コレットは死ぬことにしたのネタバレと感想に最終回は?無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 12 分で読めます。


幸村アルト先生の作品のコレットは死ぬことにした。
一人前の薬師として独立したコレット。

 

彼女の元には今日もたくさんの人が
救いを求めて押しかけておりコレットはゆっくりと
食事をすることもできないくらいの
多忙な毎日を送っていた。

 

これで本当に良いのだろうか。

 

自分の人生を振り返った彼女は
井戸の中に身投げすることを決意する。

 

その先に待っていたのは新しい人生か、それとも?!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【コレットは死ぬことにした】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コレットは死ぬことにしたを無料で立ち読み

 

コレットは死ぬことにしたのあらすじは?

 

医者がいない時代、薬師は医者に変わる
大切な役割が求められていました。

 

怪我をしたもの、病んでいるものなど
ありとあらゆる者が薬師を求め
その力にあやかろうとするのです。

 

薬師として独立したコレットの元には
多くの人が訪ねてきます。

 

いつの間にかコレットは食事をすることも
ぐっすりと眠ることもできない
そんな毎日を送るようになっていました。

 

何もかも限界のように感じた彼女が選択したのは
井戸への身投げでした――。

 

異世界に通じるという伝説を聞いたこともあるのですが
そんなことより“この場からいなくなってしまいたい”。

 

目を覚ましたコレットは死んでいました。

 

コレットは死ぬことにした
コレットは死ぬことにした

 

そこは冥府の神冥王ハデスが統治している死者の国。

 

これでやっと仕事から解放されると思ったのに
薬師であることがばれてしまったコレットは
冥王ハデスの治療をするように言いつけられて・・・。

 

そして対面した冥王ハデスは
見たこともない病にかかっていました。

 

善人を天国へ、悪人を牢屋へと引き渡す
判決をする仕事に従事していた冥王ハデスは
その仕事から受けるストレスにより様々な症状を発症。

 

しかし冥王である以上、部下にはその弱みを
見せることなどできません。

 

一人で仕事とそして病と闘う冥王ハデスのことを
見捨てることが出来ないコレットは
再び薬師として働くことを決意――!

 

果たしてコレットは冥王ハデスの病を
治すことができるのでしょうか?!

 

コレットは死ぬことにしたを読んでみる

 

サイト内より【コレットは死ぬことにした】と検索。

 

コレットは死ぬことにしたのネタバレとその後の展開は?

 

コレットは冥王ハデスに同行する中で
彼がたくさんのストレスを抱えながらも
職務を全うする姿を目にすることになります。

 

その姿を通じてコレットは忘れかけていた
仕事の素晴らしさを思い出すことになります。

 

仕事の辛く苦しい面ばかりに目を向けていたコレットは
彼女の仕事で人を助けることが出来る素晴らしさ
人の笑顔を取り戻すことが出来る尊さを
思い出すことができたのでした。

 

そして実はまだ死んでいなかったコレットは
冥王ハデスより地上で
流行り病が流行するとの情報を得ます。

 

流行り病を治し多くの人を笑顔にするために
地上に戻ることを決意したコレット。

 

その後、彼女は自分の意思で地上と冥府の国で
薬師として働くことを選んだのです。

 

そうして決めた人生は仕事の大変さばかりを見ていた
毎日とは全く異なる人生となったのでした。

 

コレットは死ぬことにした
コレットは死ぬことにした

 

冥王ハデスと出会わなければ
こんな気持ちにならなかった
こんな考え方をしたことが無かった。

 

薬師としてそして人間として成長する傍らには
いつも穏やかで優しいハデスがいるのです。

 

神様の世界に関わることになったコレットは
地上での生活では決して会うことが無かった
神々と出会い新たな自分を知ることとなるのでした。

 

そしてその変化は一方で冥王ハデスにも
影響を与えていたのです。

 

冥府の王ハデスと薬師のコレット。

 

確実に距離が縮まっていく2人の関係は神様と人間。

 

2人の間に芽生えつつある気持ちは恋愛感情・・・?
一体2人の関係はこの後どうなっていくの?

 

コレットは死ぬことにしたを試し読みしてみる

 

サイト内より【コレットは死ぬことにした】と検索。

 

エロティック・ハレムの千一夜

 

コレットは死ぬことにしたの感想は?

 

本作の感想は可愛いの一言です。

 

そして最近読んだ作品の中では
お世辞抜きにお勧めで本当に可愛いお話だし
勇気や元気を分けてもらうことができます。

 

恋愛の要素も盛り込みながらも
2人がそれぞれ相手の存在を通じて刺激を受け
成長していく姿が手に取るように伝わってきます。

 

コレットは死ぬことにした
コレットは死ぬことにした

 

地上と冥府の世界を行き来するなんて
斬新なストーリーから始まった本作。

 

自分の意思で自分の道を見つけることが出来たコレットと
その姿を見つめる冥王ハデスの間には
確実に素敵な関係性が芽生え始めています。

 

神様と人間の間には恋が生まれるのでしょうか?

