海獣の子供の漫画のネタバレと結末(最終回)!感想や無料試し読みもあり

kaijyunokodomo

この記事は約 6 分で読めます。



五十嵐大介先生の作品の海獣の子供。

 

中学一年生の琉花は周りに馴染むことができずにいた。

 

そんな彼女が出会ったジュゴンによって育てられた海と
双子の兄の空の3人が出会い世界は姿を見せる。

 

壮大なスケールと圧倒的な画力で届けられる
少年少女たちの一夏の物語をあなたは見届けることになる!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【海獣の子供】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

海獣の子供を無料で立ち読み

 

海獣の子供のあらすじは?

 

同年代の友人とのコミュニケーションが苦手な琉花は
学校でうまく馴染めずにいました。

 

居場所であった部活も参加できなくなり鬱憤のたまった彼女は海へ。

 

まるで海から出てきたかのような衝撃的な出会いをした
謎の少年・海とそして海の双子の兄である空。

 

海獣の子供
海獣の子供

 

海と空はなんとジュゴンによって育てられていました。

 

そして3人が出会ったとき世界は
リハーサルに向けて大きな動きを見せる!

 

魅力的なキャラクターである海洋科学者のジムや
アングラードの視点を借りながら
その驚愕のクライマックスにあなたは立ち会えるのだろうか?

 

海獣の子供を読んでみる

 

サイト内より【海獣の子供】と検索。

 

海獣の子供のネタバレとその後の展開は?

 

星の星々の海は産み親、人は乳房、天は遊び場。

 

一人ぼっちの琉花が海で出会ったのは
ジュゴンによって育てられた海と双子の兄の空。

 

海と空は本番へのカギを握る特別な子供たちでしたが
本番が何なのかは誰にも分からない。

 

しかし琉花が彼らと出会ったことで物語は動き出します。

 

空と海は海で育った2人。

 

そのため水の中の方が過ごしやすく
琉花の父親が務める水族館に身を寄せます。

 

そこで琉花は海と空を保護している海洋科学者のジムと出会います。

 

ジムは世界の本番に立ち会うために
2人を保護しながら研究を続けていました。

 

そのとき水族館では白斑がある動物が
次々姿を消すという怪事が起きていました。

 

突然の空の失踪。

 

海は気配を探すが見つからない。

 

行方不明の空は小笠原に落ちた隕石を手に戻ってきますが
その隕石は何やらとても大切な意味があり
世界中から海洋生物たちがそれを見に集まっています。

 

海獣の子供
海獣の子供

 

あるとき3人はジムと共同研究を行っていた
海洋科学者アングラードと出会います。

 

アングラードは6歳まで言葉を話さなかったのですが
話し始めてから天才的な才能を開花させた人物。

 

ジムのやり方とぶつかり別の道を歩きながら
ジムとは異なる視点から海と空を見つめていました。

 

そんな彼がひょっこり姿を現し
リハーサルに間に合わないとジムに伝えます。

 

時間が来たと言って隕石を琉花に渡した空は再び海へ。

 

そして空は本番の一部となり空の視点から物事を見ていた琉花は
あまりのショックに心を半分海の中に置いてきてしまいます。

 

それを取り戻してくれたのは海。

 

そして2人は本物の海へ。

 

そこには人智を超えた圧倒的な世界が待っていました。

 

それを追うジムとアングラード
そして琉花の母親・加奈子が重要な役割を担います。

 

海と空の役割とは?
琉花は何に選ばれたのか?

 

それはもしかして世界の大きな流れの1つに過ぎないのか・・・
あるいは彼らは選ばれたのか?

 

多くの謎を孕みながらその先に描かれる壮大な物語とは――。

 

海獣の子供を試し読みしてみる

 

サイト内より【海獣の子供】と検索。

 

BookLive

 

海獣の子供の感想は?

 

漫画を読んで音が聞こえるような海の流れを
耳の先に感じるような視覚以外の五感が刺激されるような
名作に出会えることの幸せ。

 

この漫画の内容はあまりに抽象的で
あまりに壮大で言葉にすることが難しい。

 

そこにあるのは世界の始まりそして続き。

 

人の一生は短いがその命は脈絡と続いている世界の1つ。

 

命は次の世代へ。

 

それは物語の中に組み込まれ親から子へ
そのまた子へ受け継がれていく。

 

海獣の子供
海獣の子供

 

海獣の子供の中で示されている本番が何か
はっきりと示されていないのですが恐らく命が次の命へと繋がっていく
その瞬間のことを示しているのではないかと思います。

 

ストーリーを読み終えてみても
実際に何の話だったのかは分かりにくい。

 

しかしこの圧倒的な読後感は何なのだろうかと・・・。

 

五感を震わせる圧倒的な画力。

 

作者の民俗学への深い深い傾倒に触れたとき
私たちは世界にそっと触れる気がします。

 

海獣の子供を読んでみるならこちら

 

サイト内より【海獣の子供】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態