夏目友人帳(漫画)のネタバレと感想!アニメの原作を試し読み

natsumeyu-jincho

この記事は約 7 分で読めます。



緑川ゆき先生の作品の夏目友人帳。

 

幼くして両親と死別して以来、孤独な幼少期を送ってきた夏目貴志。

 

その理由は彼が妖怪のみえる不思議な力を持っていたためでした。

 

平穏な日々を手に入れたのもつかの間、夏目はひょんなことから
祖母の遺品である「友人帳」なるものを手に入れてしまい・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【夏目友人帳】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

夏目友人帳を無料で立ち読み

 

夏目友人帳のあらすじは?

 

少年・夏目貴志は走っていました。

 

同級生には見えない、とある追手から逃れるために・・・。

 

「レイコ」

 

そう言って彼を追ってくるのは
いわゆる妖怪・・・妖(あやかし)でした。

 

彼は幼い頃から人ならざるものを目にしてしまう少年でしたが
ここ最近は特にそれが酷く
この日のように追いまわされることも増えていました。

 

妖に追われフラフラになりながら逃げている最中
夏目はある祠の結界をうっかり解いてしまいます。

 

そこから出てきた猫の妖怪は夏目レイコ・・・
彼の祖母の名前を口にします。

 

貴志と同じく強い妖力を持っていた彼女は
人に理解されず孤独な日々を送っていました。

 

夏目友人帳
夏目友人帳

 

そんな彼女は妖怪たちに憂さ晴らしを始めたのだと続け
「ユウジンチョウ」なるものを知っているかと貴志に尋ねる妖。

 

しかし覚えがない貴志が追手に気を取られている隙に
その猫の妖は目の前から消えてしまいました。

 

「ユウジンチョウ」の言葉を元に
家へ戻った貴志は祖母の遺品を漁ります。

 

するとその中にユウジンチョウ・・・
もとい友人帳と書かれた古びたノートを発見。

 

それを捲ってみると落書きのようなものが
羅列しているようにしか見えないにもかかわらず貴志は
確かにそこに書かれている名前を読むことができました。

 

夏目友人帳を読んでみる

 

サイト内より【夏目友人帳】と検索。

 

BookLive

 

夏目友人帳のネタバレとその後の展開は?

 

それをよこせと戻ってきた先ほどの猫の妖怪がいうには
それは祖母・夏目レイコが苛め負かした
妖怪たちの名前が書いてあるものとのこと。

 

多くの負かした妖を従え使役出来る宝物として
広まっていた友人帳ですがそこには彼女と妖怪たちの
絆のような物が確かにあったことを貴志は知ります。

 

人の手に負えるものではないといわれるものの
自分が祖母に代わり妖怪たちに名前を返していくと決意する貴志。

 

こうして猫の妖怪・・・もといにゃんこ先生の助力を受けながら
貴志の途方もない名前返しの物語が始まっていくこととなります。

 

一口に友人帳に名がある妖といっても
貴志の元へ訪れる理由は様々でした。

 

いつまでもレイコから呼ばれないことを不服に思い
襲ってくるもの人としてはみ出し者だった
祖母を心配するものストレートに恨んでいるもの・・・。

 

日々彼らに名前を返しながら貴志の日々は慌ただしく過ぎていきます。

 

夏目友人帳
夏目友人帳

 

そんなある日彼が出会ったのは転校生で僧侶の息子田沼要。

 

妖怪たちから退治してほしい人間といわれている彼のことを
自分と同じく霊力の強い人間ではないかと思いつつも
過去のトラウマからなかなか真相に近づくことができません。

 

しかし彼の父親との対話などを通し田沼と対話することを選んだ貴志。

 

結果的に話してみるとお互い妖が見える
存在を感じることが異端なことだと知っているため
あと一歩が踏み出せずにいたのです。

 

そうして二人ははじめて妖に関して
「人」と思いを分かち合うことができます。

 

自身を引き取ってくれた遠縁の親戚
友人たちに妖が見えるという秘密を隠しながらも
貴志の名前返しに奔走する日々は続いていきます。

 

夏目友人帳を試し読みしてみる

 

サイト内より【夏目友人帳】と検索。

 

夏目友人帳の感想は?

 

本作はアニメを視聴したのをきっかけに漫画を読んだ感じでした。

 

おまけにアニメも3期あたりから見始めたので
原作を読んでこんなに夏目貴志の過去が
重たいとは正直思いませんでした。(笑)

 

妖が見えるがゆえに他者から距離を置かれ
辛い幼少期を過ごしてきた貴志。

 

理由はどうあれ祖母が行った悪さの尻拭いをする羽目になっているんですが
顔も知らぬ祖母でも自分の身内だと同じ力をもつ者だということから
貴志は時に危険な目にあいながらも妖たちへの名前返しに奔走します。

 

じんわりと心が温まるようなストーリーも多いですが
相手が人間でないことから
なんともやるせない終わりになるストーリーも多いです。

 

夏目友人帳
夏目友人帳

 

悲しかったり怖かったりというよりも
ただただ人と妖の生きる年月の違い
時の流れ方の違いなどを感じて切ない気分にさせられます。

 

文字は決して少なくはないですし内容もそれなりに
詰まっている作品なんですがよく練られたストーリー構成と
合間に挟まる貴志とにゃんこ先生のコミカルなやり取りが面白く
気づけばどんどん次の巻を手に取ってしまうタイプの作品です。

 

アニメの新章もはじまっていますので
是非この機会に一度手に取ってみてください。

 

夏目友人帳を読んでみるならこちら

 

サイト内より【夏目友人帳】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態