CLAYMORE(漫画)のネタバレと結末!感想や試し読みもあり

CLAYMORE

この記事は約 9 分で読めます。



八木教広先生の作品のCLAYMORE。

 

古より人が「妖魔」に喰われる存在であった世界。

 

人々は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいたが
その妖魔を退治するべく背に大剣を背負った
「クレイモア」と呼ばれる戦士たちが現れる。

 

彼女たちは妖魔退治の依頼があれば
どこへでもかけつけ迅速に妖魔を狩っていく・・・。

 

彼女たちは何者でどこから来てそしてどこへ向かうのか――。

 

そして妖魔の存在とは?

 

そこには驚くべき真実が隠されていた!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【CLAYMORE】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

CLAYMOREを無料で立ち読み

 

CLAYMOREのあらすじは?

 

とある小さな村に人を喰う化け物「妖魔」が現れたのはここ数日のこと。

 

妖魔は狡猾で巧みに人に化けひとたび人に化ければ
人間の目では見分けることが不可能に。

 

ここではもうすでに六人もの人が犠牲になっていました。

 

村長はとある組織に依頼の書を出し妖魔退治を依頼していました。

 

その組織に依頼すると相当額の報酬と引きかえに「クレイモア」と呼ばれる
妖魔退治を行う者たちが派遣されてくるのです。

 

大人たちが話しているのを外で聞いていた村の少年・ラキ。

 

初めて聞く「クレイモア」という名前に興味津々の様子で
話し合いに参加していた兄・ザキに問いかけます。

 

クレイモアとは厳密に言うと「人」ではなく自らの身体に妖魔の血肉を取り込み
半人半妖の身になることで妖魔と戦うことにできる身体を手に入れた者たちのこと。

 

実験の末その力を手に入れることができたのは女性だけで
男はことごとくその命を落としていったのだといいます。

 

彼女たちは妖魔と人間とを見極める銀色の瞳を持ち
妖魔を惨殺する時のみその瞳は妖魔のように金色に輝くのです。

 

そのため彼女たちは「銀眼の魔女」「銀眼の斬殺者」と呼ばれているのだと。

 

CLAYMORE
CLAYMORE

 

その話に啞然とするラキ。

 

その時、村の表にクレイモアが来たという知らせが。

 

思わず走り出し向かったその先に
クレイモアと呼ばれる女性の姿がありました。

 

華奢な身体には不釣り合いな大剣を帯び
独特な甲冑をまとったその姿は異様な雰囲気を醸していました。

 

村の中へと進んでいく彼女に話しかける者は誰もなく
彼女はそのまま村長のもとへ。

 

報酬を払おうとする村長に金は仕事を成した後に
取りにくる者に渡せと言い放ちます。

 

つまり失敗して自分が死ねば払う必要はないというのです。

 

外に出ると彼女に近づいてきたひとりの人間がいました。

 

あの村の少年・ラキです。

 

村の人間誰もが避けて通る彼女にラキは全く動じず
それどころかなついている様子。

 

両親を妖魔に殺されたラキにとって彼女は
仇を取ってくれる救世主にほかならなかったのです。

 

しかし家に帰ったラキを待っていたのはあまりにも残酷な運命でした。

 

両親を殺されたため叔父の家に居候しているラキは
家の中でその叔父が血まみれで倒れているのを発見します。

 

傍らには兄のザキが立っていました。

 

呆然とするラキに対しザキは見たこともない形相でラキのほうを見て・・・。

 

そうこの村に潜んでいる妖魔はザキの姿に化けていたのです。

 

ラキの両親を殺したときザキも殺しなりすましていたことを知ったラキは
怒りと悲しみに震え妖魔に立ち向かっていきますが
その身体に傷ひとつつけられるわけもなく投げ飛ばされてしまいます。

 

絶体絶命の中、現れたのは先ほどのクレイモアと呼ばれる女性で
ラキの身体にわずかに残っていた妖魔の気配を感じつけてきていたのです。

 

そしていとも簡単にその妖魔を倒してしまった彼女は何も言わず立ち去ります。

 

現実を受け入れることができず村長に保護されても
口もきけず膝を抱えたまま固まっているラキ。

 

彼女が旅立つようだと村人が話しているのを聞いたラキは
まだ名前も聞いていないのに思わず村の外へ走り出します。

 

やっとの思いで追いついたラキは
感謝の気持ちを彼女に伝えそして名前を聞きます。

 

彼女は一瞬立ち止まりますがクレアという名を
ラキに告げ彼方に消えていったのでした。

 

CLAYMOREを読んでみる

 

サイト内より【クレイモア】と検索。

 

BookLive

 

CLAYMOREのネタバレとその後の展開!

 

序盤は主人公・クレアとラキの絆のストーリーが
中心となって描かれていきます。

 

村から放逐され行き場を失ったラキは
クレアのあとを追い行動をともにすることになり
次第にふたりの間に絆のようなものが芽生えていきます。

 

しかしとある戦いの際にクレアとラキは
離ればなれになってしまいます。

 

クレアも最初は組織の中で最弱の戦士だったのが
様々な仲間との出会いや戦いを経験し強くなっていきます。

 

CLAYMORE
CLAYMORE

 

同じ組織の戦士が妖力を使いすぎ力尽きた結果
「覚醒者」と呼ばれる妖魔になることも明らかになり
覚醒者討伐など組織からの任務は次第に複雑になっていきます。

 

覚醒者の中でもかつての組織の上位の戦士たちが覚醒した
「深淵の者」と呼ばれる覚醒者たちも登場します。

 

覚醒者たちとの戦いの際そこに集められたミリア・デネヴ・ヘレンと
合流したクレアは辛くもその戦いに勝利しますがそこで組織への疑念を抱き始め
そして組織を潰すために彼女たちとその後も共に戦っていくことになるのです。

 

さらにはクレアの過去や半人半妖の戦士となる
きっかけのエピソードも語られそのきっかけとなった出来事は
物語のラストに深く関わってくることになります。

 

ラキを探しながら仲間と共に旅を続けるクレアを待ち受けるものとは?

 

東西南北と世界中を駆け回り摑んだ真実とは?

 

クレアはラキと無事再会することができるのでしょうか?

 

驚愕のラストまで目が離せなくなる作品です。

 

CLAYMOREを試し読みしてみる

 

サイト内より【クレイモア】と検索。

 

CLAYMOREの感想は?

 

2007年にはアニメ化もされている人気作。

 

半人半妖の戦士たちと妖魔との戦いだけではなく仲間たちとの絆
人間たちとの関わりなど人間ドラマの要素も描かれています。

 

戦士たちの苦悩や葛藤などいつ妖魔になるかわからない
恐怖の中で戦っていく物語にハラハラドキドキします。

 

CLAYMORE
CLAYMORE

 

個人的に好きなのはクレアの幼少の頃のエピソードで肉親を妖魔に殺され
ひとりになったクレアと彼女の前に現れた最強の戦士との絆を描いた物語。

 

クレアが戦士になるきっかけが描かれています。

 

のちのクレアとラキの関係に近いものがあり
ラストは切ないですがとても感動するエピソードです。

 

何十年という時をかけて描かれる壮大なファンタジー巨編。

 

半人半妖の戦士たちは「成長はするが老化はしない」という設定のもと
クレアをはじめとする様々な戦士たちの関わりや時代が変わるにつれて
組織を抜けた者や現役戦士との交わりや戦い友情なども繊細に描かれています。

 

一度読みはじめたら止まらない、ぜひ皆さんにおススメしたい作品です。

 

CLAYMOREを読んでみるならこちら

 

サイト内より【クレイモア】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態