では
今突然死の増加傾向が続いているようっですが
被災地の人たちが幸せに暮らせる日が
早くやってくればいいのにと思います。

 

地獄を見た女たち ねがいを読むならこちら

 

サイト内より【地獄を見た女たち】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態