ちはやふるのネタバレと感想そして試し読みは?結末が気になる

chihayafuru

この記事は約 13 分で読めます。



 

末次由紀先生の作品である「ちはやふる」は
競技かるたを世に知らしめたまさに金字塔と言えるマンガ。

 

映画化されたコミックでもあり大人気の作品。

 

千早は新との出会いによって小倉百人一首競技かるたを知ることに。

 

千早は天性の聴力を持っており始めてすぐから
かるたへのずば抜けた才能を発揮し…。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ちはやふる】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ちはやふるを無料で立ち読み

ちはやふるのあらすじ!千早と新そしてかるたとの出会い

 

主人公の綾瀬千早は特に取り柄のない普通の小学6年生。

 

モデルをしている姉の千歳を誰よりも応援していて
「お姉ちゃんが日本一になるのが、あたしの夢」と
公言するほどの一番のファンでもありました。

 

そんな千早に「自分のことでないと、夢にしたらあかん」と
教えてくれたのが福井からの転校生である綿谷新。

 

彼はクラスに馴染めていませんでしたが
千早にとってはなぜだかとても気になる存在。

 

あることがきっかけで千早は新が「かるたで名人になる」という
夢を抱いていることを知ります。

 

普段は無口であまり感情が表に出ない新でしたが千早との
対戦でかるたに向き合う彼は全く別の顔をしているのでした。

 

新の強さにほとんど太刀打ちできない千早でしたが
その日以来かるたの魅力に夢中になります。

 

ちはやふる
ちはやふる

 

そんな2人が距離を縮めていく様子をおもしろくないと
思っていたのはクラスメイトの真島太一でした。

 

彼は勉強もスポーツもできるクラスの人気者で
実は千早に想いを寄せているのでした。

 

千早との関係に嫉妬したのもあって
よそ者の新を仲間外れにしようとしてきます。

 

太一が新をハブにするのを止めさせようと
千早は小学校のかるた大会での勝負を提案します。

 

もちろん圧倒的な強さで勝ち抜いていく新。

 

一方の太一も持ち前の知力とひそかな努力で連勝を重ねていくのです。

 

でも太一は焦っていました。

 

新の強さを目の当たりにして「勝てないかもしれない…」と感じていたからです。

 

太一に負けは許されません。

 

というのも千早が『ミセスプレッシャー』と呼び恐れる彼の母は
絶対勝利主義者で太一に常に一番になれと課していたのです。

 

追い詰められた太一は試合前に新のメガネを盗んでしまいます。

 

そしていざ対戦。

 

札がよく見えない新は不利な状況ながら懸命に闘うものの
太一の卑怯な手によって徐々に調子が崩れていきます。

 

見かねた千早は新の代わりに参戦することを申し出ます。

 

百人一首をろくに暗記していない千早でしたが
持ち前の負けん気の強さと“感じ”の良さで見事太一に勝利するのでした。

 

試合後、太一は新に自分のしたことを詫びます。

 

これをきっかけに3人は仲良くなり地元のかるた会に入ったり
対戦をしたりして互いに切磋琢磨していきます。

 

「ずっと一緒にかるたしよーね」

 

無邪気に笑う千早でしたが卒業間近になって
新が福井に戻ることが決まります。

 

そして太一も名門開明成中学に合格して3人は離れ離れになることに…。

 

いざこざがありつつも小学生かるた大会の団体戦に臨んだ千早たちは
かるた経験者に接戦を行いますが新以外の2人は負けてしまいます。

 

そして卒業式の日。

 

1人帰宅した新を追いかけて新の自宅までやって来る千早と太一。

 

新に最後の勝負の挑んだ千早は泣き出し新たにこう言うのです。

 

「もう2人には絶対に会えない…」

「あたしたちにはかるたがあるから、また会えるんじゃないの?」

 

時は経って3人は高校生に。

 

千早はかるた部を作るために部員を募集していました。

 

そして偶然同じ高校に進学していた太一と再会をするのでした。

 

福井にいる新とはいつの日にか音信不通になっていた2人。

 

それでも千早の胸には幼い頃の約束がまだ残っていました。

 

今度の大会でA級になったら太一をかるた部に入部させること
そして新に電話をすることを千早は決意します。

 

そして千早は宣言通りにA級に昇級。

 

大会終了後に新に電話をするも彼からは
思ってもいなかった冷たい返事が待っていたのです。

 

「悪いけど電話とかせんといて。かるたとかもうやってないから」

 

ちはやふるを試し読みしてみる

 

サイト内より【ちはやふる】と検索。

 

BookLive

 

ちはやふるのネタバレとその後の展開!

 

実は新は祖父が亡くなったことが原因で
かるたが出来なくなっていました。

 

認知症になってしまった祖父の介護を手伝っていた新は
留守を預かっていた日に大会に出場していたのです。

 

A級への昇格を懸けた大事な大会。

 

一時は出場を諦めた新でしたが一瞬だけ正気に戻った祖父に
背中を押されて大会で優勝をします。

 

ところが自宅では祖父が発作を起こし帰らぬ人となっていたのです。

 

新はその日以来ずっと後悔していました。

 

自分を責め続けかるたなんてもうやる資格すらないと思い込んでいました。

 

でも福井までやって来た千早と太一に会って自分がどれだけ
かるたをやりたいと思っているかを自覚します。

 

新だってずっと2人に会いたいと思っていたのです。

 

こうして散り散りになっていた3人は
またかるたを通して同じ道を歩むことに――。

 

ちはやふる
ちはやふる

 

千早は太一とともに瑞沢高校かるた部を設立。

 

