ぼくは麻理のなかのネタバレや感想は?あらすじや試し読みのまとめ

bokuhamarinonaka

この記事は約 7 分で読めます。



「悪の華」や「漂流ネットカフェ」で知られる
押見修造先生の作品です。

 

毎日ゲームとオナニーをして過ごす
小森功という引きこもりの大学生が主人公。

 

彼の唯一の生きがいは毎晩9時にコンビニに
やってくる女子高生を尾行することでした。

 

いつものように尾行した翌日目覚めた小森は
あの女子高生になっていて――?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ぼくは麻理のなか】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼくは麻理のなかを無料で立ち読み

ぼくは麻理のなかのあらすじ

 

主人公の小森功は群馬から上京してきた大学生です。

 

大学生活に希望を膨らませていましたが現実では
友達も恋人もできず気付けば一人ぼっちでした。

 

それでもなんとか大学に通っていましたが
1年経った頃急に大学へ行けなくなってしまいます。

 

それ以来小森は引きこもってゲームと
オナニーをして過ごす日々を送ります。

 

田舎の親に嘘をつきなんの意味もない
生活を消費している小森。

 

そんな彼の唯一の生きがいは
女子高生を尾行することでした。

 

小森が「コンビニの天使」と呼んでいるその女子高生は
毎晩9時になるとコンビニにやってきます。

 

ぼくは麻理のなか
ぼくは麻理のなか

 

そして決まってチョコレートと飲み物を買っていくのです。

 

その夜も小森はコンビニから帰宅する
女子高生のあとを追っていました。

 

名前も知らない女子高生を
暑い日も寒い日も尾行している小森。

 

引きこもりの彼は告白するどころか
声を掛けたことすらありません。

 

ただずっと彼女のあとをつけていられれば
いいと思っているのです。

 

しかしこの夜はいつもとは違っていました。

 

女子高生は急に立ち止まると小森を振り向いたのです。

 

かすかにほほえんでいるように見える彼女の横顔。

 

小森の意識はそこで途切れて翌朝目覚めると
彼はなんと女子高生になっていたのです。

 

ぼくは麻理のなかを試し読みしてみる

 

サイト内より【ぼくは麻理のなか】と検索。

 

BookLive

 

ぼくは麻理のなかのネタバレ

 

女子高生になってしまった小森は
彼女の部屋で生徒手帳を見つけます。

 

そこには吉崎麻理という名前と
見慣れた女の子の写真がありました。

 

ずっと知りたかった女子高生の名前を知って感動する小森。

 

そこに麻理の母親が呼ぶ声が。

 

自分の置かれている状況がわからないまま
小森はとりあえず麻理として振る舞うことにしたのでした。

 

もともとが引きこもりのダメ男ですから
上手く立ち回ることはできません。

 

家族にトイレの場所を聞いたり学校では
挙動不審な態度で友達から訝しがられたり…。

 

しかも麻理は目立つタイプの女子だったようで
交友関係にかなり苦戦します。

 

なぜ自分が麻理になってしまったのか
本物の麻理はどこに行ってしまったのか。

 

わからないことだらけで小森は
とにかく必死に対応するのでした。

 

そんな時柿口依という少女によって
麻理が麻理でないことを見破られてしまいます。

 

どうやら依は麻理に異様な関心があったようで
麻理の中に小森が入ってしまったという
普通なら信じがたい説明にも理解を示すのです。

 

こうして麻理になってしまった小森と
麻理に想いを寄せる依は協力をすることになったのでした。

 

麻理の行方について調べるうちに2人は
思ってもいなかった麻理の姿を知ることとなります。

 

ぼくは麻理のなか
ぼくは麻理のなか

 

彼女の部屋から大量のエロ本が出てきたり
それが以前小森が古本屋に売ったものだったり。

 

どうやら麻理は小森の存在に気付いていて
逆にストーカーをしていた可能性も…。

 

そして小森は自分自身の体と対峙することになるのですが
どうやら中身は小森のままで麻理の気配はないのです。

 

ということは…麻理と小森は
入れ替わったわけではなく――。

 

小森の肉体は小森としての意識と共に
存在しているという不可解な状況に。

 

では麻理の中にいる自分はなんなのか
麻理の人格はどこにいってしまったのか?

 

麻理を探せば探すほど新たな謎に悩まされていきます。

 

その後の展開としては麻理の幼少期の記憶や
麻理の母親の秘密などが垣間見えます。

 

ますます惹きこまれる展開に続きが待ち遠しいです。

 

ぼくは麻理のなかを試し読みするならこちら

 

サイト内より【ぼくは麻理のなか】と検索。

 

ぼくは麻理の中の感想

 

はじめは絵もかわいいし入れ替わりものかな
楽しそう!くらいの軽い気持ちで読み始めたのですが
思ったよりも錯綜するストーリーでした。

 

良い意味で裏切られました。

 

女子の生活を生々しく描いているシーンがかなり衝撃です。

 

男性が描いた作品とは思えないくらいのリアリティがあって
どうやってこんな表現になったのか不思議でたまりません。

 

ぼくは麻理のなか
ぼくは麻理のなか

 

あとがきによれば作者の押見先生には
女性になってみたいという願望があるそう。

 

その願望がこのような形で作品に
現れたかと思うとなかなか感慨深いですね。

 

確かに女性作家ならごく当たり前の
日常なのであえて描くことはないかもしれません。

 

さてごく普通のかわいい女の子だと思われていた
麻理ですがどんどん意外な一面が明らかになっていきます。

 

小森と入れ替わっていないということや
小森が麻理の記憶をかすかに共有していること。

 

これらから麻理の中にいる小森は実は彼女の作り出した
別人格なんじゃないかなとも思えてきました。

 

先の読めない展開に色んな妄想が
働いてしまい早く真実が知りたいです!

 

ぼくは麻理のなかを読んでみる

 

サイト内より【ぼくは麻理のなか】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態