青空エール(漫画)のネタバレと感想!あらすじや試し読みのまとめ

aozorayell

この記事は約 7 分で読めます。



河原和音先生の作品の青空エール。

 

野球と吹奏楽でそれぞれに夢を抱く2人の高校生が
部活動に恋にと一途に向かっていく姿がまぶしい本作。

 

まさに青空のように爽やかな少女マンガです!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【青空エール】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

青空エールを無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

先生!(漫画)のネタバレと結末!映画の原作の試し読みや感想も

2016.11.08

素敵な彼氏(漫画)のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじも

2016.10.18

俺物語のあらすじやネタバレそして感想は?剛男に惚れちゃう!?

2016.01.04

 

青空エールのあらすじは?

 

小野つばさは小学生の時に甲子園で野球応援をする
ブラスバンドをテレビで見て以来、自分もあんな風に
甲子園で演奏してみたいという夢を持ちます。

 

そして吹奏楽部と野球部の名門校の白翔高校に入学します。

 

早速吹奏楽部に入部しようとしますが
全くの初心者だったつばさに壁が立ちはだかります。

 

入部届と一緒に渡されたのは風船で
この風船を膨らませられたら入部できるということ。

 

青空エール
青空エール

 

ランニングをしたり腹筋をしたりして頑張りますが風船はなかなか膨らまず
部活動はもうスタートをしていてどんどん出遅れていくことを実感します。

 

入部すらできない現状に落ち込んでいるとき
つばさを励ましてくれたのは野球部の山田大介でした。

 

大介は野球部で甲子園に行くという夢を持っていました。

 

入学してすぐつばさの夢を聞いた大介はお互いに頑張ろうと言ってくれて
以来何かとつばさを気にかけてくれていたのです。

 

すぐにうつむいてしまうクセがあるつばさの上靴にニコちゃんマークを描いた大介。

 

一緒に甲子園に行こうとつばさが前を向けるように背中を押してくれたのです。

 

その後つばさは気持ちを切り替えて風船を膨らませるようになり
吹奏楽部に入部することができたのでした。

 

つばさと大介はお互いを特別な存在だと意識しながらもまだ恋愛には発展しません。

 

良き仲間として大介はいつもつばさを励ましてくれるのでした。

 

つばさは初心者ながら努力を重ねて少しずつトランペットも上達していき
上手くなるにつれつばさの夢に変化が起こっていきます。

 

普門館での全国大会に出場したいという気持ち。

 

普門館は野球でいうなら甲子園で吹奏楽を本気でやっている子たちの憧れなのです。

 

そんな時に定期演奏会のリハーサルでつばさは音を外してしまい
自信を失ったつばさは大会中に失敗を恐れてトランペットを演奏しませんでした。

 

自分の弱さに泣くつばさを勇気づけてくれたのはもちろん大介です。

 

つばさは大介のように強くなりたいと願い先輩に謝り
厳しいながらも上達のための指導をしてくれる先輩に助けられながら
つばさはまた吹奏楽に打ち込んでいくのでした。

 

青空エールを読んでみる

 

サイト内より【青空エール】と検索。

 

青空エールのネタバレとその後の展開!

 

なかなか恋愛に発展しない2人ですがあることをきっかけに
つばさは自分の気持ちに気付き程なくして気持ちを告白します。

 

しかし大介は野球で精いっぱいだから恋愛については考えられないと答えるのです。

 

微妙な距離感が続く2人でしたが大介の
「甲子園行けるまで誰とも付き合わない」という言葉に
また以前のような関係に戻れたのでした。

 

2人が夢を叶える道のりはとても長く部活内でも色々な問題が起こり
そのたびにお互いの存在を支えにして乗り越えていきます。

 

部活の仲間や新たに加入した後輩たちとの絆を深めつつつばさたちは3年生へ。

 

大介は野球部のキャプテンになりつばさは上級生として
パートリーダーである水島のフォローに尽力していました。

 

青空エール
青空エール

 

そして大介たち野球部が念願の甲子園出場を決めます。

 

吹奏楽部挙げて甲子園で応援演奏をするも惜しくも敗退してしまう野球部。

 

自分のことのように気落ちするつばさは
水島に叱咤されて自らの目標を思い出します。

 

コンクールのメンバーに選ばれたつばさは
落ち込んでうつむいていた彼女とはもう違い
まっすぐと前を向いて演奏するのでした。

 

白翔高校は見事、全国への切符を手に入れたのです。

 

金賞をとるためにトランペットパート一丸となって猛練習する日々。

 

お互いの信頼感を高めるために各々が考える
仲間の長所を言い合うことで絆を深めます。

 

そして迎える全国大会の日。

 

共に頑張って来た仲間のために夢を果たせなかった先輩たちのために
厳しくも愛情ある指導をしてくれた先生のために
励まし続けてくれた友達や家族のために――。

 

つばさたちは自分たちの精いっぱいの演奏をするのでした。

 

青空エールを試し読みしてみる

 

サイト内より【青空エール】と検索。

 

青空エールの感想は?

 

部活に青春を賭ける高校生の姿に胸を打たれるこの作品。

 

つばさや大介のように部活に打ち込んだ経験のある方は
特に共感できる部分も多いのではないでしょうか。

 

青空エール
青空エール

 

私自身は吹奏楽部とも野球部とも縁はないのですが高校時代
朝早くから夜遅くまで練習に励んでいた友人たちを思い出しました。

 

長期連休もほとんど休みなしで練習をしていた彼女たち。

 

当時は部活ばっかりで大変そうだな疲れないのかなとしか思っていませんでしたが
彼女たちはこんなにキラキラした夢を抱いて頑張っていたのですね。

 

部活に青春を捧げた人も今まさに夢を追いかけている人
もちろんそうでない人もつばさや大介の姿に励まされること間違いないマンガです。

 

青空を見上げたくなるようなこの作品をぜひ楽しんでみて下さいね!

 

青空エールを試し読みするならこちら

 

サイト内より【青空エール】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態