 

そしてコレットとハデスは
この後どうなっていくのでしょうか?

 

コレットは死ぬことにしたを読んでみるならこちら

 

サイト内より【コレットは死ぬことにした】と検索。

 

コレットは死ぬことにしたの2巻のネタバレ!

 

最近、ハデスの様子がおかしいと思うコレット。

 

ガイコツいわく寝つきが悪いみたいだし
自作のポプリをプレゼント!

 

ぐっすり眠れますようにと。

 

実はこのポプリのレシピは
コレットの薬師としての師匠が
弟子入りして初めて教えてくれた特製のもの。

 

今は旅の薬師をしている師匠のアンノ先生
今頃どこにいるのかな・・・。

 

一方、ハデスは大事なことを
コレットに伝えられずにいました。

 

コレットの師匠、アンノ先生が冥府に到着した・・・
つまり亡くなったということを――・・・。

 

間もなくアンノ先生の訃報を知り
更に冥府で先生が何かに苦しんでいると知り
ハデスに詰め寄ります。

 

ですがハデスの答えは冷酷かつ正論。

 

「お前には関係ない話だ。
お前の師は死に、善と下し天国に送った。
それで終わりだ」

 

いつになく怖いハデス。

 

アンノ先生は薬師でありながら
妻の異変を風邪と軽視し
みすみす死なせてしまったのです。

 

世間では優秀な薬師といて言われていましたが
そのフリをしていただけで
自分は地獄行きだと自分を責め続けていました。

 

そんなことない!

 

先生の偉大さは弟子の誰もが知っているところで
フリでなんかでできることではないはず・・・。

 

そこでコレットはハデスに直談判し天国にいる
アンノ先生の奥さんを見つけ出し引き合わせます。

 

天国で記憶のほとんどを失いつつも
心穏やかに暮らしていた奥さん。

 

そして若かりし頃歌いあった歌を
再び歌いあえる喜びを知った先生。

 

一方ハデス自身もコレットに問われた言葉により
より死者に寄り添った裁判を行うと心に誓います。

 

「天国に来ても喜べない裁判に何の意味があるのか」

 

コレットの関りにより
一期一会に新しい自分を見つける楽しみに
いつになく興味を示すハデス。

 

冥府の宮殿で出会ったハデスの服を仕立てる針子。

 

針子の作った渾身の衣装をまとい
姉の豊穣の女神、デメテルの収穫祭に出席。

 

そこでデメテルにうっかり
コレットの存在を知られてしまいます。

 

実は天界でもモテモテのハデスですが
女神たちは冥府を怖がり手を出せないでいるのです。

 

こんな夜は宴なんかよりコレットの顔が見たい。

 

そう思い会いに行くとコレットも
涙が吹っ飛ぶほどにうれしくて。

 

実はコレットの方も村の収穫祭の音を聞きながら
一人自分の孤独を思い知っているところで・・・。

 

ハデスの側がコレットが心を許せる唯一の場所。

 

もうちょっと2人で一緒にいさせて・・・
そう思い身を寄せ合い
気持ちを確かめ合う2人なのでした・・・。

 

コレットは死ぬことにした
コレットは死ぬことにした

 

収穫祭が終わり再び忙しい毎日のコレットですが
そこにおかしな患者が運ばれてきました。

 

毒キノコを食べて生死の境をさまよう身元不明の青年。

 

奇跡的に命をとりとめた翌朝も
チャラい笑顔でコレットや
助手の女の子やら片っ端から口説きます。

 

でもチャラいばかりではなく
コレットが気づかない繊細な他人の心情を察し
コレットに助け舟を出してくれたりも。

 

でもこのチャラ男・・・
実は天界と空の王であるゼウス!

 

兄であるハデスのお気に入りがいるという
女神の話を聞きつけやってきた様子。

 

コレットはある夜
ハデスとゼウスの間の出来事を知ります。

 

それは三界の王を決める際
ゼウスは自分が冥界の王になるのが嫌で
ハデスに押し付けるよう不正をしたそうなのです。

 

コレットにちょっかいを出してきたのも
この秘密がもれないか心配だったから・・・。

 

身分とは裏腹にセコくて素直なゼウス。

 

コレットに連れられて
ハデスに謝りに行くことにします。

 

そのころハデスは天国の死者の魂と
鬼ごっこをして遊んでいました。

 

冥府と言えばだれもが魂の終末地だと思うけれど
ここの主は「始まりと終わりの国」として
自分が消える恐怖と戦う
人間たちを心安らかにしてやりたい・・・。

 

その姿を見て未知の恐怖に不正をし
逃げた自分を恥じ素直に謝ったゼウス。

 

「ごめんなさい」

 

涙をにじませる弟にむけられた
兄・ハデスの瞳はどこまでも優しく・・・。

 

人間いつか死ぬ・・・
でもこんな優しい神様が待っててくれるのだから
めいいっぱい生きていかないと・・・
そう思うコレットなのでした!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

深夜のダメ恋図鑑 転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困