恋詩(漫画)のネタバレと結末に感想!無料試し読みやあらすじも

koiuta

この記事は約 6 分で読めます。



今村リリィ先生の作品の恋詩~16歳×義父。

 

私を大切にしてくれたお父さんは私を守って死んでしまい
素直になれなかったお母さんも私をかばって死んでしまった。

 

そんな私を引き取ってくれたのは
血のつながりがないお母さんの恋人だった・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【恋詩】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋詩~16歳×義父を無料で立ち読み

 

恋詩~16歳×義父のあらすじは?

 

16歳の女子高生・咲生のお父さんは咲生のために
シチューを作ってくれる優しい父親でした。

 

バリバリと仕事をしている母親・美和子の代わりに
温かく包み込んでくれたお父さん。

 

そんなお父さんは咲生が幼いころ増水した川から
咲生を助けるために命を落としてしまっていました。

 

高校生になった咲生は寂しさを紛らわせるかのように
知らない男性とも一夜限りの関係を築くようになってしまいます。

 

恋詩~16歳×義父
恋詩~16歳×義父

 

仕事に没頭し自分を顧みることがなかった母親との生活が始まったのですが
いつしか母親には新しい恋人が・・・。

 

なんとそれは24歳無職(フリーター)の坂本彰吾。

 

そんな中、母親も自分のせいで命を落としてしまった・・・。

 

天涯孤独になった咲生をなんと
彰吾が父親として引き取ると言い始めて――!?

 

2人の関係はどうなっていくのか!

 

恋詩を読んでみる

 

サイト内より【恋詩】と検索。

 

BookLive

 

恋詩~16歳×義父のネタバレやその後の展開は?

 

咲生は自分と8つしか離れていない男と母親との交際も結婚も
認めていなかったのですがそんな咲生に告げられたのが突然の入籍。

 

どうして自分に何も相談してくれなかったのかと
自分より恋人を優先させる母親に対するいらだちを抱えながらも
母親の結婚式に向かいます。

 

しかしそこで幸せそうに笑っている母親を見た咲生は
自分の居場所を失ったように感じてしまったのです。

 

ショックのあまり走りだしてしまった咲生を追いかける美和子。

 

わき目も振らず走る美和子はタイミング悪く
車に轢かれ命を落としてしまったのでした。

 

幸せの絶頂にいたお母さんを自分のせいで死なせてしまった・・・。

 

とてつもない罪悪感を抱えながら
両親を失って天涯孤独になってしまった咲生。

 

しかしそんな咲生を引き取ると言い始めたのは
入籍をしてまだ数日の戸籍上の父親の彰吾でした。

 

最愛の人を殺してしまったはずなのに彰吾は
咲生の悲しみをすくいあげて受け止めようとしてくれる。

 

お互いがお互いを必要とし親子になることを決め共同生活を始めた2人。

 

恋詩~16歳×義父
恋詩~16歳×義父

 

しかしそれまで赤の他人だった2人の生活が
そんなに突然うまくいくはずがありません。

 

それでも真剣に咲生と向き合おうとする彰吾の姿に
咲生は徐々に心を惹かれていく――・・・。

 

強い寂しさを抱えている咲生は自分のことを愛してくれる人を探して
一夜限りの関係を男性と結ぶことをやめられませんでした。

 

自分の傷を癒すため愛してくれる人を探す咲生。

 

あるとき咲生は彰吾の弟・諒太と出会います。

 

諒太から彰吾の重い過去を聞き彰吾が自分に対して
真剣に向かい合おうとする理由を知ります。

 

諒太と親しくするうちに諒太と交際を始めることになりますが
咲生の中で大きな存在となっていたのは諒太ではなく彰吾。

 

彰吾の優しさに触れるたびに揺れる恋心。

 

しかし彰吾は自分の義父であり恋愛対象なんて絶対になってはいけない。

 

ようやくつかみかけた安らぎや純粋な恋心は
この先どのような方向へと向かって行くのだろうか――?

 

恋詩を試し読みしてみる

 

サイト内より【恋詩】と検索。

 

恋詩~16歳×義父の感想は?

 

思春期や青年期の女の子が誰しも経験する可能性がある
危うさを持っている咲生。

 

自分の気持ちと上手く向き合うことができず一夜限りの男性との間に
抱えきれない気持ちを発散させてしまいます。

 

しかし彼女が本当に必要としていたのは心を大切にしてくれる相手。

 

自分が家族を殺したかもしれないと罪悪感を抱きながらも
自分の寂しさや孤独などを扱っていかなければいけない咲生。

 

ギリギリのところで保っている彼女の心の揺れ具合が
手に取る様に伝わってきます。

 

恋詩~16歳×義父
恋詩~16歳×義父

 

咲生を守ると決めた彰吾もまた人間。

 

漫画のようにいつまでも大きな器のように
包み込んでくれるわけではありません。

 

この話の大きな特徴は彰吾が決して正義の味方のように万能というわけではなく
咲生が決して不良少女や天真爛漫な少女というわけでもない所だと思います。

 

そんな漫画のような展開ではなくあたかもどこかで
繰り広げられている物語のようにとてもリアルで生き生きとした
物語の展開についつい引き込まれてしまいました。

 

一読する価値がある作品だと思います。

 

恋詩を読んでみるならこちら

 

サイト内より【恋詩】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態