アラタカンガタリのネタバレや感想は?その後の展開はどうなる?

aratakangatari

この記事は約 6 分で読めます。



渡瀬悠宇先生の人気コミックである
アラタカンガタリ~革神語~。

 

一時は連載休止していましたが
ついに連載再開となりました。

 

革や天和国そして現代にいるアラタや
秘女族の娘である織部実名はどうなってしまうのか…。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【アラタカンガタリ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アラタカンガタリを無料で立ち読み

 

アラタカンガタリのあらすじは?秘王女とは?

 

60年ぶりに新たな秘女王との交代の儀が
行われようとしていました。

 

秘女王を守る十二神鞘もまた新たな秘女王を
全力で守ろうとしていました。

 

そんな中数少ない秘女族のひとつに生まれた
アラタという男子が今日からお前は女子だと言われ
更には女の服を着せようと追い掛け回され――。

 

アラタカンガタリ
アラタカンガタリ~革神語~

 

その理由は新たな秘女王の儀式に関係していた。

 

秘女族の血を引く乙女しか秘女王になることができず
秘女族の乙女だけが持つ天通力しかこの国の神々である
劍神たちを治めることができないのです。

 

そしてその秘女王に
アラタがなるというのです…。

 

男のアラタがどうして…。

 

それはアラタが生まれたときに
長年女の子が恵まれないこともあり
男なら殺すと政府に言われていて
出生届を「女」として出していました。

 

アラタはそんなことには付き合えないと
旅に出ようとしますが代々伝わる
御神体を守らなければならないと言われ…。

 

そんな中迎えた秘女王儀式の日。

 

斎宮で現秘女王であるキクリ秘女と
行われる儀式。

 

水が炎になったりして儀式が始まるのですが
そこに十二神鞘の1人カンナギがキクリ秘女に
切りかかった感じで…。

 

そしてアラタはカンナギによって
キクリ秘女殺しの罪を掛けられてしまい――。

 

アラタカンガタリを読んでみる

 

サイト内より【アラタカンガタリ】と検索。

 

アラタカンガタリのネタバレやその後の展開は?

 

アラタは秘女王殺しの罪をきせられ
逃げ込んだ神開の森に飲み込まれてしまいます。

 

その神開の森は森に喰われた者は別人のようになって
帰ってくると言われている森――。

 

そしてアラタは現代の高校生である
日ノ原革と入れ替わってしまうのです。

 

入れ替わったとはいえ姿は入れ替わった相手のまま。

 

周りからみれば姿は変わらないので
中身が入れ替わったとはいえ
おかしくなったようにしか見えない…。

 

そして入れ替わってしまった日ノ原革は
秘女王を助けるため降し合いを始める――。

 

アラタカンガタリ
アラタカンガタリ~革神語~

 

十二神鞘のカンナギやヤタカは仲間になりましたが
それ以外の神鞘は降され革や革のクラスメイトであり
逐力(オロチ)という劍神を持つ革と戦うことだけを
考えている門脇の劍神の中に…。

 

現在残っているのはヤタカに秘女王殺しを唆したシムと
秘女族出身で死者の蘇生の人体実験をしているムメイ
そして門脇と入れ替わり現代で暴れているハルナワ…。

 

実はハルナワはムメイによって作られた人形。

 

優れた能力を持つ死人をつなぎ合わせて
作られた人形だったのです…。

 

そしてハルナワの頭は門脇の鞘をしている
ムナカタの息子でした。

 

ハルナワはムメイの話を聞かず現代で暴走中。

 

アラタや秘女族の娘である織部実名を
追い詰めようとしています。

 

織部実名は秘女王を凌ぐほどの天通力を持っているものの
骨折をしており力をうまく使うことができない――。

 

ハルナワに対抗するだけの力がないアラタや
織部実名はどうなってしまうのか…。

 

アラタカンガタリを試し読みしてみる

 

サイト内より【アラタカンガタリ】と検索。

 

アラタカンガタリの感想は?織部実名や門脇はどうなる?

 

六ノ鞘であるキクツネやイソラなどの戦いから
鬼化が登場するなどちょっと怖い感じの絵に…。

 

ただ革に降された者たちは悔いのない感じで
革の持つ劍神の中へ…。

 

今後はやはり残りの六ノ鞘や門脇との降し合いが
待っているのでしょうね…。

 

特にハルナワに関してはどうなるのかと
すごく気になる感じです。

 

ハルナワは現代にいて倒したとしても
降ることができるのかという感じです…。

 

また1番気になるのは織部実名の存在ですね。

 

アラタカンガタリ
アラタカンガタリ~革神語~

 

本来であれば秘女族の娘で秘女王となる存在。

 

織部実名が天和国に行くのであれば入れ替わりとなり
ミクサが現代に行くことになるのか…。

 

革は現代に戻ることになるだろうし
そうなるとコトハはどうなるのかなって
思ってしまったりします…。

 

入れ替わった一方が死んでしまうと
戻れなくなったはずなんですが
そうなると門脇はどうなるのか…。

 

気になることがいっぱいのアラタカンガタリです。

 

アラタカンガタリを読んでみるならこちら

 

サイト内より【アラタカンガタリ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態