文豪ストレイドッグスのネタバレ感想!あらすじと試し読みのまとめ

BungoStrayDogs

この記事は約 7 分で読めます。



『文豪ストレイドッグス』は原作を朝霧カフカ先生が
作画を春河35先生が担当された作品。

 

太宰治や芥川龍之介といった名だたる文豪の名を冠するキャラ達が
「人間失格」や「羅生門」など各々の名前に由来する作家の作品を
“異能力”として操り戦う異能アクションバトルです。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

文豪ストレイドッグスを無料で立ち読み

文豪ストレイドッグスのあらすじ!文豪の力を操る者たち

 
主人公の少年・中島敦は身よりが無いため
孤児院に居ましたがそこでは職員から虐待を受けており
ある日とうとう身一つで追い出されてしまいます。

 

あてどなど無い敦はそのまま横浜でホームレス暮らしをするのですが
ついには餓死寸前の状態で町を彷徨うのでした。

 

するとたまたま通りかかった鶴見川で敦は入水自殺を図ろうとしていた男
太宰治を見つけ自身も川へと飛び込み溺れていた太宰を助けます。

 

それが縁となり敦は太宰が所属する「武装探偵社」へと連れられ
探偵社が請け負っていた“巨大な虎”の捜索を手伝うことになるのでした。

 

文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス

 

ところが敦はその“巨大な虎”捜索の際に自身も気付かずにいた
“異能”の力が暴走しそのまま太宰へと襲い掛かってしまいます。

 

ですが太宰は自分の持つ異能の力、直接触れたあらゆる異能を無効化する
「人間失格」により敦の暴走を抑えるのでした。

 

その後能力の使い方や自身の居場所を求める敦は太宰の尽力により
見習い期間を経て武装探偵社への採用試験に合格して社員となります。

 

孤児院で受けた職員らの虐待により自分へのコンプレックスや
トラウマが強い敦でしたが変人揃いの探偵社で
ようやく自分の居場所を見つけ出すのでした。

 

ですがちょうどその頃から敦の所属する武装探偵社へ
“ポートマフィア”の襲撃事件が度々起きるように…。

 

実は闇世界において敦は70億もの賞金がかけられており
ポートマフィアの構成員である芥川龍之介が
裏社会を牛耳るためにも高額の賞金首である敦を狙っていたのでした。

 

文豪の名を冠する魅力的な多くのキャラたちがそれぞれの作家に縁のある
名や効力を持つ異能で戦う“異能バトルアクション”。

 

文豪ストレイドッグスを読んでみる

 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

 

文豪ストレイドッグスのネタバレ!武装探偵社とポートマフィア

 

敦が身を置くことになった武装探偵社には異能力を持つ者と同時に
太宰を始めとした変人が多くいる場所でもありました。

 

白昼堂々と入水自殺を図った太宰は“自殺マニア”で色々な手段で
様々な自殺を試みはしますが何故か何時も失敗をしています。

 

また彼は元ポートマフィアの幹部で今は敵である芥川の元上司であり
現在最も毛嫌いしている中原中也とは“双黒”と呼ばれる相方でもありました。

 

しかしその事実は探偵社の誰にも伝えられてはいなため
太宰の前職を当てた者には70万の賞金が貰えることとなっています。

 

文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス

 

普段は飄々とした風体の太宰ですが大変頭がキレる上に
腕っ節も優れた折り紙つきの実力者です。

 
そして太宰の相棒である国木田独歩は眼鏡をかけた
神経質そうな男で何時も手帳を手にしています。

 

そんな独歩の異能は手帳に書き込んだものを
具現化する「独歩吟客(どっぽ ぎんかく)」。

 

冗談の通じない真面目ない杓子定規で真面目な性格の為に
相棒の太宰からは冗談や騙されたりなど何時もペースを乱されてしまいます。

 

因みにポートマフィア時代に同じく太宰と相棒を組んでいた中也からは
探偵社にも太宰で苦労をしているやつがいるなと言われてしまう程です。

 

また主人公である敦は長らく自身の持つ異能の力に気付かずにいました。

 

ところが武装探偵社が追っていた“巨大な虎”に関わることで
敦は自身の能力を太宰から知らされるのます。

 

その異能とは大きな白虎へと変身する「月下獣(げっかじゅう)」
つまり探偵社が追っていた“巨大な虎”こそが異能で虎の姿となっていた敦だったのです。

 

実は孤児院でも敦は無意識に虎となり徘徊していた為に
職員らは恐れ敦を追い出したのでした。

 

「月下獣」は大変強力な異能で弾丸さえ通さない身体や高速治癒能力
復元を得る代わりに自身での制御などが出来なくなります。

 

ですが太宰の「人間失格」により沈静化され
後にわずかですが制御が可能にもなるのです。

 

孤児院で自身を否定され続けていた経験により
自分と境遇の似た泉鏡花に優しくしたり敵である
モンゴメリに対しても何とか救いたいと努力をするのでした。

 

文豪ストレイドッグスを試し読みしてみる

 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

 

BookLive

 

文豪ストレイドッグスの感想!新感覚の異能バトル作品

 

最初に『文豪ストレイドッグス』とタイトルを目にした方は
一体何の漫画だろうかと驚いたのではないでしょうか。

 

今までも小説や名作をさらにはその作家の生涯を
漫画化した作品は数多くありました。

 

ですが本作は作家の名前を冠したキャラつまりは“文豪”とは言っても
“人間”である作家を“比喩”として扱い更にキャラたちの能力付加として
作家らの作品を“特性”として使用するいわゆる“擬人化”扱いをしているのです。

 

文豪ストレイドッグス
文豪ストレイドッグス

 

簡単に言えば人間を擬人化するという
これはかなり斬新で挑戦的な試みなのかも知れません。

 

ですがその試みは見事に成功しイケメンとなった文豪らが
自身の作品を武器にし活躍する『文豪ストレイドッグス』は
現在はこうして大人気作品となったのです。

 

また最近では角川文庫ともコラボを果し本作の中島敦の表紙で
「李陵・山月記」太宰治の表紙で「人間失格」などの名作が
それぞれ文豪の名を冠したキャラが縁のある作品の表紙を飾っています。

 

魅力的なキャラや異能バトルの他にも文豪や
その作品の新たな魅力も知れることが出来る作品
それがこの『文豪ストレイドッグス』なのかもしれません。

 

文豪ストレイドッグスを試し読みするならこちら

 

サイト内より【文豪ストレイドッグス】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態