いぬやしきのネタバレと感想!あらすじや無料試し読みのまとめ

inuyashiki

この記事は約 9 分で読めます。



奥浩哉先生の作品のいぬやしき。

 

犬屋敷壱郎、58歳。

 

彼は妻と高校生の娘と中学生の息子がいるサラリーマン。

 

娘の友達に「おじいちゃん?」と訊かれるほど白髪に皺だらけの老け顔で
家族からも会社からも疎外された生活を送っていた。

 

何をしても家族や周囲の歓心を得ることができない壱郎でしたが
彼の生活はある日を境に一変することとなる――。

 

「GANTZ」の奥浩哉が描く全く新しい世界観のSF漫画が登場!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【いぬやしき】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いぬやしきを無料で立ち読み

 

いぬやしきのあらすじは?

 

犬屋敷壱郎はうだつの上がらない初老のサラリーマン。

 

58歳にしてようやく念願の一戸建てを購入しますが
家族には「狭いし日当たりが悪い」などと悪評で
家族が荷解きをせずにファミレスに出かけていっても
彼は一人せっせと荷解きをするのでした。

 

家族や社会は彼に無関心。

 

毎日ラッシュに揺られ会社に行き
帰りはひとり牛丼屋で夕食を済ます壱郎。

 

その寂しさを紛らわすように壱郎は
犬を飼うことを家族に提案します。

 

動物愛護センターで出会った成犬に「はな子」と名付け
飼うことを決めますが室内で飼うことを家族に反対された壱郎は
結局自分の部屋で飼うことにしたのでした。

 

いつしかはな子は彼の心の拠り所になっていました。

 

いぬやしき
いぬやしき

 

ある日、はな子の散歩がてらコンビニに立ち寄った壱郎は
不良に絡まれている店員を見かけます。

 

怒りを覚える壱郎でしたが内向的な性格から
何も言うことができずにいるとそこへ中学生の息子が。

 

結局何も言うことができず息子と一緒に帰っていると
またも不良に絡まれているサラリーマン風の男性を見かけます。

 

警察に電話しようとする壱郎でしたが
息子にこう言われショックを受けます。

 

「自分たちは穴の中に隠れて怯えてやり過ごせばいい」

 

そんな彼に追い撃ちをかけるように胃ガンが見つかり
余命三ヵ月だと言われてしまいます。

 

家族に電話するも誰も出てはくれません。

 

ひとり公園で涙する壱郎。

 

幾度となく家族に話そうとする壱郎でしたが
顔を合わせれば家族は彼に心無い言葉を浴びせます。

 

ちゃんと話せばみんな泣くのかな・・・
泣いてくれるのかな・・・。

 

はな子の散歩中にそうつぶやく壱郎。

 

気づけばはな子を抱きしめて泣いていました。

 

我に返った壱郎はそばに見知らぬ青年が
立っていることに気づきます。

 

そして空を見上げた次の瞬間――!!

 

まばゆい光とともに凄まじい爆発が起きはな子を残して
ふたりはその爆発に巻き込まれてしまったのです。

 

爆発の後、壱郎は何事もなかったかのように目を覚まし
はな子とともに家路につくのでした。

 

いぬやしきを読んでみる

 

サイト内より【いぬやしき】と検索。

 

BookLive

 

いぬやしきのネタバレとその後の展開は?

 

何であんなところで寝ていたんだろう・・・?

 

不思議に思いながら歩いていく壱郎。

 

そうか・・・僕、ガンで死ぬんだっけ?

 

家に帰った壱郎は朝になっていることに気付きます。

 

さすがに妻は少しは心配していたようで
警察に電話するところだったと言われます。

 

余命三ヵ月なのだからもうダメなのかな
だからあんなところで倒れていたのだろうか。

 

そんな彼の身にそれから次々と不思議なことが起こります。

 

食べ物を食べても味がしない水をどれだけ飲んでも喉が潤うことはなく
いつも悩まされていた腰の痛みも消え眼鏡をかけなくても
はっきりと見えるほど視力も回復していました。

 

そして病院へ検診に行きレントゲンを撮ってもそこには何も映らず
採血で針を刺そうとしても通らず折れてしまうのです。

 

血圧計もエラー表示になってしまいます。

 

数々の奇妙な出来事に不安になった壱郎はついに
自分の身体に何が起こったのかを知ることになります。

 

いぬやしき
いぬやしき

 

部屋に一人でいると突然右腕から蒸気が出始めます。

 

それが収まったかと思うといきなり身体のあちこちが
ロボットのように変形したのです。

 

私は・・・機械になってしまった・・・。

 

そう、彼はあの爆発で一度死に
ロボットとして生まれ変わっていました。

 

胃ガンに侵された身体ももうないのです。

 

彼の身体には様々な兵器が搭載されている上
身体能力も飛躍的に上昇しているようでした。

 

今までの自分ではなくなった事を自覚した壱郎は
自分は何のために生きているのかその存在意義を問いはじめます。

 

そして少年たちに襲われそうになっているホームレスを救ったことで
今まで出来なかった人助けに目覚めさらには生物の命を助ける能力も
持っていることに気づいた彼は現代医療では助からない
重病人の治療も始めるようになっていきます。

 

一方、壱郎とともに爆発に巻き込まれ機械の身体になった
もう一人の主人公・獅子神はその能力を
壱郎とはまったく逆の方向に使いはじめます。

 

幼なじみをいじめていたクラスメイトをその能力を使って殺害したり
民家に押し入って殺戮を行うなど残虐な行為を繰り返すように。

 

その犯罪行為はやがて明るみになり追われる身となった獅子神は
自分に敵対する全ての者を消し去るべく動き出すのです。

 

自分の能力が全てコントロールしきれない壱郎と
かなり詳細に自分の能力を把握している獅子神、善と悪。

 

あのとき同じ場所で爆発に巻き込まれながらも
全く異なっていくふたりの人生は交差するのでしょうか?

 

今後の展開から目が離せません!

 

いぬやしきを試し読みしてみる

 

サイト内より【いぬやしき】と検索。

 

いぬやしきの感想は?

 

まず主人公が初老の男性ということで驚きました。

 

こういうおじさんって、いるよね・・・と思うような
うだつの上がらない主人公の様子。

 

正直感情移入してしまって序盤は涙が出そうになりました。

 

ところが状況は一変、わけのわからない爆発と
宇宙人の声が聞こえたかと思うと
主人公の身体はロボットとなっていたのです。

 

いぬやしき
いぬやしき

 

序盤のゆるい物語からは想像もできないような
怒濤の展開が待っていました。

 

さすが奥浩哉先生・・・ただ者ではないですね。

 

正義感は人並みにあれども今までは理不尽な出来事に
立ち向かうこともできなかった主人公が特殊能力を身につけたことで
ヒーローになっていく様は読んでいてスカッとします。

 

あの誰からも相手にされなかった主人公が
心優しいおじさんが不良たちに立ち向かっていくのです。

 

対照的に悪の道を歩んでいくもう一人の主人公には
ゾクッとさせられますが今後絡んで来るんでしょうか?

 

そのあたりも楽しみです。

 

とても面白い作品はこの一言に尽きると思います。

 

最初少しとっつきにくい部分もあるかもしれませんが
読んで損はありません。

 

オススメの作品です!

 

いぬやしきを読むならこちら

 

サイト内より【いぬやしき】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態