ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEのネタバレと最終回(結末)!感想や試し読みのまとめ

tsubasa

この記事は約 8 分で読めます。



超有名漫画家集団CLAMP先生の作品の
ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE。

 

サクラと小狼の二人は仲のいい幼馴染。

 

立場も境遇も異なる二人ですが神官の雪兎も
互いが運命の人だと予見するなど絆は非常に固いです。

 

しかしある事件によってサクラの記憶は
「羽根」となり世界中に飛び散ってしまい・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEを無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

×××HOLiC(ホリック)のネタバレや結末!試し読みやあらすじも

2016.07.29

カードキャプターさくら(漫画)の最終回のネタバレと感想!

2016.07.11

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEのあらすじは?

 

まだ若いながらも考古学者として立派に活動をしている少年・小狼。

 

彼はこの日も数日似た渡る発掘を終え
父の写真に向けて成果を報告しています。

 

そんな彼の元へやってきた同じ年頃の少女。

 

名前はサクラ。

 

小狼を心配する元気いっぱいで天真爛漫な彼女は
この玖楼国の姫の姫でした。

 

小狼はもともと他の国にすんでいた人間でしたが
7年前に彼とおなじく考古学者だった父親が
玖楼の遺跡に興味を持ったことにより
父親と共にこの国に移住してきたのです。

 

この国の砂漠には埋もれた遺跡がある
それを発掘できればこの国の歴史がわかる・・・
そう語り危険を伴う砂漠での
発掘作業の準備を進めていた小狼の父。

 

しかし彼は結局、数年前に遺跡の発掘中に命を落としてしまいます。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE
ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE

 

それ以来、父親の遺志を継ぎ彼と自分自身の夢のために
考古学者となり発掘活動を続けている小狼。

 

そのこと自体は彼が選んだことでしたが
すっかり忙しくなったここ最近は
サクラと会える時間も減っており
互いに寂しさを覚えているようです。

 

サクラと小狼の二人は互いを幼馴染以上の特別な存在として見ています。

 

しかし立場の違いや中々会えなくなっていることにより
その気持ちを伝えてはいません。

 

サクラはその日の帰り際、次に会ったらこの日言いそびれてしまった
言葉を言うと約束し城へと帰っていきます。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEを読んでみる

 

サイト内より【ツバサ】と検索。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEのネタバレとその後の展開は?

 

玖楼の城に仕える神官の雪兎の言によると
サクラの運命の人は小狼なのだということ。

 

王である桃矢も雪兎の予見が違えるわけがないと
その言葉を信じている様子ですが雪兎は二人には
とてつもない困難がまっているとも視えたと呟きます。

 

サクラには世界をも変える不思議な力がある
そしてその力が困難と波乱を生む・・・
それが雪兎の予見でした。

 

部屋に戻ったサクラは自身の部屋から見える遺跡を見ながら
明日こそ小狼に好きだと伝えようと心に決めます。

 

そんな彼女の耳に聞こえてきたのは綺麗な澄んだ音でした。

 

鈴のような何かがぶつかるような・・・
その音色は遺跡の方角から
まるで彼女を誘うかのように聞こえてきます。

 

一瞬妙なビジョンが脳裏に浮かぶサクラでしたが
すぐにそれは消え辺りは静けさを取り戻します。

 

翌日、小狼の元へお弁当を届けるために
桃矢や雪兎とともにやってきたサクラ。

 

小狼のいる地下の遺跡へと降りてきたサクラは
そこで突如謎の光に包まれます。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE
ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE

 

そして彼女の背後から現れたのは何枚もの羽のような何か。

 

飛び散っていくそれをどうすることもできないまま
小狼は倒れたサクラを抱え遺跡の外へと脱出します。

 

地上に出るとそこは多くの兵士や
考古学者たちが倒れ酷い有様でした。

 

意識を失ったサクラとそれを抱えた小狼の様子から
何かを察した雪兎は飛び散った羽はサクラの記憶(ココロ)であり
散ったそれらはすでにこの世界にはないと告げます。

 

心がなければ躰はうつろな容器でしかない・・・
そう告げる雪兎に小狼は
自分に何かできることはないかと問いかけます。

 

最早一刻の猶予もないと小狼とサクラを
次元の魔女と呼ばれる人物の元へ飛ばす雪兎。

 

果たして小狼は彼女のことを助けることができるのか。

 

彼らに待っているとてつもない困難とは・・・。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEを試し読みしてみる

 

サイト内より【ツバサ】と検索。

 

BookLive

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEの感想は?

 

いわゆるスター・システム、そして並行世界を題材にした
超有名漫画家集団CLAMP先生によるファンタジー漫画である
「ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE」。

 

同作者による「カードキャプターさくら」が好きな方は
登場人物の名前や外見などを見て
おっと感じた人も多いのではないでしょうか。

 

また「XXXHOLiC」とは話がリンクしている部分も多々見受けられます。

 

他にも過去のCLAMP作品から多くの登場人物が出演していますが
彼らはあくまで「魂を同じとする平行世界の同一人物」
ということらしいので厳密にいうと別人になります。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE
ツバサ RESERVoir CHRoNiCLE

 

設定やいろいろなレベルで物語に深くかかわってくるのは
最初に述べた「カードキャプターさくら」と「XXXHOLiC」の二作品。

 

序盤は小狼とサクラ、後に仲間になるファイと黒鋼の四人と
謎の生物モコナによる時空を超えた
ファンタジー冒険活劇のような内容となっています。

 

しかし終盤からはこの作品の中の世界のこと
ひいては「カードキャプターさくら」と「XXXHOLiC」の
世界のことについてが中心として描かれるようになっていき
正直かなり頭が混乱する展開になります。(笑)

 

果たしてサクラに隠された秘密とは彼女と・・・
そして小狼がなぜ過酷な運命に
巻き込まれることとなったのかその原因とは・・・。

 

CLAMPさんの他作品が好きな方には
特にオススメの作品になっています。

 

ツバサ RESERVoir CHRoNiCLEを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ツバサ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態