銀のスプーン(漫画)のネタバレと感想!ドラマの原作のあらすじや試し読みもあり

ginnospoon

この記事は約 6 分で読めます。



小沢真理先生の作品の銀のスプーン。

 

受験を控えた高校生・早川律は母親と弟妹の四人暮らし。

 

数年前に父親は死去していますが
親子四人で幸せに暮らしています。

 

しかしそんなある日、母親の恭子が病に倒れてしまい
幼い妹と弟のため律は母に代わり台所に立つことを決意します。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【銀のスプーン】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

銀のスプーンを無料で立ち読み

 

銀のスプーンのあらすじは?

 

父の三回忌の頃から体調不良だった律の母親が入院をしたのは
ただの風邪だと笑っていた一週間後のことでした。

 

最初こそただの検査入院ですぐに帰ってくると
思われていた母親でしたが病状は想像以上に深刻なもので
当面は入院生活を送ることになります。

 

そうして律と中学一年生の弟・調、小学六年生の妹・奏の
子どもだけの生活が始まることとなります。

 

母の病状を聞いてショックを受けた律が帰宅をすると
そんな彼の心境を知ってか知らずか
調と奏は母親が作り置きしていっていた
カレーを焦がしてお腹を空かしていました。

 

何か作ろうにも食材はなくあるのは
帰りに同級生の倉科から貰った鰹節だけ・・・。

 

銀のスプーン
銀のスプーン

 

彼女に電話でアドバイスをもらった律は
どうにか二人におかかご飯を作り
食べ盛りの二人のお腹を満たすことに成功します。

 

料理ともいえないような拙い料理でしたが
二人の弟と妹の笑顔のために律は
これからも料理を作り続けることを決意します。

 

高校三年生の律は容姿端麗で
学校ではプリンスと呼ばれるほどの有名人。

 

さらには成績もよくクラスメイトからの人望も厚いです。

 

受験生でもある律でしたが母のこともあり予備校に通うことをやめ
今考えているのは弟と妹においしい食事をとらせてあげることだけでした。

 

母親や周囲はそんな彼のことを心配しているようですが
律が考えるのはスーパーの特売と夕飯の献立のことばかり・・・。

 

銀のスプーンを読んでみる

 

サイト内より【銀のスプーン】と検索。

 

BookLive

 

銀のスプーンのネタバレとその後の展開は?

 

その日の夜は、ひき肉が安かったため餃子を作ることに。

 

奏とともに調理をしている最中
律は母親がしたためていたレシピ本を発掘。

 

そこにあったレシピを元にその日は
急きょ餃子の皮から手作りすることになります。

 

帰宅した弟の調も混ざり思い思いの餃子を作っていく三人。

 

母親にレシピ本を見つけたことを含めて報告し律は
翌日もおいしいご飯を作ることを心に決め眠りにつきます。

 

母親が不在である現在、家のことを一番に考えたい律はある日
教師から呼び止められてしまいます。

 

それは受験をしないと律がいいはじめたことが原因でした。

 

教師や母親の言葉をうまく煙に巻きながら
この日も律は二人のために夕飯を作ります。

 

銀のスプーン
銀のスプーン

 

弟の調はバスケ部で頑張っているスポーツ少年ですが
好き嫌いが多くどうにも身長も伸び盛り。

 

そのことが原因で一年の選抜からも外れそうになっています。

 

身長のせいでスタメンに入れないかもしれない・・・
その事実にショックを受けたその日の夕飯に
大嫌いなピーマンが入っていたこと
事情を知らない奏から身長のことを揶揄われたことが災いし
調は怒って家を飛び出してしまいます。

 

母親との対話により好き嫌いをほんの少し克服した調。

 

少しでも好き嫌いを克服してもらおうと律も料理に工夫を凝らします。

 

そうして作ったのは野菜とチーズのケーキ。

 

苦手なピーマンをおいしく食べることに成功した調の顔を見て
律はますます料理にハマっていくのでした。

 

銀のスプーンを試し読みしてみる

 

サイト内より【銀のスプーン】と検索。

 

銀のスプーンの感想は?

 

「世界でいちばん優しい音楽」で有名な小沢真理先生が描く
家族の食卓をテーマにした物語。

 

数年前に実写ドラマ化もしている作品です。

 

「世界でいちばん優しい音楽」と同じく家族の絆を描いた物語。

 

基本はほのぼのとしたテイストで進んでいきますが根本には
母親が重い病気で入院中、父親はすでに死去さらに実は律は・・・
という非常に重い設定がちりばめられています。

 

とはいえそれが解決することなく鬱々と物語が
進むということはないため色々な問題を家族の食卓を通して
解決していく物語・・・だと思ってください。

 

銀のスプーン
銀のスプーン

 

基本的に小沢真理先生の作品は周りのキャラクターたちが
優しさにあふれているのでその辺りは安心して読むことができます。

 

また、さりげない伏線の散らし方が非常にうまいです。

 

特に律の秘密に関する部分の伏線はあからさまではないですが
実は至る所に張られていたことが読み返すとわかりました。

 

基本的に1つのエピソードは1話で完結する形なので
手軽にさくさく読むことができます。

 

ただしおいしそうなご飯がたくさん出てくる作品なので
空腹時に読むのはオススメできません。

 

銀のスプーンを読んでみるならこちら

 

サイト内より【銀のスプーン】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態