依存症の女たち 風俗依存症のネタバレと結末!感想や試し読みも

fuzokuizonsho

この記事は約 10 分で読めます。



伊東爾子先生の依存症の女たち~風俗依存症~。

 

風俗を辞めるのなんか簡単なこと・・・
お金が簡単に稼げるのに辞める必要って・・・。

 

風俗依存症になってしまった女性・彩加の物語。

 

なにがきっかけで彼女は風俗に足を踏み入れてしまったのか。

 

どうして依存していくのか・・・。

 

そして最後に彼女の行きつく先は・・・?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【依存症の女たち 風俗依存症】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

依存症の女たち~風俗依存症~を無料で立ち読み

 

依存症の女たち 風俗依存症のあらすじは?

 

この作品の主人公は島田彩加という32歳の女性で
コンビニでバイトをしています。

 

そして同時に夜は人妻デリヘルで仕事をしています。

 

一度身を落とすとなかなか抜け出せない風俗依存症・・・。

 

この作品は彩加がなぜそうなってしまったかの物語です。

 

依存症の女たち 風俗依存症
依存症の女たち 風俗依存症

 

20歳の時普通のOLとして働いていた彩加は
当時付き合っていた彼とは結婚の約束をしていました。

 

ブライダル雑誌を読む2人・・・。

 

「私の友達ここで披露宴したんだよ!」

 

楽しそうに話す彩加に俺たちもここでやろうと言いだす彼。

 

おかねは100万くらい借りて結婚してから
少しずつ返済しようという計画でした。

 

ですが彼には車のローンがあるため
彩加名義で・・・とお願いされます。

 

彩加は彼との結婚を夢見て快く承諾し
サラ金2社から50万ずつ借りたのでした。

 

このことが風俗依存症へ繋がっていくのです・・・。

 

彩加の身にいったい何が起きたのか?

 

依存症の女たち~風俗依存症~を読んでみる

 

サイト内より【依存症の女たち 風俗依存症】と検索。

 

依存症の女たち風俗依存症のネタバレとその後の展開!

 

彼との結婚式の申込金として100万円を借りた彩加。

 

ですがそのお金を渡すと、彼は姿をくらましてしまったのです。
彩加には100万円の借金だけが残されたのでした。

 

貯金もなく返済出来る当てもない彩加は途方に暮れている時
レディコミのコンパニオン募集の広告を見つけます。

 

月100万以上可という書き込みに早速応募の電話し
面接が決まり東京行きの新幹線に飛び乗ります。

 

駅には迎えのベンツで
着いたところは吉原のソープランド・・・。

 

赤い絨毯の豪華な部屋で待っていると
そこに40代くらいのイケメンが現れます。

 

この人が店の社長で年齢を確認し面接が進んでいきます。

 

そしてその場で服を脱ぐように言われ・・・
ですが彩加は動けなくなってしまいます。

 

そんな彩加の肩にポンと手を乗せやる気になったら連絡して・・・
とほほ笑みその日は家に返されました。

 

その後社長から電話をもらい素質がある
俺の言うとおりにしていれば間違いない!
俺を信じろ!という言葉に上京を決意するのです。

 

依存症の女たち 風俗依存症
依存症の女たち~風俗依存症~

 

そしてその日のうちに入店し
3日間の講習が始まりました。

 

ローションを体中につけ社長からの
様々な性的サービスを彩加は教えられていきます。

 

ソープなので講習ももちろん本番があります。

 

そして講習が終わる頃には
彩加はすっかり社長の虜になっていました。

 

仕事も初日こそは緊張で固まってしまいましたが
そんな初々しいところや若く見える容姿などもあいまって
指名がどんどん入るようになりました。

 

そしてすぐに100万円の借金は返済することができました。

 

けれどソープの仕事をする過程で社長の優しさに触れ
虜になり依存していってしまったため
ソープ嬢を辞めることができなくなっていました。

 

ですが社長の優しさは彩加だけに
向けられている物ではありません。

 

そんな社長の様子を見ているうちに
彩加の社長に対する気持もさめ21歳のときに
1千万円を貯め店を辞め1年間の海外留学をします。

 

そして帰国後は英会話スクールに就職し
新しい彼氏もでき幸せに1年間ほど過ごしました。

 

ですがある日彩加は突然の胃潰瘍で
1週間ほど入院することになります。

 

入院費を支払うため彩加はお金をおろしてほしいと
彼にキャッシュカードを渡し暗証番号を教えます。

 

ですがこれが間違いだったのです。

 

依存症の女たち 風俗依存症を試し読みしてみる

 

サイト内より【依存症の女たち 風俗依存症】と検索。

 

保護者失格。一線を越えた夜

 

依存症の女たち 風俗依存症の結末は?

