歌舞伎町の少女たちのネタバレや結末!試し読みやあらすじのまとめ

kabukichonosyojotachi

この記事は約 13 分で読めます。



石原伸司先生原作で北上祐帆先生の作品
歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~。

 

非行少女の壮絶な生い立ち…。

 

少女は歌舞伎町のシャブ女王と呼ばれるようになり
欲望のまま送り続ける日々。

 

しかしそんな少女もあることがきっかけで
変われる日がやってくるのです――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【歌舞伎町の少女たち】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~を無料で立ち読み

 

歌舞伎町の少女たちのあらすじは?

 

指定暴力団の元組長で作家でもある石原伸司。

 

人は彼を夜回り組長と呼ぶ。

 

作家の傍ら繁華街に出て非行少年少女の悩みを聞き
更生を助けることを5年も続けています。

 

彼がそんなことを始めたきっかけは
ひとりの少女との出会いでした。

 

太田アスカという少女は亀戸の暴走族の単車で
憧れの歌舞伎町に向かっていました。

 

死んでも家に帰るかとやってきたアスカは
歌舞伎町ならシンナーが腐るほどあると聞き
やってきたのですがその筋の人には
アスカの欲しいものがわかるのか
シンナーがあると声を掛けてきたのです。

 

しかしシンナーよりも良いものがあると知り合ったのは
歌舞伎町を縄張りにしているある組の組長。

 

自分はシャブは打たないものの女には打ち
そしてSEXをするのです。

 

アスカは堕ちるトコまで落ちてやると組長と関係を持ち
そのまま組長のマンションで同棲をし組長の女に…。

 

組長がアスカを大事にするので下の若い者も
アスカのいうとおりに動きました。

 

毎日のように組長にシャブを打たれ
快楽を求めSEXを繰り返す…。

 

歌舞伎町の少女たち 金と男とクスリに溺れた青春
歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~

 

アスカは3つ上の兄と共に祖父母と暮していました。

 

母は夫が蒸発し兄と共に7ヶ月だったアスカを預け
姿をくらましていました。

 

しかしアスカが小学6年生の時に荒くれの男と一緒に現れ
アスカたちを迎えに来たと一緒に暮らそうと言うのです。

 

母はアスカたちと暮したかったというよりも
子どもたちに新聞配達をさせて働かせたり
児童福祉手当とか就学助成金や生活保護などのため
アスカたちを迎えに来たのでした…。

 

気に喰わないと殴られ蹴られ耐えきれず
祖父母のところに帰っても母が包丁をもってやってきて
アスカを返さないなら殺すと言うのです。

 

そしてある年の夏から義父からのレイプが始まり
母にその現場を見られても母は義父と別れたくなく
母公認で今まで通りの生活が続くのでした。

 

アスカの過去を知った組長は義父が許せないと
義父を組事務所に拉致してボコボコにしました。

 

義父はヤクザの恐ろしさに家も母も捨てて逃亡し
今頃ホームレスのはずですがアスカの心は
なぜか晴れない感じ…。

 

それからのアスカは恐喝、傷害、シャブSEXを繰り返し
組長の目を盗んで男とSEXをしたりしていました。

 

何かあれば組長の名前を出し好きなシャブが手に入り
生活は組長が見てくれていましたがある時アスカは
組長を警察に売ってしまうのです。

 

組長がアスカの妹分と浮気をしたことが原因。

 

組長の浮気に腹を立ててシャブの隠し場所を
警察に教えたのです。

 

組長は実刑判決6年でアスカは教護院に1年。

 

このことがきっかけで15歳になったばかりのアスカは
歌舞伎町のシャブ女王と言われるようになるのです。

 

教護院を退院した日に祖父母を振り切り
歌舞伎町に直行しヤクザをSEX。

 

10ヶ月後にはシャブの現行犯として捕まり
16歳から18歳まで女子少年院で過ごすも
退院したその日にまた祖父母を振り切り
歌舞伎町に舞い戻る…。

 

ある時アスカはヤクザの帰りを
来るまで待っていました。

 

シャブが切れかけていて挙動不審な女がいると通報され
警察がやってくるのでしたが1人の刑事がみんな帰らせるから
2人で話をしようと後日喫茶店に呼び出されたのです。

 

その刑事はアスカがシャブを持っていることを知っていて
下心がミエミエだったため刑事がトイレに行ったすきに
ビールにシャブを入れました。

 

そしてホテルの部屋でもビールにシャブを入れ
シャブSEXが良かったのか同棲してくれと言い出し
アスカは刑事を覚せい剤依存にしようと決め
飲み物にも料理にもシャブを入れ続けます。

 

また刑事から買春摘発や賭博摘発の事前情報を聞きだし
ヤクザに伝えたりもしていました。

 

そして刑事と交際して1年――。

 

刑事は重症の中毒になり仕事も休む日が多くなり
更にその1年後公園でホームレスになるのでした。

 

シャブは人間を破壊させるもの。

 

アスカは純度の高いシャブを打っていて
なんとか生きていられましたがそれでも内臓は
肝臓がズタズタで10代でC型肝炎になっていました。

 

C型肝炎になったことで疲労感やイラつき
更には禁断症状も出たりするのです。

 

裸で街を走ったり自転車でアメリカに行こうとしたり
泳いでアメリカに行こうと海へ飛び込んだり…。

 

それでもアスカはこのまま死んでしまったら
何のために生きてきたかわからないと思うのでした。

 

歌舞伎町の少女たちを読んでみる

 

サイト内より【歌舞伎町の少女たち】と検索。

 

BookLive

 

歌舞伎町の少女たちのネタバレと結末!