部員はなかなか集まらなかったものの千早の強引さで
ギリギリ部に昇格できる5人のメンバーが集まりました。

 

実家が呉服屋で和歌をこよなく愛する「かなちゃん」こと大江奏や
かつて小学生かるた大会で対戦した「肉まんくん」こと西田優征。

 

太一に次ぐ秀才で学年2位の頭脳を持つガリ勉の「机くん」こと駒野勉。

 

かるた経験者3人と全くの初心者2人からなる瑞沢高校かるた部は
夏休みの全国大会に団体戦で出場することを目標として頑張ります。

 

そして6月、全国高等学校かるた選手権大会東京都予選。

 

東京は激戦区のため全国への道のりは険しいものになることが
予想されますが瑞沢高校かるた部は初戦から千早や太一
肉まんくんの活躍で難なく勝ち進みます。

 

初心者の机くんとかなちゃんは2人そろって負けてしまいます。

 

そして続く2戦目。

 

なんとか勝ちたい机くんでしたが実力が追い付きません。

 

練ってきた作戦もしんどかった練習も報われず
積み上げてきた自信があっさりと崩れていきます。

 

そこへかなちゃんの初勝利。

 

「もう帰ってもいいだろ? 勝ち星は足りてるんだし」
試合後、机くんは仲間たちに背を向けようとします。

 

千早は止めようとしますが太一は次の準決勝を休ませることにし
決勝戦には出るようにとだけ指示をします。

 

不協和音の響きだした瑞沢高校は千早がキャプテンとしての
プレッシャーに押されて不調をきたします。

 

千早は自分のかるたがかるたが全く取れず試合は難航。

 

そんな時にチームの危機を救ったのは部長である太一でした。

 

それぞれに声を掛けて緊張を解くと
千早はようやくいつもの調子を取り戻したのでした。

 

そして瑞沢高校は決勝戦へ。

 

仲間のことが心配になって戻って来た
机くんの心を救ったのはかなちゃんでした。

 

「ここにいる人たちの足の甲、みんな皮膚が硬くなってタコになってる。
畳の上で何年も星座をしてきた足です。
私たちがなかなか勝てないの当然じゃないですか。
タコができるまでがんばりましょうよ」

 

5人の部員で挑む千早たち瑞沢高校に対し
北央学園は5年連続全国大会へ進んでいるまさに強豪校。

 

A級2人を有する北央学園は序盤から瑞沢高校に
実力を見せつけるかのようなかるたを取ります。

 

相手の嫌な部分をつくドSな攻めがるたをしてくる須藤に
千早も攻めあぐねていました。

 

試合の中でそれぞれが自分の弱さと向き合い
仲間たちを励まし合いながら懸命に戦います。

 

自分の1枚はチームの1枚。

 

「勝ちたい」と思う心はどちらの選手も同じで
全国への熱望が両校の間を錯綜します。

 

決勝戦の1勝目を太一が2勝目を肉まんくんが勝ち取り
競技線内のかるたも残りわずか。

 

読手が詠み上げた短歌に反応して札に置かれた右手は
千早と須藤どちらのものだったのでしょうか――?

 

ちはやふるを読んでみる

 

サイト内より【ちはやふる】と検索。

 

ちはやふるの感想は?

 

ちはやふるを読んでいる時、私は彼らと同じ畳の上にいます。

 

正座をしてこぶしを握りしめて
次に詠まれる札の始まりに意識を集中させています。

 

そして心の中で何度も唱えるのです。

 

「がんばれ、がんばれ、がんばれっ…」

 

物語に登場するのはみんなかるたが大好きで
強くなりたくて…ひたむきに努力をしています。

 

その眩しいくらいの懸命さに情熱に
胸が詰まってなぜだか泣きたくもなります。

 

ちはやふる
ちはやふる

 

かなちゃんの台詞にあるこの一言。

 

「かるたを長く続けてきた人たちは、足の甲が硬くなってタコができる」

 

それほどまでにかるたに向き合ってきた姿勢が
尊いと思ってしまいます。

 

ちはやふるにはたくさんの名言がありますが中でも私が好きなのは
映画のキャッチフレーズにもなっている太一と原田先生のやり取りです。

 

中学時代も同好会でかるたを続けてきた太一ですが
強くなるにつれて自分の限界を意識するように…。

 

「青春ぜんぶ懸けたって、新より強くはなれない」

「青春ぜんぶ懸けたって強くなれない?」

 

千早がA級昇格を目指して戦うのを見ながら原田先生が答えるのです。

 

「まつげくん、懸けてから言いなさい」

 

胸にツキンと刺さりました。

 

人は目の前にどうやっても越えられそうにない壁がある時
自分に言い訳をしてしまいます。

 

敵わなくて当たり前なのだと思い込もうとするのです。

 

その弱さを見透かす言葉は諦めることに慣れてしまった大人にも響くのですね。

 

ちはやふるはかるたへの情熱はもちろんですが
千早を巡る太一と新の微妙な三角関係も見どころです。

 

恋心には気付かずに新への想いを募らせる千早
誰よりも千早を理解して彼女を支え続ける太一
遠く離れた地から千早と太一の関係に焦りを感じる新。

 

太一は抜け駆けをしないように新が気を遣っているのに気付いて独白しています。

 

「なんとなくおれたちはどこかで、千早のことを二人のものだと思ってる」

 

こんなにかっこいい2人から宝物のように扱われる千早が
羨ましくてたまりませんね!

 

かるたに繋がれた友情や恋にも注目しながら楽しんでみてくださいね。

 

ちはやふるを試し読みするならこちら

 

サイト内より【ちはやふる】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態