望まれない子のネタバレと結末!感想やあらすじのまとめ

nozomarenaiko

この記事は約 13 分で読めます。



ストーリーな女たちで連載の蕪木彩子先生の作品
望まれない子~虐待が残した心的外傷~。

 

虐待やいじめなどの生い立ちをテーマにした体験談…。

 

父から受けた性的虐待によって心的外傷後ストレス障害
(PTSD)になった女性のお話。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【望まれない子】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

望まれない子を無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

望まれない子のネタバレと結末!感想やあらすじのまとめ

2016.03.10

望まれない子のあらすじは?

 

純子は小さいころから父親には俺に逆らうなと言われ
母親にはおまえなんか望んで産んだ子じゃないと
本当は産みたくなかったと言われ
私は必要とされていない望まれないで生まれてきた子だと
ずっと思いながら大人になりました…。

 

彼氏もでき1年前から同棲をしていましたが
SEXが苦手で特に性器を咥えることには
嫌悪感まであるほどでした…。

 

彼氏の隆はそれでも純子のことが好きで
純子と愛し合えなくても一緒にいたのですが
隆には1つだけ欠点がありました。

 

それはいつまでも就職をせず
フリーターでいること…。

 

純子もフリーターで2人してフリーターじゃ
将来が不安だという純子ですが隆は
就職するつもりがない。

 

しかもどこいってもうまくいかない隆は
フリーターならいつでもやめられるしと
アルバイトも転々としていたのです…。

 

ある日の夜、隆がアルバイトを辞めてきて
就職する気がないのかと話をすると
うざいとケンカになるのでした。

 

怒鳴られたことでビクビクし始める純子…。

 

望まれない子
望まれない子~虐待が残した心的外傷~

 

こんなんじゃもうやっていけないかもと言って
隆は出て行ってしまうのでした――。

 

SEXだけじゃなくケンカをするたびに
自分は必要とされていないんだと絶望感で
落ち込み情けない女になっている純子。

 

すべてはあいつらのせいだと思うのです。

 

それは純子が思い出したくもない忌まわしい過去の出来事…。

 

まだ小さかった純子は酔って帰ってくる父親に
一緒にお風呂に入ろうと誘われます。

 

その言葉に反応する母親と逃げようとする純子。

 

嫌がっても無理やり父親にお風呂に連れて行かれ
ここはオシッコが出るところだからしっかりと
洗わないとと言われ洗われたり今度は純子が洗う番と
父親の性器を洗わされ更には口でと言い出すのです…。

 

汚いから嫌と言うと殴る蹴るの暴力で従うしかなく
その様子を母親はすごい形相で見ていて――。

 

望まれない子を読んでみる

 

サイト内より【望まれない子】と検索。

 

望まれない子のネタバレやその後の展開!

 

純子は父親にさせられたことを母親に言おうとするも
母親はすごい形相で話も聞いてもらえないのです。

 

そんな母親は父親のご機嫌を取ろうとごちそうを作り
帰りを待っていたりするのですがお酒を飲みながら
事務の女性のお尻を触ったらまんざらでもなかったとか
飲み屋のママとショッピングに行くからそしたら
何か買ってやるかとそんな話ばかりで更に母親は
機嫌が悪くなり純子にあたるのです…。

 

食事中にテレビを観ていてこぼしたりすると
小学生にもなってまともに食べれないのかと
手を叩かれだらしないとかダメな子と言われるのです。

 

その日もパパとお風呂に入ろうと誘われ
逃げると叩かれる純子…。

 

望まれない子
望まれない子~虐待が残した心的外傷~

 

その様子を母親は見ても止めるどころか
弟の裕也と一緒に別の部屋に行きます。

 

母親は父親に抱かれたく誘うも断られ
そんなときは極端に機嫌が悪く
母親も純子を叩いたりしていました。

 

純子の子とはほったらかしなのに
弟だけは溺愛しており好きな物を
買ってあげたりする感じで…。

 

