ベルセルクのネタバレと感想そしてあらすじは?アニメの放送決定!

brserk

この記事は約 8 分で読めます。



三浦健太郎先生の作品のベルセルク。

 

身の丈よりも大きな剣を振るう“黒い剣士”ことガッツが、
闇より生じる多くの魔物たちと戦い続けるダーク・ファンタジー。

 

それと同時に、絶望、救い、恐怖、渇望、など混沌とした感情を持つ
多くの登場人物たちが、剣と魔法の世界を舞台に自分探しをする
物語でもあるのです。

 

また壮大な世界観と端はしに盛り込まれた膨大な設定そして圧倒的な迫力を持つ
画面は細部までもが緻密に描き込まれており登場人物は端役やモブまでもが
しっかり作り込まれ魅力的なキャラとなった『ベルセルク』。

 

ひとたび頁を開いたのなら読んでいる者は
その重厚で独特な世界観へとグイグイ惹き込まれることでしょう。

 

1997年にはTVアニメ化2012~2013年には全3部作で映画化もされ
遂には2016年7月からは新アニメ放映も予定されています。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ベルセルク】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ベルセルクを無料で立ち読み

ベルセルクのあらすじ! 黒い剣士ガッツの戦い

 

身の丈を遥かに超えた巨大な鉄塊の剣“ドラゴン殺し”を片手に
義手や大砲などの武装ギミックを全身に装備した“黒い剣士”ことガッツ。

 

彼は宿敵である“ゴッド・ハンド”を探し倒すという正に神にたて突くような
途方も無い旅路を妖精のパックと共に続けていました。

 

ゴット・ハンドが地上へと降臨する際に多くの“使徒”と
呼ばれる存在が生まれ彼らは魔物らを使役すると残虐非道な手段で
人々を殺し村や町さらには国さえ蹂躙するのです。

 

そんな使徒や魔物に対しガッツは正に
狂戦士(ベルセルク)と化して戦うのでした。

 

ベルセルク
ベルセルク

 

全ては吊るし首とされ死んだ母親の骸から
泥の中へと産み落とされた赤ん坊より始まります。

 

その赤ん坊は通りかかった傭兵団に拾われガッツと名付けられると
幼い頃より剣士として育てられますが数年後養い親に殺されかけ
傭兵団を脱走するのでした。

 

その後は流れの傭兵として戦場を転々としていたガッツは
近頃戦場で名を上げてきた部隊「鷹の団」の団長グリフィスに気に入られ
自分たちの仲間にならないかと誘われます。

 

そんなグリフィスの申し出を断るガッツでしたが
鷹の団への入団を賭けた決闘に敗れ団員となるのでした。

 

そうして切り込み隊長として幾つもの武功を立てたガッツは
鷹の団の中で百人隊長となり大切な仲間やそして友人グリフィスを得るのです。

 

グリフィスは平民出ではありましたが美しい相貌と聡明な頭脳を持つ
優れた指揮官で人々を率いるそのカリスマ性以外にも謀略さえ
平然とやってのける冷徹さをも併せ持つ人物。

 

グリフィスとガッツこの二人により鷹の団は
次第に国の騎士団とも肩を並べるようになるのでした。

 

ですがガッツはグリフィスと対等な友になる為にと鷹の団を去ってしまい
そのことで自暴自棄気味となっていたグリフィスは自分たちが仕える
国の王女であるシャルロットと姦通してしまいます。

 

怒り狂った王はグリフィスを捕らえると再生の塔の地下へと監禁し
舌や手足の腱を切りとった上に毎日拷問を繰り返しグリフィスを
廃人同然の身体としてしまいその上彼が率いていた鷹の団を
反逆者として扱うのでした。

 

一方武者修行に出ていたガッツは鷹の団やグリフィスの身に起きた
一連の出来事を知ると仲間と共に命懸けでグリフィスを救い出すのです。

 

そして追っ手から必死に逃げる中以前グリフィスがなくした
真紅の“ベへリット”が何故か再びその手元に戻ってしまいます。

 

グリフィスの血と渇望によりベヘリットを中心に怪現象が起きると
もう一度“夢”を求めるグリフィスの願いは聞き入られ
5人のゴット・ハンドが現世へと召喚。

 

それによりガッツや鷹の団の運命を大きく変えてしまう
凄惨な“蝕”がおこなわれてしまうのでした。

 

ベルセルクを読んでみる

 

サイト内より【ベルセルク】と検索。

 

BookLive

 

ベルセルクのネタバレ! ゴッド・ハンドと光の鷹

 

真紅のベヘリットは異界への呼び水でもあり所有者が
とうてい贖うことなど出来ないであろう渇望や絶望に襲われ
所有者の流した血により発動。

 

その後はゴット・ハンドが現れると同時に降魔の儀が行われ
呼び出した者は自身にとって最も大切なものを
“贄”として捧げることで「使徒」になれるのでした。

 

ですがグリフィスは自身にとって最も大切な友であるガッツを
そして鷹の団の仲間たちを生け贄とすることで第5のゴット・ハンドである
「フェムト」に転生してしまいます。

 

ベルセルク
ベルセルク

 

多くの仲間が贄として魔物たちに蹂躙されながら殺される様を
愛する女性キャスカがグリフィスに犯される姿を目の前にしながら
ガッツはすんでのところでキャスカ共々どくろの騎士に救われるのでした。

 

ですがキャスカは蝕での凄惨な出来事により気狂いとなってしまい
ガッツの子を宿していましたがグリフィスにより魔を宿した赤ん坊として
産み落とされてしまいます。

 

仲間を友をそして最愛の女性と産まれる前だった子供さえ失ったガッツは
グリフィスが関わるであろう使徒を倒しながらゴットハンドを探す旅に出るのでした。

 

ベルセルクを試し読みしてみる

 

サイト内より【ベルセルク】と検索。

 

ベルセルクの感想! 大人のためのダーク・ファンタジー

 

この『ベルセルク』は物語のそこあそこに人間が魔物に嬲り殺されるシーンが
殺され正に八つ裂きにされる描写が大変多い作品です。

 

残酷で悲惨でですがだからこそ人の素晴らしさや
魂の在り方さえ知らしめてくれるのかもしれません。

 

ベルセルク
ベルセルク

 

グリフィスにより多くのものを奪われてしまうガッツですが
そんな彼の傍には何時も彼を気遣う妖精のパックが居ます。

 

そして黒い剣士に憧れる弟子見習いのイシドロや魔法使いのシールケ
更には大貴族のファルネーゼや従者のセルピコなどもガッツの
その壮絶な旅路に随伴するのです。

 

何故なら彼らの立場や目的は違っていても皆がガッツという
大きな宿業を背負った人間の生き様をその道行きを共に歩きたいと
思ったからなのでしょう。

 

ある者は放ってはおけずある者は憧れてある者は
その生き方に自分を重ねそしてある者は師匠から託されて。

そうしていつの間にかガッツは失っていた仲間を
鷹の団で失くしてしまったかがり火のような温もりを
再びその手に入れることとなるのです。

 

大人の為に描かれたファンタジーと言っても過言ではない『ベルセルク』
皆さんもガッツと一緒に闇の深淵を覗いてみてはいかがでしょうか。

 

ベルセルクを試し読みするならこちら

 

サイト内より【ベルセルク】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態