うせもの宿のネタバレや感想は?あらすじや最終回のまとめ

usemonojyuku

この記事は約 7 分で読めます。



穂積先生のコミックのうせもの宿。

 

探し物が見つかるという不思議な感じの
失せもの宿では自分の探し物が
わからないというそんなお客がやってきます。

 

そこには少女のような女将がおり
探し物のお手伝いをしているのですが
そこには秘められた謎があり――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【うせもの宿】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

うせもの宿を無料で立ち読み

うせもの宿のあらすじは?失くしたものが見つかる不思議な宿?

 

そこは失くしたものが見つかる不思議な宿。

 

少女にしか見えない女将さんがいる
不思議な宿にやってきた客。

 

マツウラと呼ばれる男性が連れてきた客は
自分の探し物がわからないという。

 

大切なものをなくしたことはわかるが仕事のし過ぎか
頭もはっきりしなくそんなときに失くしたものが
必ず見つかる宿があるとマツウラに声を掛けられたと言います。

 

うせもの宿
うせもの宿

 

そこに表れたのは子供のような見た目の女将。

 

失せ物を探すのは勝手だが面倒なことだけは
起こさないように忠告されてしまいます。

 

失くしたものが見つかるということや子供のような
女将のこともあり騙されたと思う男性。

 

早く帰って仕事をしなくては…と焦って
探す為のヒントを貰おうと宿の者に聞くも
「女将さんに聞いてください」と言われてしまう…。

 

そこで女将に会いに行くがお絵かきをして
相手にして貰えないのですがそこに描かれていた絵こそ
男性が探していた物の答えだとはわからず——。

 

うせもの宿を試し読みしてみる

 

サイト内より【うせもの宿】と検索。

 

BookLive

 

うせもの宿のネタバレや感想は?女将の正体とは…

 

亡くしたものを探しに来た人の1話完結のお話です。

 

マツウラと呼ばれる男性に連れられてきた男は
自分の探しているものがわからない。

 

宿の者に確認するも誰もが女将さんに
聞いてくださいと言われてしまいます。

 

そして女将はというと子供のように絵を描いており
桜茶を勧められます。

男性は別れた妻が好きだったが桜茶の味が
嫌いだからいらないと断ります。

 

そして夕食に出てきた料理は元妻が作ったもので困惑し
別れた妻のことを思い出す男性。

 

忙しくて自分が食べられなかった料理は
どうしたんだろうとかなんで別れてしまったんだろうなど
今まで思い出しもしなかった元妻のことを思い出す感じで…。

 

そして水を飲みに起きるとそこには女将がおり
鬼ごっこをしようと言われ追いかけながら
いくつものふすまを開けるそこには別れたはずの
妻と男性の家の中で——。

 

女将の協力により記憶をたどり自分が探していたのは
結婚指輪であったことを思い出しました。

 

仕事ばかりでまた仕事のストレスから余裕が無く
妻に辛い思いをさせていたことも思い出しました。

 

そして表情は柔らかくなり旅館を出ていく男性。

 

うせもの宿
うせもの宿

 

4人目お客のが言ったセリフで初めてこの旅館は
死者がくる旅館であることに気付きました。

 

「この宿は本当は探し物が見つかる宿じゃなくて
(あの世に)持っていきたいものが見つかる宿なのね…」

 

3人目のお客で自分が死んだことに気付いていない男性が現れ
少しずつ自分の違和感を感じて気付いていくのですが
1人目や2人目のお客ではハッキリとした死の描写が無いため
3人目の時点では「そういう人も来るんだ!」ぐらいに思ってました。

 

ただ読み返してみるとそう感じさせる場面や
セリフがあるので意図的に濁していたのか
私の理解力が足りなかったのか…。

 

女将を含めスタッフたちは積極的にお客さんの
手伝いをする必要は無くあくまで女将が
勝手に手伝っているようです。

 

女将いわく手伝っているのは暇つぶし。

 

しかしその都度女将は客の心の中に
触れてしまうわけで疲労しているようです。

 

そして失せ物が見つかるまでその宿から出ることはできず
女将も含めそこにいるのは失せ物を探している人なのです。

 

きっとタイミングで出てくるものもあるのでしょう。

 

またそこに入れるのは亡くなった人だけであり
生きている人が敷地に入ることは許されません。

 

客を連れてくるマツウラも絶対中には入れず
まだ生きている人なのだと思われます。

 

マツウラは女将に固執しており少しでも関わっていたい
嫌われても覚えていてほしいという思いから
次々に客を連れてくるようです。

 

女将はどうして人の手伝いばかりし自分の探し物を
見つけないのかと疑問に思うスタッフもいますが
実は女将は生前の記憶が無く失せ物を
見つける手がかりすらないのです。

 

というよりも女将は記憶を無くしてでも探し物を
見つけたくないと自ら願っていたのでした。

 

女将の生前は児童養護施設で育った紗季という女性でした。

 

紗季は幼い頃から片思いの人がいて偶然町で再会します。
それが宿にお客を連れてくるマツウラでした。

 

最初は利用してやろうぐらいの気持ちで
近付いた松浦でしたが彼も紗季に惹かれていきます。

 

彼は紗季と出会う前に刑務所に入っており
その時の知り合いに声をかけられます。

 

紗季と幸せになりたいとそう思い断った松浦ですが
紗季の事も知っており危害を加えられては困ると
松浦は声を掛けてきた男を殺すことにします。

 

しかし松浦の変化に気付いていた紗季は
松浦をつけていて松浦が人を殺すことを
阻止するために身を挺し自分が刺されてしまいます。

 

紗季は大切な人を人殺しにしてしまった後悔から
探し物を見つけようとせず記憶すらも
消してしまっていたのでした。

 

マツウラは自殺を図りましたが一命を取り止め
彷徨っていたところにうせもの宿にたどり着きます。

 

しかし死んでいないことから入る事を拒否され
女将と呼ばれる彼女が紗季であることに気付いた松浦は
彼女の近くにいるために死者を連れてきていたのです。

 

松浦を見ている女将は気持ちに変化が生まれ…。

 

最後の数ページから涙が止まらず
これ以上はないというぐらい感動の
クライマックスでした。

 

うせもの宿を読んでみる

 

サイト内より【うせもの宿】と検索。

 

感動のクライマックスはぜひご自分の目で
チェックしてほしいと思います。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態