依存症の女たち 足元の奈落のネタバレと結末!感想や試し読みも

ashimotononaraku

この記事は約 9 分で読めます。



和田海里先生の作品の依存症の女たち~足元の奈落~。

 

離婚してがむしゃらに働いてきた数十年…。

 

子どもが独立して時間的に暇が
心には隙間ができました。

 

その隙間をあなたならいったい何で埋めますか?

 

彼女はあのまぶしいネオンでした――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【依存症の女たち 足元の奈落】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

依存症の女たち~足元の奈落~を無料で立ち読み

 

依存症の女たち 足元の奈落のあらすじは?

 

主人公は30代で子ども2人を連れて離婚した安芸川は
様々な仕事に就いて子ども二人を育て上げました。

 

そして40歳のときまだ若いんだから
これからは自分のために生きなよと
子ども2人が独立して出ていきました。

 

がらんとした部屋を眺めながらもう自分の食べる分だけ
稼げばいいんだととても気が軽くなるのでした。

 

そのとき保険の外交員をしていた安芸は
もう必死でノルマ以上の仕事をしなくていいんだ
そうなるとこれからけっこう暇になる
けれどこれといった趣味もないとしみじみ思います。

 

そんな時仕事中お手洗いを借りようと入ったパチンコ店。

 

依存症の女たち 足元の奈落
依存症の女たち~足元の奈落~

 

するとそこで同僚の田中さんにばったり。

 

勤務中にパチンコをしていた様子の田中さんは
勝った勝ったと大喜びしています。

 

安芸川に気づいた田中さんは焦りつつ
安芸川さんも息抜きにきたの?と。

 

まさかと化粧直しとトイレを借りにと答える安芸川ですが
このことが大きく人生を変えるとは思ってもみませんでした。

 

依存症の女たち 足元の奈落を読んでみる

 

サイト内より【依存症の女たち 足元の奈落】と検索。

 

依存症の女たち 足元の奈落のネタバレとその後の展開は?

 

マジメだと思われている安芸川に
このことはばらさないでと懇願されます。

 

そして数時間くらい会社には分からないから
たまには息抜きにやってみたら?と
反対に勧められてしまうのでした。

 

安芸川も若いころ友人に誘われ
何度かパチンコをやったことはありましたが
あまりよい思い出はありません。

 

そして若気のいたりで結婚生活に子育てに追われ
パチンコなどの娯楽からは遠ざかっていたのです。

 

田中さんと別れ担当の契約者の家を訪ねた安芸川ですが
息子が仕事をやめると言い出してと契約者。

 

保険のプランを変更するという話の内容でした。

 

手続きをしながら自分のうちのことを考えます。

 

独立した子どもたち。

 

暇になって過干渉になるのはいけないけれど
家に帰っても誰もいなくかといって
趣味もないし友達もいない…。

 

翌日、パチンコのことを黙っていたことで
田中さんにお礼を言われます。

 

そして今度玉をあげるから一緒にやろうと誘われます。

 

依存症の女たち 足元の奈落
依存症の女たち~足元の奈落~

 

契約が取れないときにはけっこうな
副業になるんだとにっこり笑う田中さん…。

 

安芸川は勝ったらでしょと内心思いますが
その数日後、田中さんから電話がかかってきます。

 

勤務中にパチンコをしていて1時から仕事が
はいってしまったからと代打ちを頼まれるのです。

 

お礼もするから早く来てとにかく来てという田中さんに圧倒され
しぶしぶパチンコ店に向かった安芸川…。

 

久々にやったパチンコは綺麗な画面に音楽やアニメ…。

 

実際にやってみるとまるで夢のようで
同僚が戻って来るまであっという間でした。

 

そして口止め料と打ち子代として二万円渡されます。

 

こんなにいいの!?と驚く安芸川に
今日は7万勝ったからとニコニコの田中さん。

 

この事があってから安芸川も空いた時間に
パチンコの行くようになるのでした――。

 

依存症の女たち 足元の奈落を試し読みしてみる

 

サイト内より【依存症の女たち 足元の奈落】と検索。

 

BookLive

 

依存症の女たち 足元の奈落の結末は?

 

空いた時間にパチンコをするようになった安芸川は
ビギナーズラックなのか毎回数万円ずつ勝ちました。

 

そのためどんどんパチンコにのめり込むようになり
営業も回らずパチンコへ行くように…。

 

そのためノルマもギリギリになります。

 

要領よく遊ぶ田中さんに比べ初心者の安芸川は
加減が効かず馬鹿みたいにのめり込んで行くのでした。

 

職場には朝夕顔を出さなくてはいけないのに
朝だけ顔を出しあとは閉店までパチンコを打つ日々。

 

営業どころか顧客回りもしなくなります。

 

支店長に注意をされるもパチンコのことが頭から離れず
負けが込んでもその後の勝ちの高揚感から
すっかり中毒になってしまいました。

 

そしてついには職場でもヤバいと噂になり
2度目の注意をされたことをきっかけに
仕事を辞めてしまったのです。

 

ですがパチンコにハマりきっていた安芸川は
これでパチンコに心置き無くいけると笑顔…。

 

そしてパチンコ漬けの日々が始まったのです。

 

わずかな貯金も無くなり気付けば
借金をしてパチンコを打つように…。

 

負けまくり辞めようと思っても日常生活のライトなどから
パチンコ屋がフラッシュバック…。

 

その度に我慢できなくなり行ってしまうのです。

 

依存症の女たち 足元の奈落
依存症の女たち~足元の奈落~

 

そのうち勝てない憂さ晴らしを
万引きで晴らすようになりました。

 

負けた分を万引きできたら
チャラだと思うと心は軽くなるのです。

 

ところがあるとき店の防犯ブザーがなります。

 

店員は間違えて同じころ店外に出た
高校生を追いかけていきました…。

 

家に帰り恐ろしくなり震える安芸川は
バレたらどうしようと子どもたちに顔向けできないと
写真立てを見た瞬間、父の遺影と目があった気がしました。

 

そういえば今日は父の命日。

 

その時安芸川はようやく目が覚めました。

 

それからは誘惑を振り切り
パチンコ店には行っていません。

 

そして今はせめてもの償いと思い
老人介護の仕事についています。

 

足元にあった落とし穴…。

 

これからも忘れずに生きていかなければ
いけないと思う安芸川でした。

 

依存症の女たち 足元の奈落を読んでみるならこちら

 

サイト内より【依存症の女たち 足元の奈落】と検索。

 

依存症の女たち 足元の奈落の感想は?

 

働くより短時間でお金が手に入るかもしれないパチンコ。

 

ギャンブルですが合法ですし罪悪感も薄い…。

 

負けても1日大抵数万円程度ですし毎日のように行っても
たまに大勝したりするとトータルで勝っているのか
負けているのかわからなくなってしまいます。

 

私もパチンコはやったことがありますが
やはり初めてやったときは勝ったような気がします。

 

パチンコ屋さんの戦略なんですかね(笑)

 

依存症の女たち 足元の奈落
依存症の女たち~足元の奈落~

 

パチンコ以外でもハマりすぎて人生が
おかしくなってしまうものってたくさんあると思います。

 

みんな適度に楽しむことができれば
それは娯楽そうでなければ地獄…。

 

そういうものに出会わない人生って
案外幸せなのかもしれませんね。

 

依存症の女たち 足元の奈落を試し読みするならこちら

 

サイト内より【依存症の女たち 足元の奈落】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態