コドモのコドモのあらすじやネタバレそして感想は?結末はどうなった?

kodomonokodomo

この記事は約 8 分で読めます。



小学生が妊娠に出産!?映画化もされた問題作!

 

小学5年生の春菜はブランドが大好きな
ちょっと生意気な普通の女の子。

 

幼なじみのヒロユキと『くっつけっこ』遊びを
したせいで大騒動に——。

 

性の低年齢化が叫ばれる現在読んでおくべき1冊です。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【コドモのコドモ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コドモのコドモを無料で立ち読み

 

コドモのコドモのあらすじは?大変な騒ぎの原因とは?

 

主人公の春菜は小学5年生。

 

友達といるときはブランドやファッションの話をして
盛り上がる普通の女の子です。

 

幼なじみのヒロユキとは公園デビューの時からの間柄。

 

ヒロユキは昆虫が大好きな大人しい男の子で
いまだに子供の時の遊びで盛り上がります。

 

お互いに体の変化を迎えながらも平凡な日々。

 

ふたりは公園で遊んでいる最中に
好奇心から『くっつけっこ』をしてしまいます。

 

無邪気に笑い合うふたりは
これが大変な騒ぎの原因となるとは知らず——。

 

コドモのコドモ
コドモのコドモ

 

ある日春菜は姉の友達が妊娠したことを
偶然知ってしまいます。

 

彼女は中絶することを決心するのですが
そのための費用がなかなか用意できないようで。

 

姉と友達の様子から子供ながらに
大変な事が起こっていると理解する春菜。

 

しかしそんな春菜のお腹にも
新しい命が宿っているのでした。

 

コドモのコドモを読んでみる

 

サイト内より【コドモのコドモ】と検索。

 

コドモのコドモのネタバレ!結末やくっつけっことは?

 

ヒロユキとの『くっつけっこ』遊びから
妊娠をしてしまった春菜。

 

彼女が自身の妊娠に気付いたのは
性教育の授業がきっかけでした。

 

そこで子供が出来る行為として説明されたのが
あの『くっつけっこ』だったのです。

 

コドモのコドモ
コドモのコドモ

 

もしかしたら赤ちゃんが出来たかもしれない…。

 

春菜の予感の通りほどなくしてつわりが始まります。

 

春菜は「赤ちゃん出来たと思う」と親に話をしますが
ふざけていると思われて相手にしてもらえません。

 

しかし姉の友達が残していった
妊娠検査薬を使ってみると陽性反応が——。

 

その後担任の先生にも相談しましたが
からかわないでと激怒されます。

 

先生は先日の性教育の授業が行き過ぎていたとして
保護者からのクレームに追われていました。

 

春菜が「赤ちゃんができた」と嘘をついて
面白がっていると思ったのです。

 

大人には頼れないまま春菜は
赤ちゃんを産むことを決意します。

 

春菜が妊娠していることは
やがてクラス中に知れ渡ることとなります。

 

大人に知られたら赤ちゃんが取り上げられてしまう。

 

子供たちは春菜の秘密を共有し団結して
春菜と赤ちゃんのことを守ることに。

 

安定期を過ぎると春菜のお腹は出始めて
妊婦の体型になってきました。

 

でも両親や先生たちは妊娠に気付きません。

 

春菜の祖母だけがその変化に気付いていました。

 

「おばーちゃんが守っちゃる」

 

春菜の味方をしてくれる祖母は
生まれてくる子のために色々と準備をしてくれます。

 

いよいよ出産間近となった頃祖母から母へ
妊娠の話をしてくれる予定でしたが…。

 

祖母は心臓発作で急逝してしまいます。

 

頼れる大人がいなくなってしまったことで
混乱する春菜たち…。

 

そのまま大人に相談せずに秘密基地にしている小屋で
子供だけで出産することに決めます。

 

産婦人科の息子であるミツオの努力のかいもあって
春菜は無事に出産を終えます。

 

生まれた赤ちゃんは小屋にてクラスメイトが
交代で世話をすることとなりましたが
やがて秘密が明らかになってしまいます。

 

春菜と赤ちゃんはどうなってしまうのでしょうか?

 

最終話では12年後の春菜たち
クラスメイトの姿が描かれています。

 

担任の先生の出産を機に春菜が出産した
あの小屋に再び集まった彼ら。

 

思い出を分かち合い近況を報告し合って盛り上がります。

 

そこに騒動の直後に東京へ引っ越してしまった
ヒロユキがやってきて——。

 

コドモのコドモを試し読みしてみる

 

サイト内より【コドモのコドモ】と検索。

 

BookLive

 

コドモのコドモの感想は?性教育に繋がるのかもしれない?

 

最後は一応ハッピーエンドで終わったこの作品。

 

小学生が妊娠や出産する物語だと知ったことよりも
主人公の春菜があまりにも普通の女の子だったことの方が
衝撃的な作品でしたでした。

 

もっと早熟なスレた女の子を想像していたので…。

 

クラスメイトたちが力を合わせて
出産を乗り越えるストーリーです。

 

子供ながらに各々がどうしたらいいのか
考える姿はとても素晴らしかったです。

 

コドモのコドモ
コドモのコドモ

 

大人の干渉があったらきっと
気付けないことばかりだったでしょうね。

 

なので一致団結をして困難を乗り越える子供たち
というテーマであればとても面白い作品だと思います。

 

ただ口コミでも批判されている点でもあるのですが
妊娠や出産のリスクについてほとんど
描かれていないのが残念でなりません。

 

子供だけで出産をするという環境の困難はあるのですが
妊娠や出産自体はとてもスムーズに終わってしまいます。

 

身体の成熟した大人でさえ
妊娠も出産もリスクがつきものです。

 

そのために妊婦は定期的に検診に通って
母体と赤ちゃんの命を守っているのです。

 

それでも出産時には予期しない事が起こってしまうこともあり
出産はまさに命がけであります。

 

まして春菜は小学生ですからリスクはかなり高いはず…。

 

でも春菜はそういったことを経験しないまま
出産に臨んでしまいます。

 

雪が降る中暖房設備のない小屋の中で。

 

子供たちだけで…。

 

へその緒はどうやって切ったのでしょう?
胎盤はどうしたのでしょうか…?
出産後の処置はちゃんと行われたのでしょうか?

 

そういった生々しいことは省かれているので
出産がとても簡単なものであるかのような
錯覚すらしてしまいそうです。

 

ただテーマとしては性交渉の低年齢化が
問題となっている昨今ありえないことでもありません。

 

この作品を元として足りない部分を
親が補足して話をすることが
性教育に繋がるのかもしれませんね。

 

お子さんを持つ方にもそうでない方も
読んでみて自分なりに感じてみて欲しいです。

 

コドモのコドモを読んでみるならこちら

 

サイト内より【コドモのコドモ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態