ある日、純子は母親にどうして私は
可愛がられないのかと聞くのですが
母親はおまえなんか望んで産んだ子じゃない
今冬は産みたくなかったと答えるのです。

 

それでも純子は母親の愛情が欲しく
誕生日に鉢植えをプレゼントしたら
喜ばれたという友達の話を聞き
純子も少ないお小遣いを数か月前から
貯め始めてやっとの思いでりんどうの花を
植木鉢をプレゼントするのですが…。

 

母親は喜ぶどころか自分が年を取るのが
そんなに嬉しいのかとバカにするなと怒り
更にはこんなんで自分のご機嫌を取るなんて
考えが見え見えだとバカな子だと言われます。

 

一方の弟の裕也のプレゼントにはちょうどハンカチが
欲しかったと大切にすると喜ぶのです。

 

それでも庭には純子がプレゼントした鉢植えがあり
なんだかんだ言っても育ててくれて本心では
嬉しかったんだと幸せになる純子…。

 

そんな幸せな純子の気持ちは裏切られることになるのです。

 

ある日いつものように酔って帰ってきた父親は
久しぶりに一緒にお風呂に入ろうと純子を誘い
無理やり純子にさせるのですが何年生になったか聞き
4年生になったと答えるとそろそろこっちも大丈夫ではと
純子としようとしてきたのです。

 

純子は恐ろしくなってお風呂から逃げ
母親に助けを求めるのですが母親は
汚らわしいとどこかへ…。

 

父親には首を絞められ仕舞いには裸のまま
自分に逆らうとどうなるか外で頭でも冷やせと
外に追い出されてしまうのです…。

 

そこには純子がプレゼントした鉢植えもありました。

 

しかしその鉢植えはホコリをかぶって枯れており
燃えないゴミと一緒に投げ捨てられていたのです…。

 

つぼみよ早く開けと花よ早く咲けと
楽しみにしていた純子…。

 

ママひどいよとこらえきれず声を出して泣いたのでした…。

 

望まれない子を試し読みしてみる

 

サイト内より【望まれない子】と検索。

 

BookLive

 

望まれない子の結末は?

 

純子が中学生になったころ友達と出かけ
自分は風俗嬢の代わりをさせられていたんだと
そのとき初めて知ることになります。

 

気持ちが悪くなりその場で吐いてしまうのですが
何もかもを忘れたくて勉強に没頭し
志望大学に合格した純子。

 

大学のコンパでは彼氏もでき
きれいな手だとほめられたりして
幸せな感じでした。

 

しかし手をほめられたことを母親に言うと
母親は自分の手と比べどうせ私の手は汚いし
そんなことを自慢するなんてほんといやな子だと…。

 

そのとき純子は自分をにらむ母の目には
明らかに嫉妬が感じ取れ女が女に
嫉妬している目だと思うのです。

 

望まれない子
望まれない子~虐待が残した心的外傷~

 

そしてこんな手さえ汚くなれば
嫉妬されなく嫌味を言われなくなると
自分で自分の手の甲に根性焼きを
たくさん作るのでした…。

 

しかし母親はその手を見て自分に虐待されていると
みんなに見せつけようとしているのかと
悪知恵の働く子だと言われるのです。

 

しかし自分を罵りながらも母の口元はかすかに
笑っており自分より美しい者はたとえ娘でも
許せず母は母親というより女だったのです…。

 

そんな手になったことで彼氏ともうまくいかなくなり
別れることになってしまった純子…。

 

大学生になってもまだ純子は家で暮らしていて
洗濯ものを取り込んだりしていたのですが
そのとき弟の裕也が小さいころにプレゼントした
あのハンカチを今も母親が大事にしていると知り
自分がプレゼントしたりんどうは枯れてしまったのにと
そのことを発端に過去の忌々しい記憶が
一気に噴き出して――。

 

