女王の花のあらすじやネタバレは?試し読みの感想のまとめ

joounohana

この記事は約 5 分で読めます。



ベツコミで連載の和泉かねよし先生の
コミックである女王の花。

 

最新刊までのネタバレも含めて
お伝えしたいと思います。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【女王の花】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

女王の花を無料で立ち読み

 

女王の花のあらすじは?亜姫と薄星の出会い

 

古代の国である亜の女王は自分のお墓に
女王の花と呼ばれる伝説の花を添えてほしいと
願っていたそうです。

 

その女王の花は千年に1度だけ咲き
どんな望みも叶える力があるという――。

 

時は過ぎ亜の国に亜姫というお姫さまが生まれました。

 

女王の花
女王の花

 

しかし亜姫の母である正妃の黄妃は
黄妃の国である黄は小国でしかも
病がちな妃ということで母子とも
冷たい対応をされてそだってきました。

 

食べ物も部屋もろくにもらえず
亜姫は母のために厨房より食べ物を
盗んだりしている感じに…。

 

そして第二王妃である土妃は
王子を産んだこともあり黄妃や亜姫に対し
冷たい態度をとっていました。

 

そんなある日亜姫は厨房より土の国から
王子に贈られた特別な品を盗み逃げているところ
上から1人の少年が現れました。

 

金の髪に空の色の眼をした少年は
土の国より王子のために贈られた奴隷でした。

 

しかし王子を叩いてしまったことにより
土妃に殺されそうに…。

 

しかし亜姫に助けてもらったことや
自分の眼を空の色と言ってくれたことなどから
亜姫を主とすると言い出し自分の一生を
捧げると言い出したのです。

 

その少年の名は薄星――。

 

女王の花を読んでみる

 

サイト内より【女王の花】と検索。

 

BookLive

 

王女の花のネタバレや感想は?亜姫が好きなのは・・・

 

自分の一生を亜姫に捧げた薄星。

 

ある日亜姫は黄の国より黄妃が嫁いだ際に
持ってきたという貴重な玉石を使ったかんざしを
売りにやってきました。

 

そのかんざしは何かの時に役立てるようにと
黄妃が亜姫にあげたものでした。

 

亜姫は黄妃の病気を治せる丹があるかもしれないと
その大切なかんざしを売ろうとしていたのです。

 

しかしかんざしはまがい物と思われ
丹がほしいなら薄星を売れと言われてしまい――。

 

女王の花
女王の花

 

薄星はニコッと笑い売ってもいいと言いますが
亜姫は薄星は一生自分のものだと言って
諦めかけたところ左目に布をまく男と出会います。

 

それが青徹との出会い――。

 

青徹は丹をくれるというのですがその代わり
薄星は鍛えられ亜姫はすべてを学べと言うのです。

 

黄妃や亜姫のことも知っていた青徹は
黄妃が黄姫だったころお付きをしており
亜国に嫁ぐことになった前夜に
駆け落ちをしようとした仲。

 

黄妃となった後も2度目の駆け落ちを図り
青徹の兄により阻止され左目を伐られています。

 

亜姫はすごく薄星を大事にしており
相思相愛なのかと思っていましたが
亜姫は実はこの青徹が好きでした。

 

でものちに薄星と相思相愛になりますが
土妃との戦いで薄星を失いたくないと
亜姫に捨てられてしまいます…。

 

亜姫は母は重い病ののち土妃により
毒入りスープを飲まされて
亡くなってしまいますしその後も
黄国へ人質として送られたり
曾王の妃になるため誘拐されるなど
波乱万丈の人生…。

 

生い立ちだけをみるとすっごく悲しい感じですが
聡明でこれからどうやて成り上がっていくのか
その後の展開がすごく気になる作品です。

 

そして亜国の姫である亜姫と奴隷として
売られてきた薄星との恋はどうなるのか
そちらもすごく気になる感じです。

 

女王の花を試し読みしてみる

 

サイト内より【女王の花】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態