 

20歳になったアスカは歌舞伎町で毎日
変態シャブSEXをしていました。

 

そんなある日、子どもができた気がすると
アスカは言い出すのです。

 

仲間は早く降ろした方がいいとか
シャブ漬けで出産なんて大変と言いますが
アスカはつわりの苦しさもシャブを打ってしのぎ
更には臨月になっても変態シャブSEXを
不特定多数の男としまくっていました。

 

陣痛が起きたときにはシャブを打ってから
救急車に乗り病院でも出産前にシャブを打って
赤ちゃんを産むのでした。

 

こんな女はきっとアスカだけでしょう…。

 

子どもを産んでからもシャブSEXが忘れられず
子どもを仲間に預けシャブSEXを繰り返していましたが
ついに警察に現行犯逮捕されるのです。

 

成人になってからの事件…。

 

東京拘置所に送られ子どもは乳児院に預けられ
懲役2年執行猶予が2年ついたのです。

 

4か月ぶりに自由になったアスカでしたが
ヤクザの組長からの連絡があり放免祝いとして
またシャブSEXをするのでしたがシャブが効きすぎ
暴れまくったことで1日でまた拘置所に…。

 

しかも放免祝いをした組長とのたった1回のSEXで
アスカは妊娠してしまい拘置所の中で出産を…。

 

赤ちゃんを見たアスカは塀の中にいる辛さや
寂しさが吹き飛ぶのですが1週間もすると
法律で決まっていると子どもは施設に…。

 

4年の刑に決まりましたがその間にママに会いたいと
子どもからの手紙も届きます。

 

そしてアスカは更生したいと思い出所して4日後
石原と出会うのでした。

 

歌舞伎町の少女たち 金と男とクスリに溺れた青春
歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~

 

石原は非行少年少女に居場所がないと頼られると
家にいろと勧めることがよくありました。

 

石原の妻が協力的で子どもたちの面倒を
よくみてくれているからです。

 

しかしアスカにおいてはいつまで置いておくのかと
石原の妻は言ってきました。

 

アスカ以外の子どもたちは石原の話をよく聞き
自分なりに考えて行動しようとします。

 

しかしアスカは1日中ゴロゴロと部屋で
ビールを飲んでいるだけでした。

 

アスカは必ず石原を裏切ると妻は言い
アスカを何とかしないなら家を出ると言われるも
アスカの更生にかけるのです。

 

離婚してまでアスカを信じた石原。

 

アスカに過去を語らせ薬物中毒の怖さを訴え
アスカを売り出すために石原は動きました。

 

アスカを取り上げた雑誌や新聞は10誌以上。

 

真の更生のために仕事を見つけることも
いろいろと手伝いました。

 

しかしアスカは石原を裏切り出て行ってしまうのです。

 

それでもアスカはなんだかんだと言って
石原に連絡をしてきます。

 

会いたいと言ってはこなかったりを繰り返し
石原を散々振り回しました。

 

それから久しぶりに会ったアスカ。

 

入籍して50日で相手の自己中に耐えられず
三行半を叩きつけ離婚したと…。

 

そしてアスカは自分をどうしたらいいかわからないと
もう2度と騙さないから助けてと相談してきました。

 

しかし石原は即答できないと言いました。

 

それから1週間後――。

 

アスカから連絡が来るのですがその内容は
シャブ連中と関係を断つために
歌舞伎町の町を出て土浦で海の家のバイトを
始めたというものでした。

 

石原はアスカの言っていることが本当か
それだけを確かめるために茨城まで行きます。

 

風俗でしか働いたことがない女が
大きなおなかで額に汗してかき氷を作っています。

 

影からこっそりアスカを見ていた石原は
もう一度再び応援したい気持ちになるのです。

 

それからアスカは3人目の赤ちゃんを出産します。

 

今度は誰にも引き離されることのないわが子。

 

現在のアスカは地方都市のアパートで生活保護を受け
3人目の子どもと2人で自立をめざし暮らしています。

 

年に1回だけですがとても憎んだ母親の家で
施設で育つ2人の子と会うそうです。

 

まだまだ3人の子と暮す日々はありませんが
それでもシャブに手を出したら子供全員と暮す夢は
遠のいてしまうのでアスカは負けずに頑張るのです。

 

歌舞伎町の少女たちを試し読みしてみる

 

サイト内より【歌舞伎町の少女たち】と検索。

 

歌舞伎町の少女たちの感想は?

 

きっとアスカも祖父母とずっと暮らしていれば
こんな人生にはならなかったことでしょう…。

 

あの母親が迎えに来てそして義父との生活が
アスカをこんな風にしてしまったのだと思います。

 

しかしそれでもこんな人生になったのは自分の責任。

 

自分が快楽を求めてシャブSEXをすることは構いませんが
それで生まれてきた子どもたちがかわいそう…。

 

歌舞伎町の少女たち 金と男とクスリに溺れた青春
歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~

 

特に1番目の子どもなんて陣痛が起きたときも
出産直前にもシャブをしていたなんて…。

 

妊娠中もずっとシャブをしていただけに
子どもの体が大丈夫なのかすごく心配です。

 

やっとシャブから抜け出せたアスカ。

 

きっと抜け出すまでにはとても大変だったと思います。

 

でも子どもたちのためにもどんなに辛いことがあっても
もう2度と手を出すことのないように祈りたいです。

 

そして3人の子どもたちと仲良く
暮らせる日がやってきたらいいなと思います。

 

歌舞伎町の少女たちを読んでみるならこちら

 

サイト内より【歌舞伎町の少女たち】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態