純子は虐待が原因で心的外傷後ストレス障害で
心療内科に入退院を繰り返しそのことで
大学も中退せざるをえなくなりお金のことで
父親には責められ母親にはだから産みたくなかったと
罵られるのです…。

 

望まれないで生まれてきた子だからって
虐待しないでと思う純子――。

 

それから純子は家を出て1人で暮らすことに。

 

母親は心配するどころか泣きごとを言って戻ってきても
もう家に入れてやらないと言うのでした。

 

そして純子はアルバイトをして1人生きていくのですが
バイト先で彼氏の隆と知り合ったのです。

 

バイト先でちょっと怒られるとビクビクしていたのですが
その様子から隆は君の気持ちがなんとなくわかる気がすると
自分も子どもの頃虐待されていたと言いいい加減な所もあるけど
気が合うと付き合うようになったのでした。

 

隆と一緒にいると落ち着くと思う純子でしたが
それでも忌々しい記憶を呼び起こして
SEXだけは苦手だったのです…。

 

そして隆のことが好きだから一緒に幸せになりたいけど
フリーターじゃ将来が不安だと言ってケンカになった日
あの日以来、隆は出て行ってしまい何日も帰ってこなく…。

 

今度こそ本当に別れるのかとまた
忌々しい記憶に悩まされるのです。

 

自分の幸せのつぼみは咲くことなくりんどうのように
あのとき枯れ果ててしまったんだと…。

 

私は望まれない子で必要のない子と思った純子は
これから生きていてもいいことなんか1つもないし
こんな私なんて死んだほうがと自殺を――。

 

しかしその瞬間、隆が帰ってきて
何をやっているんだと怒るのです。

 

死なれたら俺が困るし1人になって考え
自分には純子が必要だしいないとダメなんだと。

 

そしてスーツを着て現れた隆は
就職先を決めてきたと言うのです。

 

就職を嫌っていた隆が純子のために就職し
自分を必要としてくれている人がここにいる
隆に望まれていると思うのです。

 

少しずつ一緒に心の傷を克服していこうと言われ
私はまだ枯れ果てていなかった隆の愛情で
私に幸せな花を咲かせてと思う純子でした――。

 

望まれない子を試し読みするならこちら

 

サイト内より【望まれない子】と検索。

 

望まれない子の感想は?

 

純子のように実の父親から性的虐待を受けるのは
あまりないことのようにも思えますがそれでも
父親からも母親からも虐待され大人になったなんて
あまりにもかわいそうなことですよね…。

 

子どもは母親の愛情を欲しいもの…。

 

なのに生まれてこなければ良かったと言われ
喜んで欲しくてプレゼントしたのにそれも
機嫌を取ろうとしていると言われたり
ゴミと一緒に投げ捨てられているなんて…。

 

このシーンを見たとき泣きそうになってしまいました。

 

望まれない子
望まれない子~虐待が残した心的外傷~

 

自分のことを思ってプレゼントしてくれたのに
どうしてこんなことまでするんだろうと…。

 

しかも純子は父親に裸のまま外に出され
近所の人は誰も気づかなかったのかと…。

 

結果的には彼氏の隆と幸せになった純子ですが
もしあのとき誰かが手を差し伸べていれば
施設などに引き取られ心的外傷後ストレス障害で
入退院を繰り返すことはなかったのではと思ってしまいます。

 

それにしても純子は父親との真実を知って
ぐれたりせずに勉強に没頭なんてすごいと思います。

 

しかも大学生になっても家にいたのですから…。

 

きっと私なら中学を卒業したら
家を出ているのではと思ってしまいます。

 

心に傷を負ってしまった純子ですが
その心の痛みをわかる隆と知り合い
自分のために仕事も探してくれてこれからは
幸せな毎日が待っているのでしょうね。

 

望まれない子として産まれた純子だからこそ
自分の子には愛情たっぷり注いで
育てていってほしいなと思います。

 

望まれない子を読むならこちら

 

サイト内より【望まれない子】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態