魔法使いの嫁のネタバレや感想は?あらすじや試し読みのまとめ

mahotsumainoyome

この記事は約 8 分で読めます。



「これは世界の美しさを識るための物語」

 

身寄りのないチセは自ら競売にかけられることを望みます。

 

そんな彼女を買ったのはヒト為らざる魔法使い。

 

ヤマザキコレ先生の人外×少女の切なくてあたたかいファンタジー。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【魔法使いの嫁】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

魔法使いの嫁を無料で立ち読み

 

魔法使いの嫁のあらすじは?人に見えない何かが見える夜の愛し仔

 

羽鳥智世(はとりちせ)は15歳の女の子。

 

父は幼い頃に家を出ていき母は自殺してしまい
親戚の家を転々としていた彼女ですがどこにいっても厄介者。

 

チセは『人に見えないなにか』を見ることが出来たので
気味悪がられていたのです。

 

自分の存在理由もわからないまま
チセは自身を競売にかけることにします。

 

舞台に立つと人々はざわめき
あっという間に値がつり上がっていきます。

 

「あれが、夜の愛し仔か」

 

チセには自分でも知らない特殊な才能があったのでした。

 

魔法使いの嫁
魔法使いの嫁

 

500万ポンドという大金を払ってチセを手に入れたのは
明らかに人外のなにかでした。

 

エリアス・エインズワースと名乗る彼は犬の頭蓋骨と
ヤギの角を組み合わせたような長身の男。

 

異形の見た目とは裏腹にエリアスはとても紳士的で
彼は自身を魔法使いであると言います。

 

そして2人はエリアスの魔法によって
彼の家があるロンドンの田舎にやってきました。

 

鮮やかな魔法にびっくりするチセ。

 

エリアスはチセにも魔法を使う才能があることを告げ
チセを魔法使いの弟子にするというのです。

 

さらに彼はこんなことも言うのでした。

 

「ぼくは君を ぼくのお嫁さんにするつもりでもあるんだ」と——。

 

魔法使いの嫁を読んでみる

 

サイト内より【魔法使いの嫁】と検索。

 

BookLive

 

魔法使いの嫁のネタバレ!その後の展開は?

 

チセの体質である「夜の愛し仔‐スレイ・ベガ‐」とは
かなり希少価値の高いものです。

 

この世界に存在する魔法使いは珍しい存在であり
その中でも夜の愛し仔はごくわずか。

 

無尽蔵に魔力を吸収して生み出すことのできる
彼らの価値は本人が思うよりもずっと高いものなんです。

 

エリアスはこの夜の愛し仔について
女王蜂のようなものだと説明します。

 

その魔力によって精霊や怪異など
あらゆるものを惹きつけてしまうのだと。

 

彼らは女王のために幸せも不幸も
分け隔てなく運んできてしまいます。

 

多分チセにとってもそうであったように——。

 

夜の愛し仔は莫大な魔力に身体が耐え切れず
若くして亡くなることが多いと言います。

 

これに関してエリアスははじめのうち
チセに内緒にしていました。

 

力をコントロールする術を身につけさせて
寿命を延ばす手立てを探していたのです。

 

チセを不安にさせないために
真実を告げなかったのでしょう。

 

エリアスはチセに魔法使いとして
正しく力を使えるように導いてくれます。

 

チセにとって彼との生活はとても穏やかで
居心地のいいものでした。

 

2人は教会からエリアスに課せられた「おつかい」を
こなしていく内にだんだんと距離を縮めていきます。

 

魔法使いの嫁
魔法使いの嫁

 

チセはその中で様々な人や不思議な存在に出会います。

 

そして誰かが誰かを深く愛することは
幸せなことであると同時に
悲しいことにも繋がるのだと知ります。

 

ある男は妻の病気を治すために
猫の命から薬を作り出してしまいます。

 

けれどその薬は妻の体を溶かし
人でないものに変えてしまいました。

 

愛する人を救えなかった無念はおぞましい物の怪へと
変異してこの世に残ってしまうのです。

 

また飼い主の少女を妹同然に大切にしていた犬は
事故でなくなった少女の墓で彼女の帰りを待ち続けていました。

 

そのうちに彼は「墓守犬」となってしまいました。

 

ひたむきに少女を想い続ける姿は胸を打つものがあります。

 

彼はのちにチセの使い魔となって
新たな人生を歩むことになりました。

 

最新刊ではエリアスの過去が明らかになります。

 

エリアスの古くからの友人によって語られる回想。

 

その中で彼は誕生の記憶を失くして彷徨っていたのでした。

 

友人と共にトナカイを追う日々を送るエリアス。

 

彼はある日こう告白したのです。

 

「人を喰べたことがあるかもしれない…」

 

チセはそのことを知ってもエリアスへの態度を
変えることはありませんでした。

 

彼女はエリアスをはっきりと
大切な存在だと認識し始めていたのです。

 

そしてチセ自身も忘れていた家族の記憶を思い出します。

 

そこには幸せなありふれた家族の姿があったのでした。

 

魔法使いの嫁を試し読みしてみる

 

サイト内より【魔法使いの嫁】と検索。

 

魔法使いの嫁の感想!大切な誰かを慈しむ物語

 

久しぶりに読む本格ファンタジーだったので
1巻を読むのになかなか苦労しました。

 

カタカナや特殊な異名などに慣れるのに
時間がかかったのです。

 

それでも世界観に溶け込み始めた2巻以降は
グッとスムーズに読み進められました。

 

これは大切な誰かを慈しむ物語です。

 

魔法使いの嫁
魔法使いの嫁

 

みんな愛する人を想うがあまりに
ボタンを掛け違えてしまうのですね。

 

エピソードを読むたびに
胸がきゅぅっとして切なくなります。

 

4巻は以前出会った「リャナン・シー」が
チセに助けを求めてくるところで終わっています。

 

彼女は男の血と引き換えに才能を与えるという吸血鬼です。

 

偶然知り合ったジョエルという男性の家に
住んでいるのですがどうやらジョエルに
なにか異変が起きたようで。

 

どんな物語が紡がれていくのか気になっていますが
悲しい結末にならないといいなぁと…。

 

繊細なタッチで描かれる珠玉のファンタジーを
ぜひ体感してみてくださいね。

 

魔法使いの嫁を試し読みするならこちら

 

サイト内より【魔法使いの嫁】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態