コンプレックス・エイジのネタバレや最終回(結末)は?感想や無料試し読みもあり

complexage

この記事は約 7 分で読めます。



佐久間結衣先生の作品のコンプレックス・エイジ。

 

26歳の派遣社員・片浦渚。アニメのキャラクターに
なりきる「コスプレ」が彼女のすべて。

 

自分とは正反対の可愛い少女になりきりたい
少しでも近づきたい・・・。

 

自分の趣味にプライドと自信をもっていた
彼女がある日直面する現実とは・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【コンプレックス・エイジ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コンプレックス・エイジを無料で立ち読み

 

コンプレックス・エイジのあらすじは?

 

片浦渚、26歳の派遣社員の女、彼氏無しの独身・・・
彼女は今日も自らの趣味に心血を注ぎます。

 

渚の趣味、それはずばり「コスプレ」。

 

女児向けアニメ「マジカルずきん☆ウルル」の主人公・ウルルの
コスプレイヤーである彼女はその界隈ではどうやら有名な
「凪」というコスプレイヤーのようです。

 

衣装の細かい点まで妥協を許さず
キャラクターになりきる完璧主義な渚。

 

同じキャラクターのコスプレをしている人をみても
彼女には偽物(おあそび)にしか見えません。

 

そんな彼女の耳にある日、コスプレのイベント会場で
入ってきた「デカババア、キモッ」という言葉。

 

家に帰ってウルルの格好をした彼女は鏡を見ながら
大丈夫、うり二つだ、自分こそ最も二次元の近くにいると
自らに言い聞かせますが自らのコンプレックスである
身長のことを言われたせいかその言葉がいつまでも頭から離れません。

 

コンプレックス・エイジ
コンプレックス・エイジ

 

そんな最中、コスプレ仲間である公子から誘われたマジルルの併せ。

 

イベント中、自らの発言により場の雰囲気を
悪くしてしまった彼女は公子からその併せに参加したい子の
衣装を作ってほしいと頼まれ承諾します。

 

そしてイベント当日、渚の前に現れたその少女・・・
栗原綾をみた瞬間、彼女は言葉を失います。

 

若くてかわいい、そして自分よりも一回り小さな
「凪」のファンだというその少女は
渚が大好きなウルルそのものだったのです。

 

私こそ最も二次元の近くにいる・・・
そう信じていた渚の気持ちが揺らぎ始めた瞬間でした。

 

コンプレックス・エイジを読んでみる

 

サイト内より【コンプレックス・エイジ】と検索。

 

BookLive

 

コンプレックス・エイジのネタバレとその後の展開は?

 

「凪」のファンだというその少女・綾は
この日が初コスプレの典型的な初心者。

 

彼女にとってはすべてが物珍しいのか
色々なことに興味津々で楽しそうな様子です。

 

その様子をぼんやりと見ながら自分も着替え始める渚。

 

しかしいざイベントがはじまると綾のポージングの指導を
熱心にしたりと活力を取り戻します。

 

トラブルもなくイベントは終わり
礼儀正しく挨拶して二人は帰っていきました。

 

そして渚はすっかり綾に懐かれてしまった様子です。

 

その後も金銭をやりくりしながらも
相変わらずコスプレ趣味に精を出す渚。

 

趣味と現実のはざまで苦悩しながらも
彼女にはコスプレしかありません。

 

コンプレックス・エイジ
コンプレックス・エイジ

 

そんなある日、再び綾としほ、そして公子と渚の四人で
ご飯を食べる機会がありました。

 

その席で綾の友人であるしほは、ずっと渚・・・
そしておそらく公子も薄々感じながらも
敢えて口にしなかった言葉を発するのです。

 

「アヤって、ウルルに似てません?」

 

その言葉を聞いて思わず黙り込んでしまう一同。

 

しかしややあって面白そうだからやってみようと
いいはじめたのは渚の親友である公子でした。

 

折角だからスタジオできちんと撮影してみよう
自分たちは裏方に徹するから・・・
と彼女をお膳立てするようなことをいう公子。

 

いったい彼女は何を考えてそんなことを言い出したのか
戸惑う渚を他所にあっという間に撮影の日はやってきます。
26歳の派遣社員・独身。

 

彼女は今日も夢と現実のはざまでもがきながらも生きるのです。

 

コンプレックス・エイジを試し読みしてみる

 

サイト内より【コンプレックス・エイジ】と検索。

 

コンプレックス・エイジの感想は?

 

一時期TwitterなどのSNSで話題となっていた
本作「コンプレックス・エイジ」。

 

元々は読み切りの作品でそちらが
大きな話題となっていたんですよね。

 

読み切りverも1巻の巻末に掲載されているので
こちらも是非読んでみてください。

 

読み切りverの方は実は話題となったときに読んでいて
連載になった作品の方も気になってはいましたが
手を出せずにいました。

 

ですが読んでみるとリアルにコスプレ界隈のことを
そして渚と同じ年代に差し掛かった
コスプレイヤーが抱える葛藤を描いています。

 

コンプレックス・エイジ
コンプレックス・エイジ

 

趣味なのに苦しい自分にはこれしかない
なのに「老い」や「加齢」という現実は
否応なしに迫ってくる・・・。

 

コスプレイヤーでない人でもなにか熱心な趣味がある人は
ある程度共感できる話ではないでしょうか。

 

それが周りに理解されにくい趣味であるならばなおさら。

 

内容はコスプレイヤーからしてみると非常に抉られますが
客観的にみると非常に面白いです。

 

コスプレイヤーのあらゆる闇が詰まっています。

 

読み切り版も含め非常にオススメできる一冊です。

 

コンプレックス・エイジを読んでみるならこちら

 

サイト内より【コンプレックス・エイジ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態