娘を売る街 昭和の赤線・吉原のネタバレと感想に結末!試し読みやあらすじもあり


この記事は約 12 分で読めます。


安武わたる先生の作品の娘を売る街~昭和の赤線・吉原~。

 

結納を済ませ半年後には祝言をあげることが決まっていた加恵。

 

しかし不始末の儀によって父親が切腹して亡くなり
家禄没収、家屋敷は召し上げられ断絶・・・。

 

加恵は吉原に売られてしまうのですが
父親の死はハメられたものだということがわかり――・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 スカートの中はケダモノでした。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【娘を売る街】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を無料で立ち読み

 

ストーリーな女たちのその他の作品はこちら

安武わたる先生のその他の作品はこちら

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原のあらすじは?

 

女郎にすることはコレ以外ないと無理やりさせられ
なぜ私が吉原の女郎にと思いながら父親に助けを呼ぶ女性――・・・。

 

彼女は片倉加恵という旗本二千石 普請奉行
片倉清エ門の娘。

 

結納が済み半年後には五百石の佐々木家の次男坊と
祝言をあげることが決まっておりました。

 

佐々木家の次男坊を愛おしく思ったりはしていませんでしたが
式をあげたらそう思えるのかと思ったりもしていたのです。

 

そんな加恵の父である清エ門は勤めでいろいろあり
ふさいでいたのですがこの日は元気そうで
加恵も安心していました。

 

しかしこの日の清エ門の言葉が加恵には
まるで遺言のように思ってしまったのです。

 

「幸せにのう加恵」

 

後日、清エ門は不始末の儀によって切腹を申し付けられ
亡くなってしまったのです。

 

清エ門は賄賂ばかりかお上の金子まで着服し
同じ普請奉行の松坂の訴えで明るみに出たと・・・。

 

家禄没収、家屋敷は召し上げられ断絶
とばっちりを恐れいいなづけの佐々木家も
親類縁者も必死で我関セズ・・・。

 

父親が亡くなったことなどから加恵は放心状態で
そんな加恵に札差はうちのお店に借金があったと
松坂の言う通りにしろと言い出し
口を押さえられ無理やり犯されたのです。

 

悪い夢がずっと続いていると思う加恵・・・。

 

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~
娘を売る街~昭和の赤線・吉原~

 

札差はいっそこのまま松坂のお妾にと言いますが
見せしめは必要だと
加恵を裏通りの小見世に売ったのでした。

 

この悪夢はいつ覚めるのかと亡き父に助けを求めながら
客を取らされる加恵・・・。

 

加恵は美女で名高く上玉なため小見世の者も
上玉なのに妙だと言う始末。

 

ワケありの身だからなるべく悪いところで
使ってくれと言われたようです。

 

しかも加恵は「こそで」という名で売られたようで・・・。

 

小見世の食事は加恵には耐えられないものでした。

 

そこの女郎たちは白いご飯が食べられるだけで
ありがたいと言いますがすえているため
加恵は吐き出してしまいます。

 

また加恵は若くて美しいため一見の客はつきますが
呆けているため2度目が続かないのです。

 

それでも味見をしてみたいという客もいて
それが他の女郎の客だったために
客を取ったと殴られたりも・・・。

 

悪夢が覚めず今までの生活に戻りたい加恵は
死ねばきっとあっちに戻れると首を吊ろうと――・・・。

 

しかしそこに通りかかった者の話を聞いてしまったのです。

 

清エ門はハメられたということを・・・。

 

本当の悪事は松坂でそれを暴こうとした清エ門が
返り討ちにあったのでした。

 

そう、加恵を無理やり犯した男――・・・。

 

周りも薄々気付いているようですが松坂の権勢に怯え
見ざる言わざると決め込んでいるようで・・・。

 

死のうと思った間際に真実を知ってしまった加恵。

 

果たして加恵はどうするのでしょうか・・・。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を読んでみる

 

サイト内より【娘を売る街】と検索。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原のネタバレとその後の展開は?

 

父の死の真相を知ってしまった加恵。

 

それと同時に悪夢ではなくここが真実だと知り
加恵は目が覚めて思い知ったのです。

 

あれこそがもう夢なのだと・・・。

 

そして加恵は楼主さまにお願いがあると
自分を一番えらい花魁にしてほしいと言い出したのです。

 

ここで死なない・・・死んでたまるか
父の私の恨みを晴らすまで――。

 

どうすれば敵を討てるかわからない加恵ですが
まずここで生き延びなければ・・・
生き延びて力を付けなければと懸命に客を取ります。

 

そして川岸の小見世にいた下っ端女郎が反籬(中見世)の
部屋持ちに出世したと噂になったのでした。

 

また女郎たちの信心を集める九郎助稲荷へのお参りは
毎日欠かしたことがありません。

 

そして思うのです。

 

いつになったら仇が討てるのだろうかと・・・。

 

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~
娘を売る街~昭和の赤線・吉原~

 

そんなとき一匹の野良犬が加恵に襲い掛かってきました。

 