 

退院当日、彼に電話しても繋がりません。

 

さらに口座の残高はすべてなくなり
彼は職場も辞めていました。

 

それだけではありません。

 

彼は彩加の免許証を持ち出しマチ金から
200万の借金までしていたのです。

 

無一文の彩加が行く先は風俗しかありませんでした。

 

今度は吉原ではなくピンサロへ
素人のふりをして面接に行きました。

 

結果は見事採用し彩加はここでソープで学んだ接客術を駆使し
指名客をどんどんゲットしすぐにナンバーワンになりました。

 

ピンサロに勤め始めて6カ月には借金も返し終わって
そろそろ辞めようかと思っていた矢先
巨乳の新人が入ってきたのです!

 

そしてあっさりナンバーワンの座を奪われてしまうのです。

 

その時の彩加の悔しさと言ったら・・・。

 

彩加は豊胸手術を決意し巨乳になって
他の店に移りナンバーワンになることを目標とします。

 

依存症の女たち 風俗依存症
依存症の女たち~風俗依存症~

 

そして手術の痛みにも耐え念願の巨乳を手に入れます。

 

ですがそのころには彩加の
巨乳に対する対抗心はなくなっていました。

 

かと言って何の仕事ができるわけでもなく・・・
やはり行きつく先は風俗で昼はwebデザインの学校
夜はデリヘルと2重生活を始めたのです。

 

巨乳のロリ顔ということで彩加はどんどん人気が出て
風俗雑誌でも取り上げられるようになりました。

 

そしてラジオの特別番組にも出演したことによって
人気はさらに上昇し学校の授業にはついていけず
さぼりがちになりついには辞めてしまいました。

 

多忙な毎日を過ごし彩加は自分がアイドルにでも
なったような感覚に陥っていました。

 

けれどある日の帰り、送迎してくれるドライバーに
木刀を突き付けられ売上金を奪われます。

 

この恐怖から風俗を辞め派遣で仕事をしながら
30歳になる頃まで地味に暮らしていました。

 

ですがこのころから不況のあおりを受け
仕事のない期間が増えてきました。

 

そしてやはり風俗に戻ってしまうのです・・・。

 

そこそこ頑張ればお金が稼げて楽に暮らしていける
厳しい社会よりずっと居心地がいい風俗・・・。

 

一度経験してしまうとなかなか抜け出せない
彩加はあれほど怖い思いをしたにもかかわらずです。

 

そう・・・これが風俗依存症なのです。

 

依存症の女たち 風俗依存症を読んでみるならこちら

 

サイト内より【依存症の女たち 風俗依存症】と検索。

 

依存症の女たち 風俗依存症の感想は?

 

お金を稼ぐということは簡単なことではありません。

 

それはどんな仕事をしていても同じです。

 

まして大金が動く風俗店なら尚更です。

 

楽に金が稼げる・・確かにそうかもしれませんが
けれども彩加が大金を手に入れることができたのは
自身の持っている才能(容姿)と努力のおかげです。

 

依存症の女たち 風俗依存症
依存症の女たち~風俗依存症~

 

この世界は努力がダイレクトに収入に繋がります。

 

そして彩加はその味をしめてしまった・・・
だからこそ依存してしまったのです。

 

私は昔、風俗ではありませんが
キャバクラで働いていたことがあります。

 

これも同じ・・・。

 

だから彩加の依存する気持がよくわかります。

 

悲しい事に行きつく場所がそこしかないのです・・・。

 

風俗経験がない人には新鮮な
経験がある人にはとても共感できる作品です。

 

続きがあるのなら彩加には最後に幸せになってほしいですね・・・。

 

依存症の女たち 風俗依存症を試し読みするならこちら

 

サイト内より【依存症の女たち 風俗依存症】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態