王国の子のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじのまとめ


この記事は約 6 分で読めます。



びっけ先生の作品の王国の子。

 

町の小さな小劇場で働く貧しい少年・ロバート。

 

ある日彼に突如与えられた役割・・・
それは王位継承権をもつ王女・エリザベスの
影武者という役目でした。

 

突如王室という欲望と愛憎が渦巻く
場所へ放り込まれたロバートの運命は――・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【王国の子】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

王国の子を無料で立ち読み

 

王国の子のあらすじは?

 

王室衣装担当として宮仕えしている父親を持つウィリアム。

 

彼に与えられたとある任務・・・
それは王位継承権をもつ王女・エリザベスの
影武者を探してくることでした。

 

齢11歳のエリザベスの影武者は
当然同じ年頃の少女でなければならない・・・。

 

酷な話だと思いながらも任務を全うすべく
奔走するもなかなかエリザベスの
影武者が務まるような人物は見つかりません。

 

そんな彼がある日足を止めたのは
町で最近まことしやかに噂となっている小劇場。

 

美女が登壇するというその舞台を見たウィリアム
そこで彼はエリザベスそっくりの人物を発見します。

 

王国の子
王国の子

 

しかし実はそれはロバートという少年でした。

 

劇団長に身柄を売られたロバートは病気の弟のことも
引き合いに出されそのまま王宮へと連れていかれます。

 

彼に与えられた役割・・・
それはもちろんエリザベスの影武者。

 

とんでもないところに連れて来られたと思いながらも
影武者という存在の秘密を知った自分が
この役割を断って無事に帰してもらえるはずがない。

 

そして治療という名目で弟を人質に取られていることもあり
結局、ロバートはその運命を受け入れるしかないのです。

 

王国の子を読んでみる

 

サイト内より【王国の子】と検索。

 

王国の子のネタバレとその後の展開は?

 

その後、国王の影武者やエリザベスの弟である
エドワードと邂逅、エリザベスとの対話を通し
影武者を引き受ける決意を固めるロバート。

 

契約の証のようにその左耳には彼女と同じ
ピアスホールがあけられました。

 

彼女になりきるため言語の勉強をしたりと
一緒に過ごすようになるロバート。

 

聡明でしかし優しさを忘れないエリザベスとの時間は
穏やかなものでしたが事態は刻一刻と変わり始めていました。
そしてついにその日が訪れます。

 

彼女の父親である現王・ヘンリーが息を引き取ったのです。

 

若干9歳にして王となることになったエドワード
その影武者としてやってきた少年
そして王の影武者であるマシューの王宮からの旅立ち・・・。

 

マシュ―と別れの挨拶をし手紙をくれと
約束するロバートですが
しかしマシューは知っていました・・・。

 

王宮の深くを知り過ぎた影武者はその本人の死と共に
自身もまた命を終えなければならないことを・・・。

 

王国の子
王国の子

 

誰も知らない森の奥深くの墓地に
一つ名の刻まれない墓石が増えたことを・・・。

 

このときはロバートもそして
エリザベスすらも知りませんでした。

 

そして王宮の内部もヘンリーの死により少しずつ
しかし着実に様々な陰謀が蠢き始めていました。

 

思慮深い王妃として信頼を得ていたキャサリン妃が
まだ喪中の身であるにもかかわらず
昔の恋人と仲睦まじくしています。

 

しかしその恋人であるはずのトマスは
エリザベスに言い寄り・・・。

 

愛憎と人々の欲望が渦巻く世界でロバートは
そしてエリザベスの運命はどうなっていくのでしょうか。

 

王国の子を試し読みしてみる

 

サイト内より【王国の子】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

王国の子の感想は?

 

架空のある国を舞台に王家やそれに関わる人々が
運命に翻弄される様を描いた本作。

 

一応架空の国が舞台となっていますが
完全にヘンリー8世とエリザベス1世の頃の
イギリスをモデルにした話ではあります。

 

時代の動き方なども史実を元にしているので
この時代の史実などを勉強している人だと
大まかな流れは読めてしまうかも・・・?

 

折角舞台を架空の国にしたのに史実と同じ流れだったので
その辺りはちょっと残念でした。

 

ですが主人公が影武者として王宮にやってきた市民
おまけに男の子ということで
その辺りは面白くなりそうな雰囲気はあります。

 

王国の子
王国の子

 

おまけに1巻の時点ですでに影武者が
どういった末路を迎えるのかということが
明らかになってしまったので・・・
いったいロバートがどのような末路を
迎えるのかという点においては
非常にドキドキしながら読むことができました。

 

また主人公以外にキャラクターで特に影武者たちにも
しっかりとバックグラウンドがあるので
彼らがどうなっていくのか・・・
という点は非常に楽しめました。

 

キャラクターがとにかく多く
名前も似たような感じの人がいっぱい出てきますが
比較的描き分けがしっかりされているので
あまり混乱することはありませんでした。

 

明るい話ではないですが
読みごたえはある作品となっております。

 

王国の子を読んでみるならこちら

 

サイト内より【王国の子】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。