これは恋のはなしのネタバレと最終回(結末)!感想や試し読みも

korehakoinohanashi

この記事は約 8 分で読めます。



チカ先生の作品のこれは恋のはなし。

 

31歳のスランプ中の小説家と10歳の複雑な家庭環境の少女。

 

2人は似たような孤独を抱えており小説家は「放っておけない」と思い
少女は「そばにいたい」と思うようになりお互いになくてはならない存在に。

 

しかし少女が小説家に恋心らしきものを抱くようになり
少しずつ関係が変化していき――?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【これは恋のはなし】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これは恋のはなしを無料で立ち読み

 

これは恋のはなしのあらすじは?

 

スランプ中の31歳小説家・内海は田舎に移住して
スランプ脱却の糸口を探していました。

 

しかし場所を変えてすぐに良い結果が出るわけもなく
なんとなく日々を過ごしていました。

 

そんな日常を変えるかのように現れたのは
捨て猫を必死で助けようとする10歳の少女・遥でした。

 

遥はあばら家同然だった内海の家を空き家だと思い
そこで猫を飼おうと思っていたのですが住人がいることを知り
猫をこの家で飼ってほしいと頼みこむのでした。

 

遥の力強いまなざしに惹かれるものがあり
内海は猫を住まわせることにします。

 

こうして遥は猫の世話をするために内海の元へ通ってくるようになり
生活能力の低い内海の世話までするようになっていきます。

 

内海は編集者から遥をモデルにした恋愛小説を書くこと
勧められてなんとなく小説を書き始めるのでした。

 

これは恋のはなし
これは恋のはなし

 

あるとき遥の同級生・杉田が遥と内海の関係を知ってしまい
騒ぎ立てるようになります。

 

杉田は遥に思いを寄せており遥が内海に
恋をしていることもいち早く気づいていたのです。

 

内海は騒ぎ立てる杉田とのやり取りが面倒になり
遥から告白らしきことまでされてしまい
大人の対応で片づけてしまいます。

 

しかし遥の複雑な家庭環境が幼いころの自分と似ており
「放っておけない」と思うようになり
遥がやってくることも許容するようになります。

 

気づくと遥を中心にして内海家は人が集まる
賑やかで温かい場所になっていくのでした。

 

内海は「放っておけない」という気持ちで
遥の保護者代わりになっているつもりだったのですが
少しずつ保護者という立場だけでは説明できない気持ちを
遥に抱くようになっていくのですが・・・。

 

これは恋のはなしを読んでみる

 

サイト内より【これは恋のはなし】と検索。

 

BookLive

 

これは恋のはなしのネタバレとその後の展開は?

 

遥に抱く気持ちが保護者的なものだけではないと気付き始める内海。

 

しかし相手は10歳の小学生であり自分は30代の男・・・。

 

何度も自分にそう言い聞かせ
内海は子供だから放っておけないだけだと
大人の狡さでごまかしていくようになります。

 

遥は一途に内海のことを思い続け
杉田もずっと遥を一途に思い続けていました。

 

杉田は大人だからといって気持ちをごまかし続ける
内海に反発してずるいと怒りを感じています。

 

内海は杉田のまっすぐな気持ちさえも
大人の狡さでかわしてしまい
真っ向からぶつかろうとしませんでした。

 

穏やかに時には喧嘩もしながら家族のように
寄り添って過ごしていく内海と遥。

 

遥は中学生になり大人へと一歩近づきますが
一方で内海は保護者として接することを固く心に誓います。

 

遥が好意を見せると内海は大人の態度でかわしてしまうのです。

 

保護者としての役割を果たそうとする内海に遥は怒ります。

 

女性として見てほしかったのです。

 

これは恋のはなし
これは恋のはなし

 

月日が経つにつれて遥は美少女に成長していき
異性と接する機会も増えていきます。

 

内海は遥が男と一緒にいる姿を目撃して動揺しますが
あくまで保護者として異性関係が
心配なだけだとごまかしてしまいます。

 

しかし徐々に保護者という理由だけでは
言い訳できないような状況になっていきます。

 

やがて月日は流れ遥や杉田は高校生に
内海は38歳という年齢になります。

 

着実に大人の女性へと成長していく遥を前に
内海の気持ちは揺さぶられていきます。

 

杉田は変わらず遥を思い続けていたのですが
告白しても両想いになることは叶いませんでした。

 

内海は杉田の告白を知って焦りを感じたにも関わらず
自分の気持ちを認めようとしません。

 

思っていても決して口にするわけにはいかないと思っていたのです。

 

はじめは自分の子供時代と重ねて遥を気にしていた内海ですが
時間の経過とともに遥へ抱く気持ちは確実に変化していました。

 

遥には兄がいたのですが亡くなってしまい遥の母親は
それを受け入れることができず精神病院で療養していたのです。

 

その母親が病院から一時的に帰宅しており
遥を連れて亡くなった息子のもとにいこうとします。

 

間一髪のところを助けに入った内海は
ついに自分の気持ちをハッキリと口にするのですが・・・?

 

これは恋のはなしを試し読みしてみる

 

サイト内より【これは恋のはなし】と検索。

 

これは恋のはなしの感想は?

 

31歳のずるい男と10歳の一途な少女の恋のはなしで
どちらも重い背景があり心の片隅で孤独を抱えていました。

 

同じ孤独を持っていた2人ですが性質は全く違っていました。

 

内海はトラウマを抱えたまま大人になってしまい
自分の脆さを「大人だから」という理由で
必死に隠しており虚勢をはって生きてきた感じです。

 

遥はまだ子供でしたが必死に背伸びをして大人になろうとしていますが
遥のほうが内海よりも大人になっていきます。

 

作中を通して芯の強さが伝わってきました。

 

これは恋のはなし
これは恋のはなし

 

内海はダメな大人の見本みたいな人でした。

 

遥がいないと生活が乱れまくるし不健康・・・
だけど遥と向き合っていくうちに自分の過去と向き合うことができて
トラウマを克服したあとは一皮むけて
「大人の男」といった雰囲気も出てくるようになりました。

 

それ以上に遥の成長スピードは凄まじいので内海のほうが
遥なしでは生きていけなくなってしまう過程は読みごたえがありました。

 

これは恋のはなしを読んでみるならこちら

 

サイト内より【これは恋のはなし】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態