双星の陰陽師(漫画)のネタバレと感想!アニメの原作を試し読み

soseinoonmyoji

この記事は約 8 分で読めます。



「禍野」より現れ人を襲う化け物「ケガレ」。

 

ケガレを祓い清めるのは陰陽師と呼ばれる者の使命であった。

 

中学生の焔魔堂ろくろはかつて最強の陰陽師を目指していたが
ある出来事がきっかけで今は陰陽師となることを拒み日々を過ごしていました。

 

そんなろくろの前に運命の少女・化野紅緒が現れ…!?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【双星の陰陽師】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

双星の陰陽師を無料で立ち読み

 

双星の陰陽師のあらすじは?

 

ある一軒家でその儀式は行われていました。

 

苦しむ少女の中から現れたのは禍々しい姿をした化け物。

 

それは異世界「禍野」より抜け出してきた
ケガレという化け物だったのです。

 

陰陽師の亮悟により祓われたケガレは消滅し
少女は安静を取り戻したのでした。

 

双星の陰陽師
双星の陰陽師

 

一方、中学生の焔魔堂ろくろは陰陽師でありながら
その使命をサボり続ける毎日を送っていました。

 

陰陽連鳴神町支部の星火寮に戻ってきたろくろは
ケガレ祓いをサボったことで亮悟と喧嘩し
また寮を飛び出してしまいます。

 

ろくろの陰陽師としての実力を周りが疑う一方で
昔のろくろを知る亮悟はその実力を認めていました。

 

何故ろくろは陰陽師として戦うことをやめてしまったのか――。

 

ろくろは「雛月寮」のたった一人の生き残りだと亮悟はいうのです。

 

陰陽師なんて死んでもやるか!

 

寮を飛び出したろくろは昔の陰陽師として
ケガレと戦い修行していた日々を思い出していました。

 

その時ふと空を見上げたろくろの目の前に少女が降ってきたのです。

 

驚くろくろをよそにその少女は地図を取り出し
ろくろにそこへ案内しろといいます。

 

その少女に振り回されながらもしぶしぶ案内を続けるろくろ。

 

途中、幼い兄妹とすれ違います。

 

その瞬間、邪悪な気配を感じ振り返るともうそこに兄妹の姿はなく
乗っていた三輪車が転がっているだけ。

 

すると突然、少女が呪文を唱えはじめ次の瞬間――
見たこともない景色がろくろの前に現れたのです。

 

先ほどの幼い妹の悲鳴が聞こえそちらの方を見ると
その兄妹はケガレに襲われていました。

 

兄のほうはぐったりとしていて身動きできない状態。

 

殺される…。

 

そのとき少女がケガレのほうに走り出したかと思うと
一瞬でそのケガレは消滅し――。

 

そう、その少女は陰陽師だったのです。

 

ほっとしたのもつかの間、今度は無数のケガレに取り囲まれますが
目にもとまらぬ速さで次々とケガレを倒していく少女。

 

戦いを終えた少女はろくろがその場にいることに驚きます。

 

兄のほうのキズを治したところで
少女はここが禍野であることを告げます。

 

すると先ほどのケガレとは比べ物にならないほどの強大なケガレが目の前に。

 

これほどのものは見たことがないというそのケガレの力に
手こずる少女でしたが決して諦めようとはしません。

 

その少女の家は代々優秀な陰陽師を輩出してきた家系で
その名誉のために決して逃げることはできないのだといいます。

 

そして“雛月の悲劇”を知っているかとろくろに問いかけます。

 

ろくろを陰陽師から遠ざけるきっかけとなった
雛月の話が語られることになるのです。

 

それはろくろだけじゃなくその少女――
化野紅緒にも深く関わる出来事だということは
そのときのろくろには知る由もなく…。

 

双星の陰陽師を読んでみる

 

サイト内より【双星の陰陽師】と検索。

 

双星の陰陽師のネタバレとその後の展開!

 

こうして出会った焔魔堂ろくろと化野紅緒。

 

2人の運命的な出会いにより様々な出来事がこの先に待ちかまえています。

 

まずろくろが陰陽師を拒むようになった「雛月の悲劇」。

 

当時まだ12歳だったろくろは「雛月寮」で陰陽師の修行に励んでいたのですが
ある時、禍野から現れた十数匹のケガレが雛月寮を襲い
そこにいた18人の陰陽師の候補生たちほぼ全員が犠牲になったのです。

 

双星の陰陽師
双星の陰陽師

 

その時の唯一の生き残りがろくろですが
そのろくろも右腕を失うという重傷を負っています。

 

その件を引き起こしたのは紅緒の双子の兄の
悠斗だということが後に判明します。

 

しかしその件で右腕に強大なケガレの力を身につけたろくろは
その後一切陰陽師の力を使うことを拒んでいましたが
紅緒のすべてのケガレを祓いたいという思いに突き動かされ
また再びケガレと戦うようになるのです。

 

そして陰陽連のトップである土御門有馬より
2人は「双星の陰陽師」の称号を与えられることに。

 

双星の陰陽師とはケガレとの戦いに終焉をもたらすとされている
最強の陰陽師「神子」を産み育てる夫婦に与えられる称号だったのです。

 

そして同居生活をはじめるろくろと紅緒。

 

最初は水と油、反発しあっていた2人ですが
次第に力を合わせてケガレとの戦いに挑んでいくようになります。

 

さらに言葉を話す上位のケガレの神威や雛月の件で
ろくろや紅緒と因縁の深い悠斗も現れ戦いは次第に激化していきます。

 

果たしてろくろと紅緒はすべてのケガレを祓い
長きにわたる戦いに終止符を打つことができるのでしょうか?

 

双星の陰陽師を試し読みしてみる

 

サイト内より【双星の陰陽師】と検索。

 

双星の陰陽師の感想は?

 

陰陽師というものをまた違った切り口で描いている斬新な作品。

 

今までも陰陽師を題材にした作品は数多くあったと思いますが
この作品はよりバトル要素が激しくカッコよくなっています。

 

双星の陰陽師
双星の陰陽師

 

基本はろくろと紅緒の2人が中心となってケガレを祓っていくのですが
戦っているときの2人の中学生離れした雰囲気と普段の生活の場面での
2人のゆるい雰囲気がギャップがあってそれもまた面白いです。

 

オーソドックスな少年漫画ながらもちゃんと新しい要素が盛り込まれていて
読んでいても飽きさせない作品だと思います。

 

主人公が最強の陰陽師ではなくその子供が…というのは意外な展開でしたが
2人が今後共闘していくうちにどんな展開になるのか非常に気になります。

 

ろくろと紅緒の子供だという神子は登場するのかどうかとか
ろくろの腕の秘密とかろくろの過去とか疑問はつきませんが
とにかく面白い作品なのでおすすめです。

 

双星の陰陽師を読むならこちら

 

サイト内より【双星の陰陽師】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態