暗殺教室(漫画)のネタバレや感想は?あらすじや試し読みのまとめ

暗殺教室(漫画)のネタバレや感想は?あらすじや試し読みのまとめ

この記事は約 7 分で読めます。



「ヌルフフフフ」殺せんせーをご存じですか?

 

松井優征先生のコミックで映画化もされ更には
映画第2段となる実写映画を控えた大注目のこの漫画。

 

漫画もいよいよクライマックス!ぜひチェックしてください。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

暗殺教室を無料で立ち読み

 

暗殺教室のあらすじは?担任は最長時速マッハ20のタコ型生物?

 

産まれも育ちも地球の最高時速マッハ20のタコ型超生物が
月の7割は爆発し来年の3月には地球を破壊すると公言した。

 

なぜか「3-Eの担任ならしてもいい」という書置きを残して…。
その裏には大切な人との約束があって――。

 

暗殺教室
暗殺教室

 

椚ヶ丘中学3-Eの進学校のレベルについていけなかった
落ちこぼれが追いやられる通称「エンドのE組」。

 

山の上の隔離校舎に追いやれ
他の生徒たちから蔑んだ目で見られている。

 

またそうはなりたくないという思いから
ほかの生徒たちは奮起するという理事長による画策。

 

部活も禁止され3-Eの生徒たちは
やる気と自信を失っていることが多い。

 

いきなり現れた怪物を自分たちに課せられた
「暗殺」という使命に最初は戸惑う生徒たちだが
暗殺成功報酬百億円に目がくらみ現実実のないまま暗殺を始める。

 

殺せんせーは殺せないせんせーというところから
生徒茅野が付けたあだ名で先生いわく名前は無いらしい。

 

殺せんせーを殺すためにいろいろな方法を
試すがいともたやすく交わされてしまう。

 

どんな方法でもほめて欠点を教え伸ばしてくれる殺せんせーだが
唯一自分を大切にしない方法には賛同しない。

 

暗殺に必要な体力技術向上のために防衛省所属の烏間が指導をし
暗殺者イリーナ・イェラビッチが殺せんせーの暗殺に
失敗したことで教師として生徒の指導にあたることになる――。

 

暗殺教室を試し読みしてみる

 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

 

BookLive

 

暗殺教室のネタバレと感想!

 

このマンガは最初から読み返すと気づかなかった
伏線などもひかれていて本当に面白いです
最初は殺せんせーや生徒たちの特技や
性格の紹介のようなお話が多いです。

 

殺せんせーによりその特技が
さらに伸びたことにより後半の暗殺に生きています。

 

どう考えても無茶がある漫画設定なのですがそんなことは
一切考えさせないように一つ一つ段階を踏んでいます。

 

殺せんせーは生徒に「勉強」を教えてくれます。

 

そしてほかの生徒たちに負けない「自信」や
暗殺だけしていてはダメだと勉強を
せざる得ない状況に持っていくのも得意です。

 

その中で自信とやる気を取り戻した生徒たちは
何事にも全力で向き合うことになります。

 

他の生徒たちと体育祭や試験などで戦うときの
E組の役割は惨めに負けることでしたが自信と
その為の実力を手にいれた彼らはアッサリ負けません。

 

それを良く思わないエリートA組や理事長たちに
いろいろと仕掛けてきますがアイディアと力
努力で向かい合う姿には誰しも勇気をもらえるかもしません。

 

生徒たちでは暗殺が出来ずしびれを切らした国が
暗殺者を仕向けてくることもありますが
殺せんせーには歯がたたず時には生徒を利用してまで
勝とうとする暗殺者も現れます。

 

しかしその時には生徒も先生も協力して
それにより殺せんせーと生徒たちは絆を深めていき…。

 

殺せんせーへの信頼感すら生まれ始めた
E組ですが茅野だけは違いました。

 

茅野は姉を殺せんせーに殺されたと思っており
復讐するためにE組に潜入していたのでした。

 

殺せんせーは全てを話すことになります。

 

殺せんせーは地球外の生物ではなく
実験により変貌させられた人間でした。

 

殺せんせーは「死神」と呼ばれた暗殺者でした。

 

暗殺教室
暗殺教室

 

弟子に裏切られ捕まってしまった死神は
人体実験されることになります。

 

その監視役が茅野の姉である「雪村」でした。

 

雪村は少しの間でしたがE組の担任をしていた先生で
もし死神が刃を向けても一番近くに居る雪村を
盾に逃げればいいと雪村も利用されていただけ…。

 

2人は次第に心を通わすことになりましたが
そんな時月の爆発が起きたのでした――。

 

そこから3月には地球も爆発するという結果が出て
それを裂けるためには死神を殺すしかない。

 

そんな結果が出たのですがそれを聞いた雪村は
居てもたってもいられず死神に伝えにいきます。

 

それを聞いた死神は脱出を図ります。

 

理性を失った彼を止めるには力づくで止めるしかないと
感じた雪村は彼に飛びつきその時に理性を取り戻した死神。

 

しかし死神用に置かれていたトラップが発動し
彼女は傷を負ってしまったのでした。

 

彼女の最後の願いがE組の生徒に勉強を教えてあげてということで
その願いを叶えるためにE組の担任になったのでした。

 

きっとどこかでこの日常は続くのではないか
先生が地球を爆発するはずなんてない。

 

そう思っていた生徒もいたかもしれません。

 

先生を暗殺することでしか助かる道はない…
でも先生が悪い訳ではない…生徒各々が
思考を巡らせ思い出が頭をよぎります。

 

先生を殺したくない…助けたい!

 

しかし先生とのつながりは暗殺にある。

 

暗殺無くして先生の気持ちにこたえることはできない。

 

そう考える生徒もたくさんいて殺す派と
殺さない派で生徒は割れてしまいます。

 

そこを助けたのもやはり殺せんせーでした。

 

2つの派閥に分かれて戦うことになった生徒たち。

 

勝った方の意見を採用し最後までその為に全力を尽くす。

 

お互いが絶対負けられない中今まで身に着けてきた
暗殺技術を使い戦います。

 

「殺さない派」の勝利により生徒たちの意見は決まり
先生を助けるための方法を探すことになります。

 

暗殺教室を読んでみる

 

サイト内より【暗殺教室】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態