寸でのところで1人の若者が代わりに噛まれ
加恵を助けたのでした。

 

加恵は若者を自分の部屋に連れて行き
犬に噛まれた着物をくつろぎ
そしてお礼にと若者を誘ったのでした。

 

若者は友人に吉原に連れてこられたものの
白粉の匂いが苦手な上に女が嫌いだったのですが
加恵は別だと思うのです。

 

そしてまた来ると約束し別れる2人でしたが
その若者があの松坂の息子だと知るのでした。

 

若者の名は松坂勇之進。

 

勇之進が松坂の息子と知り動揺する加恵でしたが
松坂の息子を落とすことに決めたのです。

 

そして勇之進は加恵を身請けすると言い出しました。

 

楼主は身請け直前に鞍替えさせて
値をつり上げようとしますが
加恵は独り身のうちに妾を置いてはと言いますが
勇之進はこう言うのでした。

 

「妾ではないわしの妻にだ」

 

勇之進は妾としてではなく妻として
加恵を迎え入れようとしたのです。

 

しかし三千石の旗本のご嫡男が吉原の女郎を妻になど
親が許すわけがありません。

 

しかもその女郎は自分が陥れた男の娘で
無理やり犯し吉原に売った女・・・。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を試し読みしてみる

 

サイト内より【娘を売る街】と検索。

 

君が好きだから

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原の気になる結末は?

 

勇之進が妾ではなく妻として身請けしたいと
そう言ってくれたことが嬉しかったのか
加恵は初めて客を取らされた時より
辛くなるのでした。

 

そして加恵に1人のお武家様がお客としてやってきました。

 

頭巾をかぶって顔を隠していましたが
頭巾をかぶったままではお酒も飲めないと
取るように勧めるとこう言われるのです。

 

「女は怖いのうここまで化けるとは」

 

頭巾を取ったお武家様はなんと松坂だったのです。

 

松坂は自慢の息子が女郎にたぶらかされ
調べてみると加恵だと知りとんだい意趣返しだと
やってきたのでした。

 

いつか必ず現れると思っていた松坂が目の前に現れ
加恵はしまってあった刀を取り出し
父の仇打ちをしようとしますが押さえられてしまい
首を絞められ殺されそうに・・・。

 

客の遊びが過ぎて女郎が死ぬことは珍しくないと
兼ねさえ払えば女郎の命など買えると殺そうとしたそのとき――。

 

後ろから勇之進が現れ松坂の首に刀を――・・・。

 

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~
娘を売る街~昭和の赤線・吉原~

 

勇之進は父親が加恵のところに向かったと聞いて追いかけ
加恵を殺そうとしている父親を止めようとしただけでしたが
殺してしまったのでした。

 

騒ぎに駆けつけた見世の者に見つかり勇之進は逃げますが
九郎助の前で切腹して果てたのです。

 

女郎を取り合って父子が斬り合ったと噂は吉原中を巡り
もみ消しも叶わず不行跡のカドで松坂家はお取りつぶし・・・。

 

そんな取り合いになったと噂になった加恵はというと
たいそうな評判になったため大見世が三顧の礼で迎えられ
またみごと父の仇討ちを果たしたのでした。

 

そして加恵は花魁道中を歩きながら思うのです。

 

勇之進は何も知らずに逝ってしまい
それが良かったのか悪かったのか・・・。

 

しかし女郎は客を騙すのが務め。

 

ましてここは吉原で騙し騙され真実のない
妓にも客にも地獄と・・・。

 

そして自分はみごと女郎になったと涙するのでした・・・。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を読んでみるならこちら

 

サイト内より【娘を売る街】と検索。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原の感想は?

 

ストーリーな女たちの作品である本作。

 

時代もので借金で吉原に売られるのはよく聞く話。

 

ただ加恵の場合は父親がハメられ自分は吉原に売られ
しかもワケありの身だから
なるべく悪いところで使ってと小見世に・・・。

 

最初は現実を受け入れられない感じで
客を取らされている毎日でしたが
父親の死の真実を知り目が覚めました。

 

それからの加恵は生き延びるために懸命に客を取り
そして中見世で部屋持ちになるまで出世。

 

娘を売る街~昭和の赤線・吉原~
娘を売る街~昭和の赤線・吉原~

 

いつかは仇を討つと頑張っていて
そこに現れた仇の息子である勇之進。

 

父親とは違いとても好青年といった感じで
妾としてではなく妻として加恵を
身請けしたいとまで言い出しました。

 

女郎は騙すのが務めと加恵は言っていましたが
それでも本心は勇之進のことを
思っていたのではと思ってしまいます。

 

加恵の願いは仇討ちなので勇之進とのハッピーエンドは
絶対になかったと思いますがそれでも
勇之進と幸せになって欲しかったと思ってしまいます。

 

娘を売る街 昭和の赤線・吉原を読んでみるならこちら

 

サイト内より【娘を売る街】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
君が好きだから~
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

恋するランジェリー 学園の地下室には制服処女が飼われている。】