海街diary(漫画)のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじも


この記事は約 7 分で読めます。



吉田秋生先生の作品の海街diary。

 

鎌倉に住んでいる三姉妹の元に
ある日突然届いた父の訃報。

 

女を作り母と離婚し家を出て行った父
長い間あっていなかった顔も覚えていない父。

 

そんな父に自分と腹違いの妹がいることが判明して・・・
三姉妹がとる行動とは?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【海街diary】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

海街diaryを無料で立ち読み

 

海街diaryのあらすじは?

 

鎌倉に3人で住んでいる香田三姉妹。

 

そんな姉妹の元にある日突然届いたのは
15年前に離婚し家を出て行った父の訃報でした。

 

他に女を作り母と離婚し自分たちを捨てて
家を出て行った父親。

 

長女である幸はまだしも当時まだ幼かった
次女の佳乃と三女の千佳は父親の顔も朧気で
悲しいという気持ちがまるで沸いてきません。

 

父親は出ていきその後母親も
他に男を作り出て行ってしまったため
実質的には既に亡くなった
祖母の手で育てられた三姉妹。

 

結局夜勤がある上、父親に対して
思う所があるらしい幸はお葬式に出ないことになり
次女の佳乃と三女の千佳で
父の葬式には出ることになります。

 

海街diary
海街diary

 

葬式に行くというよりは山形に
旅行気分で出かけていく佳乃と千佳。

 

そこで彼女たちは父親の子であり
自分たちとは腹違いの妹という立場になる少女
すずと出会います。

 

父が出て行ってからの遍歴は少し複雑で
15年前佳乃たちを捨て出て行ったときに一緒にいた女・・・
つまりすずの母親とは既に死別。

 

そして現在はまた別の女性と結婚をしていたのです。

 

つまりすずは三姉妹とは血は繋がっているものの
現在遺された家では誰とも
血のつながりがないということになるのです。

 

中学生ながらもしっかりとした佇まいで
父が亡くなったことで動揺する義母よりも
ずっとしっかりしているように見えるすず。

 

そんな様子を佳乃は複雑な想いで見つめていました。

 

海街diaryを読んでみる

 

サイト内より【海街diary】と検索。

 

海街diaryのネタバレとその後の展開は?

 

棺桶に横たわっている知らない男。

 

やはり流れている時間が長すぎたせいか
死に顔を見ても佳乃と千佳は
父親が死んだという事実にピンときません。

 

しかし自分たちと違ってずっと父親と一緒に
過ごしてきたはずのすずでさえも1人で参列者に挨拶をし
一度も涙を見せることはありませんでした。

 

その様子もしっかりしているからと彼女に頼り切る
周囲の大人たちもおかしいと感じながらも
何も言うことができない佳乃。

 

しかし長女の幸が夜勤明けで
葬式会場に訪れたことで事態は動き始めます。

 

すずの心を守りながらもしっかりと
相手親族相手にも大人の対応で立ち振る舞う幸。

 

そんな三姉妹の姿に思う所があってか
葬式が終わった後すずは三姉妹に
父が大切にしていたという写真を渡し
一緒に彼が好きだったという場所に行きます。

 

海街diary
海街diary

 

そこで幸からお礼を言われ初めて声をあげて泣いた幸。

 

父がもっていた自分たちの写真を見た
佳乃や千佳も思わず涙を流します。

 

別れ際、すずに鎌倉へ来ないかと声をかける幸。

 

すずがその問いに二つ返事で頷いたことで鎌倉での生活は
三姉妹から四姉妹へと変化することになります。

 

まるで最初からそこにいたように
すぐに生活に溶け込むすず。

 

佳乃は彼氏のような存在から妹だけど
自分の家庭を壊した女の娘でもあるわけなのに
平気なのかと聞かれます。

 

それはすずのせいではないと佳乃は答えますが
後々その彼に関する大きな秘密を知ってしまうことになり・・・
四姉妹の鎌倉での波乱にまみれた生活は続いていきます。

 

海街diaryを試し読みしてみる

 

サイト内より【海街diary】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

海街diaryの感想は?

 

実写映画化にもなった本作は
映画の世界観がとても素敵だったので
これを機に原作も読んでみました。

 

基本的には優しい世界ですがシリアスな場面や
切ない場面も多くだけどそういった様々な苦労や試練を経て
四姉妹が前へと歩みを進めていくといった感じの作品です。

 

それなりに悲しかったりする場面もありますが
どれも後味は悪くないので安心して読むことができます。

 

物凄い波乱万丈というよりはじんわりと
心に染みわたってくるような感じですね。

 

やはり特に三姉妹から四姉妹になるまでの過程が描かれた
1巻はとても良かったと思います。

 

海街diary
海街diary

 

実写映画のベースとなっているのもこの1巻がメインです。

 

父の離婚により母親もいなくなり
両親というものを良く知らずに成長した三姉妹。

 

下の2人に関しては父親の顔すら覚えていないという有様ですが
異母姉妹であるすずとの出会いと交流を経て
少しずつ自分たちと父親の思い出を取り戻していく・・・
という感じでした。

 

世界観と表現力がとても素晴らしい作品となっていますので
映画と併せて読んでみてもまた楽しいのではないでしょうか。

 

海街diaryを読んでみるならこちら

 

サイト内より【海街diary】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
彼と彼女は××できない 学園の地下室には制服処女が飼われている。