セキララニキス(漫画)のネタバレと感想!試し読みやあらすじも

sekiraranikiss

この記事は約 6 分で読めます。



芥文絵先生の作品のセキララニキス。

 

周りに嫌われたくない・・・そんな思いを
強く抱きながら生きてきた高校生の千歳。

 

本当の自分より周りが求める自分の仮面を
かぶって生きていくはずだった・・・。

 

彼に出会うまでは――・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【セキララニキス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セキララニキスを無料で立ち読み

 

セキララニキスのあらすじは?

 

高校生の千歳は周りの人に対して
仮面をかぶることで生活をしてきました。

 

完ぺきな笑顔に完ぺきな受け答え。

 

彼女がそうなってしまったのは過去に理由がありました。

 

彼女の家は多国籍料理屋を経営しており
彼女の洋服にはスパイスの香りが染みついている。

 

それがきっかけで小学生の時に臭いと同級生から
いじめられてしまっていた経験を持つ彼女は笑顔で愛想よくすること
清潔な格好をすることで人から嫌われないように過ごすことで
何とか自分を守ってきたのです。

 

人から気われることが怖くて分厚い仮面を
自らの顔にかぶせてしまっていたのでした。

 

家族に対しても友達に対してもいつの間にか
自分自身に対しても仮面をかぶるようになった千歳。

 

誰にも素顔を知られちゃいけない自分の素顔は嫌われてしまう。

 

必死で仮面を付け続ける彼女の前に現れたのは
端正な顔立ちと射抜くような目を持つ男の子・樹でした。

 

セキララニキス
セキララニキス

 

街で見かけただけの彼を思わず追いかける千歳。

 

いつもの仮面で樹に接するもののなぜか上手くいかない・・・。

 

自分の心を見透かされているような不安と
自分を見つけてくれた安心感を抱えながら
不思議と千歳は樹に惹かれていくのでした。

 

樹は美大の予備校生。

 

樹のことが知りたい仮面じゃない自分を知って欲しい。

 

そんな思いに駆られた千歳は予備校の体験に参加し
そこでの経験は生まれて初めてのことばかり。

 

楽しいと思えることをやる、そんな当たり前の気持ちを
大切にしていいのかと戸惑う千歳がわかったたった1つこと。

 

それは仮面を取りたいという強い気持ち。

 

果たして千歳は仮面を剥がすことができるのか・・・
そして樹との関係はどうなっていくのか――・・・?

 

セキララニキスを読んでみる

 

サイト内より【セキララニキス】と検索。

 

BookLive

 

セキララニキスのネタバレとその後の展開は?

 

樹にぶつかっていきたいけどそのためには
仮面を剥がさないといけない。

 

本当の自分で樹と関わりたい・・・。

 

様々な思いを抱く千歳が最初に気がついたことは
物を作ることや絵を描くことで
彼女が本当に楽しいと思っていることでした。

 

樹の助けを借りて美大の予備校に通いたいと
両親に打ち明けることができた千歳は
樹と同じ予備校に通うことになります。

 

樹は多国籍料理屋で販売している
千歳の作る小物のファンであったといいます。

 

自分が作ったものを好きでいてくれる人がいる
そして認めてくれる人がいる。

 

それがこんなに嬉しいことだったなんてと
樹と関わっていくうちに
少しずつ自分の本当に気持ちが動き始めます。

 

セキララニキス
セキララニキス

 

そして予備校に通い初めて仲間と呼べる人や
自分の意見を聞いてくれる人が出来ました。

 

ありのままの仮面を外した自分を受け入れてくれる人がいることが
こんなに素敵な経験になるなんて知らなかった・・・。

 

少しずつ仮面がはがれていき生き生きと輝き始めた千歳。

 

果たして彼女の樹への思いはどうなるのか?

 

そして輝き始めた千歳のことを
樹はどのように感じているのか?

 

まだまだこれからの展開が楽しみな作品です。

 

セキララニキスを試し読みしてみる

 

サイト内より【セキララニキス】と検索。

 

セキララニキスの感想は?

 

仮面をつけて生きてしまうそれは
誰にでもあることじゃないでしょうか。

 

嫌われたくないでも本当の私を好きになって欲しい
本当の私を見つけて欲しい・・・。

 

誰しもが共感することができるそんな気持ちが
等身大で描かれている本作についつい引き込まれてしまいます。

 

大人の女性になっても昔のその感覚は忘れません。

 

高校生くらいの苦かったあの頃。

 

あるあると思いながらページをめくる手が止まりませんでした。

 

セキララニキス
セキララニキス

 

まだまだ明らかになっていない題名の秘密も楽しみの一つ。

 

やっぱり自分に素直な人や仮面を脱いでいる人は
キラキラと輝いている人が多いように思います。

 

大人になって仮面を脱げるかどうかはこれくらいの時期に
出会う人にありのままの自分を受け入れてもらえる
素敵な経験をするかどうかが大きく関与している気がします。

 

そんな素敵な出会いの中で千歳が
どうなっていくのかがとても楽しみな作品です。

 

セキララニキスを読んでみるならこちら

 

サイト内より【セキララニキス】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態