i.d.(漫画)のネタバレと結末!感想や無料試し読みにあらすじも

id

この記事は約 6 分で読めます。



岸虎次郎先生の作品のi.d.

 

テレアポに勤めながら空手とモデル業をする亜紀子は
トップモデルを目指していた。

 

一方美雪は高校生時代から引きこもりのニート。

 

そんな2人が出会うことによって物語は進んでいく・・・
ダークな日常の先に待つ物とは・・・?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【i.d.】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

i.d.を無料で立ち読み

 

i.d.のあらすじは?

 

「なんか他に撮るもんねーの?」

 

組手の写真を撮ろうとする美雪に亜紀子は笑いながら言います。

 

美雪は嬉しそうにちゃんとかっこよく撮るからと気合十分なようでした。

 

組手が始まりそのあまりの迫力と美しさに
思わずカメラを構えるのをやめてしまう美雪。

 

ファインダー越しに見るのが勿体無く感じてしまったのです。

 

それを見て亜紀子は結局撮らないのかよと呆れていました。

 

時は遡り、あるテレアポのオフィス。

 

20歳の亜紀子はフリーターとしてそこで働いていました。

 

亜紀子が目指しているのはモデルとしての成功。

 

でもモデル業だけではやっていけないので
両立できる仕事としてテレアポをやっているのです。

 

やばい!もう時間だ!亜紀子は急いでスタジオに向かいます。

 

素早く用意を済ませたものの同じ事務所の他のモデルの
撮影が長引いており待ちぼうけをくらう亜紀子。

 

ようやく亜紀子の番になりカメラの前に立ちますが
カメラマンには表情が硬い注意を受けてしまいました。

 

「自分を隠そうとしているようにしか見えない。
自分を好きじゃないモデルなんて人を感動させられないよ?」

 

とカメラマンからどぎつい一言を言われてしまう亜紀子。

 

その表情はどこか影があるものでした。

 

亜紀子が見せたくないモノはいったい?
美雪と亜紀子の出会いとは・・・?

 

i.d.を読んでみる

 

サイト内より【アイディー】と検索。

 

BookLive

 

i.d.のネタバレとその後の展開は?

 

亜紀子はモデルになって勝ちたいと思っていました。

 

周りからは美人で強い亜紀子は勝ち組だと思われがちでしたが
亜紀子には実は暗い過去があり
それを心の中に封じ込めて強い自分を演じていたのです。

 

嫌だと思うことはしたくないものの
目標であるトップモデルにはなかなかなれない。

 

そして笑顔を作ることもできず日々悩む亜紀子なのでした。

 

一方美雪は高校生時代のとき自身が書いたブログによって
周りから絡まれいじめられてしまいます。

 

そしてそれが原因で引きこもるようになってしまいました。

 

20歳になり何があったかを知り理解してくれている
両親に甘えて未だに引きこもり
ニートをしていることに美雪は嫌気が指していました。

 

なんとかしたいとは思っているものの
なかなか行動に移すことができないでいる美雪。

 

両親の前では明るい自分を演じなんとかいい子で
あり続けようと取り繕っている毎日でした。

 

ある日珍しくいい気分になり久しぶりに出かけてみることにしました。

 

ところが電車内で不良に絡まれ美雪は暴行されそうになってしまい
暴行されそうな恐怖から思わず叫んだ美雪の元に現れたのが亜紀子でした。

 

その後、亜紀子は自宅で襲われそうになりますが
得意の空手を使いなんなく片付けます。

 

そしてその出来事をきっかけに
亜紀子の過去の話へと舞台は切り替わっていくのでした。

 

亜紀子の過去に起きた出来事とは・・・?
事件をきっかけに出会った2人は徐々に距離が縮まり・・・?

 

i.d.を試し読みしてみる

 

サイト内より【i.d.】と検索。

 

i.d.の感想は?

 

空手をやりながらモデル業で成功しようと頑張っている亜紀子。

 

ところがその胸の中には隠された過去があります。

 

一方美雪は高校生時代のちょっとしたトラブルが元で
引きこもりになってしまい自分を変えたいと思いながらも
何もできずに毎日が過ぎていってしまう・・・。

 

そんな2人が出会ったことによってこの物語は進んでいきます。

 

とにかくダークな内容の多いこの作品。

 

仕事をしていく厳しさや過去の出来事との葛藤
綺麗事では進まないという現実、周りからの暴行・・・。

 

そんな人生を生きていく上で通っていくかもしれない
モヤモヤとした現実が描かれていて
読んでいるとこっちもモヤモヤした気持ちになってきます。

 

ですがそのモヤモヤを超えた先のゴールを求めて
ついつい先を読み進めてしまうそんな漫画です。

 

人生ってたしかにこんな感じだよなと感じるような
リアルなダークさがあります。

 

気分が滅入っている時にはオススメしませんが
とても共感できる内容となっていますので
ぜひ元気なときに読んでみてもらいたい作品です。

 

i.d.を読んでみるならこちら

 

サイト内より【アイディー】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態