帝一の國(漫画)のネタバレと最終回に感想!映画の原作を無料で試し読み

teiichinokuni

この記事は約 7 分で読めます。



古屋兎丸先生の作品の帝一の國。

 

数多の政治家や官僚を輩出し超名門校として
全国にその名を轟かせている海帝高等学校。

 

そこへ明確な目的を持って進学した新入生の赤場帝一。

 

海帝高等学校生徒会長になることを目標に
彼の過激な学校生活が今始まります――!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【帝一の國】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

帝一の國を無料で立ち読み

 

帝一の國のあらすじは?

 

東京都にある私立の中高一貫制の男子校、海帝高等学校。

 

数多くの政治家や官僚を生み出し
超有名校として全国にその名を轟かせています。

 

赤場帝一は総理大臣になり自分の国を作るという
人生の目的と野望のため海帝高等学校の
生徒会長になることを目指します。

 

海帝高等学校生徒会長は特典として日本一の
国立大学東都大への入学が約束されています。

 

また海帝高等学校生徒会長会は政治家や官僚にとって強い人脈で
海帝高等学校生徒会長になるということは将来が約束されたも同然。

 

そんな素晴らしい将来を約束された座を狙うのは
帝一だけではありません。

 

当然、他クラスのルーム長たちも智略巡らせ
ライバルを蹴落とし這い上がろうとします。

 

もちろん帝一もやられっぱなしではありません。

 

帝一の國
帝一の國

 

表向きは品行方正、真面目であり優等生な帝一ですが
そこからは想像もできないような卑怯な手を使います。

 

時には相棒である公明の発明品を使って相手を蹴落とすことも。

 

熾烈な争いを日夜繰り広げる帝一たちですが
時には学生らしい甘酸っぱいイベントもあります。

 

花園女子高校生の白鳥美美子。

 

帝一の彼女でありこっそりと糸電話を通して逢瀬を重ねています。

 

美少女である美美子に惚れるのは帝一だけではなく
ライバルたちも次々にその美しさに目を奪われ
彼女を物にしようと争い始めて――・・・。

 

果たして帝一は生徒会長となり
総理大臣へとなることができるのか?!

 

どんどん増えてくるライバルを蹴落とし
美美子との恋の行く末は――?!

 

帝一の國を読んでみる

 

サイト内より【帝一の國】と検索。

 

BookLive

 

帝一の國のネタバレとその後の展開は?

 

帝一の父・譲介も実は同校出身であり東郷の父親と
生徒会長の座をかけて戦ったことがあります。

 

奇しくも僅か1票の差で譲介は敗れてしまい苦汁を舐めさせられ
譲介の無念は計り知れず息子の名前にもそれは如実に表れています。

 

海帝高等学校で一番の男になれ・・・
それが帝一の名前の由来。

 

この一番とは海底高等学校生徒会長のこと。

 

生徒会長の座を手に入れるということは
総理大臣への道に一歩前進するということです。

 

そんな父の無念を晴らすべくまた自身の総理大臣になり
自分の国を作るという野望を胸に
帝一は海帝高等学校の門をくぐります。

 

目的のためならば手段を選ばない。

 

時には下劣で卑怯な手であってもそれが最善となれば
躊躇することなく帝一は選びます。

 

見た目と中身のギャップを一言で表すならば
まさに“真面目系クズ”。

 

政界さながらに政争を繰り広げる帝一ですが恋となると話は別。

 

帝一の國
帝一の國

 

恋人である白鳥美美子が相手となると
どうしても本領発揮(?)できません。

 

嫌われたくないがゆえにどうしても空回り。

 

気づけば恋のライバルはうじゃうじゃと出現します。

 

特に大鷹弾はあらゆる意味で最大のライバル。

 

朗らかな性格でありまた懐の広い彼に
生徒だけでなく美美子も惹かれていきます。

 

気づけば知らぬ間に泥沼三角関係となってしまいますが
そこは良家の子息と令嬢。

 

きちんと関係を一度清算して大鷹と同じ
スタートラインに立ち美美子へアタック。

 

もちろん接吻や抱擁をするとなると一大イベントと大騒ぎ。

 

生徒との政争時のときもそうですが
基本的に帝一の心の声はゲスそのもの。

 

たくさんの生徒や美美子との関わりを通して
徐々に帝一は“真面目系クズ”から成長していきます。

 

おそらく今まで失敗らしい失敗をしたことのない帝一が
挫折し落ち込むさまはすさまじいです。

 

そんな帝一が挫折を乗り越え、成長していく姿をお楽しみください!!

 

帝一の國を試し読みしてみる

 

サイト内より【帝一の國】と検索。

 

帝一の國の感想は?

 

表紙とタイトルだけを見ると帝一という儚げで真面目そうな少年が
何か頂点を目指すストーリーかと思います。

 

確かにストーリーも最終的には総理大臣を目指すというものですし
表向きの帝一は品行方正・真面目そのもので間違ってはいません。

 

ですがそれ以上に帝一の本音や思考がひどい!(笑)

 

もはや二重人格を疑うレベルです!!

 

ピンポイントで大きく達筆な字で随所に書かれています。

 

実際に読んでいただくとわかりますが本当に
「“真面目系クズ”とは帝一のことか!」
と言いたくなっちゃいます。(笑)

 

帝一の國
帝一の國

 

けれどそんな帝一ですが大好きな美美子のこととなると
奥手で誠実そのもの。

 

嫌われるのを怖がり一生懸命アピールする姿は
年相応の高校生男子です。

 

ただ良家の子息だからなのか元々の性格なのか
美美子へのアピールが奇抜すぎるときはありますが。

 

基本的にはギャグ調ですが帝一が挫折し落ち込むとき
仲間と仲違いするとき高度な知能戦を
繰り広げているとき等は非常にシリアスです。

 

ただし落差が激しいので実際のストーリー以上に展開が早く感じ
全14巻ですがあっという間に読み進めることができます。

 

舞台化されており実写映画化の本作。

 

ぜひ一度、手に取って帝一ワールドをお楽しみください!!

 

帝一の國を読んでみるならこちら

 

サイト内より【帝一の國】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態