海の闇、月の影のネタバレと感想に結末(最終回)!無料試し読みやあらすじも


この記事は約 8 分で読めます。



篠原千絵先生の作品の海の闇、月の影。

 

仲の良い双子の姉妹・流風と流水は同じ陸上部の先輩である
当麻克之に想いを寄せているが克之が選んだのは
妹である流風であり流水もそれを受け入れた。

 

ある日の送別会を兼ねた女子陸上部のハイキングで
雨宿りのため訪れた古墳の中で異臭を感じた面々は
双子を残してすべて死亡してしまう。

 

その出来事は徐々に双子の人生を狂わせていく――・・・!!

 

「天は赤い河のほとり」「闇のパープル・アイ」などで知られる
ミステリーの女王・篠原千絵先生の傑作!

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【海の闇、月の影】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

海の闇、月の影を無料で立ち読み

 

海の闇、月の影のあらすじは?

 

陸上部所属の高校生・小早川流風は
同じ陸上部の先輩である当麻克之にいきなり告白されます。

 

流風もまた克之のことをずっと前から好きで
彼女が陸上部に入ったきっかけも彼でした。

 

嬉しくてたまらない流風でしたがなぜか
返事をすることなくその場をあとにしてしまいます。

 

そんな流風に声をかけてきたのは双子の姉である流水。

 

一卵性双生児である二人は一見どちらか分からないほど
そっくりでとても仲の良い姉妹でした。

 

流水は今のやり取りを聞いていたようで自分に遠慮して
返事をしなかった流風のことを叱り飛ばしたのです。

 

流水がどんなに先輩のことを好きか知っている流風は
複雑な気持ちになりますが流水の後押しもあって
返事をしようと決めたのでした。

 

そんな中、女子陸上部の面々は3年生の送別会も兼ねて
ハイキングに行くことになります。

 

海の闇、月の影
海の闇、月の影

 

しかし天候は最悪。

 

突然雨が降り出してしまい
偶然見つけた横穴で休憩することになります。

 

次第に雨は小降りになりそこを出ようとした瞬間
急に壁が崩れカビのような異臭を感じた
部員たちは次々と倒れてしまいます。

 

流風と流水もまた意識が薄れていき――・・・。

 

目が覚めた流風は病院のベッドの上でした。

 

駆けつけていた家族から流水と二人だけ無事で他の部員たちは
全員亡くなってしまったということが知らされます。

 

洞窟の中の空気が原因だと訴える流風に対し
流水は以前と何か様子が違っていて・・・。

 

海の闇、月の影を読んでみる

 

サイト内より【海の闇、月の影】と検索。

 

海の闇、月の影のネタバレとその後の展開は?

 

仲の良い双子の姉妹・流風と流水は陸上部のハイキングに
出掛けた際に事故に巻き込まれてしまいます。

 

雨宿りのために訪れた洞窟の中の空気を吸った部員たちは
流風と流水を残して亡くなってしまいました。

 

それまで同じように時を過ごしてきた姉妹は
その出来事がきっかけとなり
全く別の人生を送るようになってしまいます。

 

これまでと何ら変わらなかった流風に対し
姉の流水は人格が豹変
残忍な性格へと変貌してしまいます。

 

それだけでなく宙に浮き物体を通り抜けられる力を
身につけていた流水は次々と
殺人を犯すようになってしまったのです。

 

原因はもちろんあの洞窟の中のカビのような異臭――
ウイルスにありました。

 

他の部員たちはそのウイルスが原因で亡くなってしまいましたが
双子はウイルスに適応できたため無事だったのです。

 

しかしそのウイルスは克之を巡る双子の感情に作用してしまい
失恋してしまった流水には負の感情を与えたのです。

 

流水はどんな手を使っても克之を手に入れようと
画策するようになります。

 

時に流風を殺してでも克之を奪おうとしてくる流水・・・。

 

さらに流水は自分の血液で他人を意のままに
操る能力を持っていました。

 

飲み水や食事に少量混ぜるだけで効果を発揮する
流水の能力は容赦なく流風を襲うのです。

 

自分の家族や親しい人間でさえ
流水の能力の餌食になっていき――・・・。

 

海の闇、月の影
海の闇、月の影

 

そんな流水に対抗するうち流風もまた自分に
彼女と同じような特殊な能力が宿っていることに気づきます。

 

流水と決定的に違うのは流風の能力は
流水の血液感染の抗体を作り出せること。

 

その能力を使い流風は克之とともに
流水と戦うことを決意したのでした。

 

そんな中、イギリスより来日したジーン・アルバート・ジョンソンは
その天才的な頭脳でウイルスを解析・研究し
新たな能力を生み出して様々な人間を実験台にしていました。

 

ジーンは流風の血を混ぜると流水に操られている者を
正気に戻せ逆であれば既に流風の抗体を持った者でも
感染させられるという薬を開発します。

 

その薬の処方箋はジーンに作り上げられた
5組の能力者のもとに分散することになります。

 

流風と流水はその5枚の処方箋を巡って争うことになります。

 

二人の前に立ちはだかる様々な能力を持った人間たち。

 

時には共通の敵に対し協力して挑みながらも
先に処方箋を集めるため戦っていく流風と流水。

 

果たして先に処方箋を集めるのはどちらなのでしょうか?

 

双子であるがゆえに苦悩する彼女たちの
悲しくも美しい物語をぜひご覧ください!

 

驚愕の結末が待っています。

 

海の闇、月の影を試し読みしてみる

 

サイト内より【海の闇、月の影】と検索。

 

海の闇、月の影の感想は?

 

篠原千絵先生のこの作品はもうずいぶん前の
作品であるにも関わらず全く色あせない魅力がありました。

 

改めて読んでみると子供の頃読んでいた時とは
また違った印象を受けました。

 

物語の中で妹の流風はヒロイン、姉の流水は悪役といった
全く別のキャラクターとして描かれている双子の姉妹。

 

しかし今読むとどちらも主人公であり
悲しい運命を背負った登場人物として感じました。

 

特に流水は当時は悪でヒロインを苦しめる存在
としか考えていなかったのですが
彼女もまた心の中に抱えきれないほどの
悲しみを感じているんだと思いました。

 

海の闇、月の影
海の闇、月の影

 

しかも双子の妹と同じ男性を好きになってしまった悲しみも・・・。

 

結局は流風が恋人に選ばれ付き合うようになるのですが
結果が逆であっても流風が流水のようになってしまって
同じ結末だったのではないでしょうか。

 

なかなか長編ですので読むには根気がいりますが
主人公である二人に感情移入してしまって
ラストは涙なくしては読めません。

 

衝撃的な結末に驚きを隠せなかった
あの頃の気持ちを思い出してしまいました。

 

ミステリー要素だけでなく人間ドラマもたくさん詰まっていますので
興味のある方はぜひ読んでこの作品の虜になってください。

 

海の闇、月の影を読んでみるならこちら

 

サイト内より【海の闇、月の影】と検索。

 

食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。