いつかティファニーで朝食を(漫画)のネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり

itsukatiffanydechousyokuwo

この記事は約 6 分で読めます。



マキヒロチ先生の作品のいつかティファニーで朝食を。

 

食べることは生きること
どうせ食べるなら美味しい物を・・・。

 

特に朝起きて食べるものは美味しいものを食べたい!

 

理想の朝食を求め自分だけの生き方
幸せを求める女の子たちを描いた物語。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【いつかティファニーで朝食を】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いつかティファニーで朝食をを無料で立ち読み

 

いつかティファニーで朝食をのあらすじは?

 

麻里子の実家では毎朝テーブルに
乗りきらないほどの朝食が用意されていました。

 

母曰く、目がおいしいと嬉しいでしょとのことで
それが食卓であると思っていた麻里子・・・。

 

現在、麻里子は恋人である創太郎と同棲3年目。

 

起きてみれば部屋は汚く朝食もコンビニで買ったものばかりで
麻里子の母が作っていてくれた朝食とは程遠いメニューです。

 

いつかティファニーで朝食を
いつかティファニーで朝食を

 

更には編集の仕事が忙しい創太郎との仲もギクシャクしていて
ある朝、麻里子と創太郎は軽い言い争いになりました。

 

朝食くらいは妥協してくれという創太郎に対して彼女はこう告げます。

 

「そう・・・ずっと妥協してたら、この前、気づいちゃったんだよね・・・
私、創太郎がいなくても全然平気なんだって」

 

いつかティファニーで朝食をを読んでみる

 

サイト内より【いつかティファニーで朝食を】と検索。

 

BookLive

 

いつかティファニーで朝食をのネタバレとその後の展開は?

 

創太郎とケンカをした後、麻里子は休日出勤し
通勤途中で見かけたカフェは朝から営業しており
そこは創太郎と今度行こうねと約束した店。

 

結局、二人で行けないままになっていたのです。

 

仕事中、気の置けない友人3人に
今週会えないかとメッセージを送る麻里子。

 

創太郎とのことを相談したいようですが友人たちからの返事は
そろって夜は忙しくて無理とのこと。

 

やっぱり無理か・・・と諦めかけたときに
麻里子の脳裡に浮かんだのは朝のカフェ。

 

再度、麻里子はメッセージを送信します。

 

「じゃあ朝は!?行ってみたいカフェがあるの!」

 

朝にカフェに集まった友人たち。

 

阿久津典子はBARの雇われ店長で那須栞は子持ちの主婦
新井里沙はヨガインストラクターとバラバラの職業。

 

それでも仲が良いことは彼女たちの会話から分かり
そして始まる麻里子の話。

 

麻里子は創太郎が自分を好きなことも
彼の仕事が大変であることも理解しています。

 

しかし彼に合わせているうちに自分がすごく
疲れていることにも気づいたと告白します。

 

そうやって我慢するのは仕方のないことだと思っていたけど
でもそれは違い自分のしたいようにしようと思ったとも・・・。

 

もうすでに麻里子の中ではほとんど答えは出ている状態。

 

いつかティファニーで朝食を
いつかティファニーで朝食を

 

ここで注文したメニューが運ばれてきて
重めの話をしながらも料理を口に運ぶと・・・。

 

「おいしいっ!」

 

麻里子の顔が輝きそれぞれのメニューもとても美味しく
皆が嬉しそうな顔で食べ始め食べる前にしていた
重い話はどこかへ吹き飛んでしまいました。

 

食べ終わった後の麻里子の顔は幸せそのもので
創太郎の話をしていたときとは表情が違います。

 

コーヒーを飲み一息つくと朝から美味しいものを
誰かと食べるのはやっぱりいいということに気づきます。

 

そして麻里子は決心します。

 

「私、自分の気持ちに逆らいたくない。
自分勝手かもしれないけど、大事にしているものを大事にしていたい」

 

創太郎が帰宅したとき麻里子は『ティファニーで朝食を』を見ていました。

 

それを二人で見ながら彼女は創太郎に新しい家の内見をしてきたこと
来週、今の家から出ていくことを伝えます。

 

そして創太郎に今までのお礼を述べたのですが
その彼女の顔には迷いがありません。

 

こうして麻里子は家を出ることになり
これが彼女の理想の朝食を求める日々の始まりでした。

 

いつかティファニーで朝食をを試し読みしてみる

 

サイト内より【いつかティファニーで朝食を】と検索。

 

いつかティファニーで朝食をの感想は?

 

見どころは何といっても美味しそうな朝食の数々!

 

お腹が空いているときにこの作品を読んではいけません
なぜなら読み終わった瞬間に何かを食べたくなります。

 

それに加えて麻里子たちの頬張る姿がいかにも
美味しいものを食べていますといった感じです。

 

ただのグルメ漫画ではなく20代の女性の
悩みなどを描いている点も素晴らしい。

 

いつかティファニーで朝食を
いつかティファニーで朝食を

 

麻里子だけではなく典子、栞、里沙
それぞれの悩みや葛藤を朝食と絡めて描かれています。

 

彼女たちの立場はどれも違いおそらく
自分の立場に近いキャラがいるはず。

 

読んでいるうちに「分かる~」とうなずくこと間違いなし!

 

『等身大の女性×グルメ』という新しい作品です。

 

いつかティファニーで朝食をを読んでみるならこちら

 

サイト内より【いつかティファニーで朝食を】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態