昭和元禄落語心中のネタバレと感想!アニメの原作の試し読みやあらすじも

syowagenrokurakugoshinjyu

この記事は約 6 分で読めます。



雲田はるこ先生の作品の激動の時代を生きた落語家たちの
因縁を描いた昭和元禄落語心中。

 

昭和最後の大名人と呼ばれる落語家・八代目有楽亭八雲の弟子は
刑務所帰りの元チンピラ・与太郎。

 

因縁渦巻く有楽亭に名を連ねることとなった与太郎は
果たして八雲の名を継ぐことができるのでしょうか?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【昭和元禄落語心中】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

昭和元禄落語心中を無料で立ち読み

 

昭和元禄落語心中のあらすじは?

 

弟子を取らないことで有名な八代目有楽亭八雲の元に
一人の男が弟子入りを申し出ます。

 

男は刑務所を出所したばかり。

 

以前はチンピラをしていましたが
与太郎と名を改めて八雲の弟子になりました。

 

師匠の家に住み込みで修行することになった与太郎は
八雲の養女・小夏と出会います。

 

小夏の父親は八雲の兄弟子であり天才落語家の二代目有楽亭助六です。

 

八雲は若くして死んだ兄弟子の代わりに小夏を育てました。

 

昭和元禄落語心中
昭和元禄落語心中

 

修行を積み落語の腕を上げていく与太郎ですが
誰の真似でもない自分の落語を見つけることができません。

 

挙句、師匠の独演会で居眠りをして破門にされてしまいます。

 

破門の取り消しを求める与太郎に対し八雲は語り始めます。

 

八代目八雲の名をかけて競り合う二人の
落語家の昔話と兄弟子の死の真相を――。

 

昭和元禄落語心中を読んでみる

 

サイト内より【昭和元禄落語心中】と検索。

 

BookLive

 

昭和元禄落語心中のネタバレやその後の展開は?

 

八代目八雲の若い頃の名前は菊比古といって芸者の息子でした。

 

幼くして母を亡くし縁のあった
七代目八雲に引き取られ内弟子になります。

 

菊比古の兄弟子は初太郎といって後の二代目助六です。

 

この頃から既に才能の片鱗を見せていた初太郎に対し
菊比古は憧れとも嫉妬とも言えぬ感情を抱きます。

 

落語漬けの日々を送っていた助六はみるみるうちに落語の腕を上げていきますが
師匠の恩情で学校に通わせてもらっていた菊比古との実力差は広がるばかりです。

 

二つ目になっても自分の落語を見つけることができず
苦しむ菊比古に転機が訪れます。

 

助六が鹿芝居をやろうと言うのです。

 

鹿芝居とは若手落語家による芝居のことです。

 

最初は渋っていた菊比古も落語を盛り立てたいという
助六の熱意に圧倒され鹿芝居で弁天小僧を演じることになります。

 

演目は「弁天娘女男の白波(べんてんむすめ めおのしらなみ)」。

 

昭和元禄落語心中
昭和元禄落語心中

 

女に化けた美青年・弁天小僧が登場する
「知らざあ言って聞かせやしょう」の名台詞で有名な芝居です。

 

これが当たり役でした。

 

落語でも女役に定評のあった菊比古ですから
弁天小僧に扮した菊比古の艶っぽさといったら。

 

菊比古が右へ動けば観客も右を見るし左へ動けば左を見ます。

 

落語では助六の影になってばかりいた菊比古にとって
脚光を浴びるのは初めての経験でした。

 

これを機に菊比古は落語でも女役のある艶笑噺や廓噺を得意とするようになり
自分の落語に自信を持つことができるようになりました。

 

昭和元禄落語心中を試し読みしてみる

 

サイト内より【昭和元禄落語心中】と検索。

 

昭和元禄落語心中の感想は?

 

主人公は与太郎でいいと思うのですが話の軸になっているのは
与太郎の師匠である八雲が菊比古だった頃の昔話です。

 

菊比古が助六への憧れと劣等感に苛まれている一方で助六は
師匠に可愛がられている菊比古を羨ましく思っています。

 

神経質で色気のある菊比古と大雑把で豪快な助六。

 

落語も性格も正反対の菊比古と助六は
まるで光と影のように運命も相反していきます。

 

菊比古がとにかく色っぽいんですよね。

 

昭和元禄落語心中
昭和元禄落語心中

 

「おまえさん」とか「よしとくれ」とかちょっと現代では聞かないような
しゃべり方をするんですがこれがまた色っぽくて女顔負けです。

 

もちろん落語の魅力も満載です。

 

話しながら着物をするりと脱ぐ所作とか
扇子の使い方とか絵的にも面白く描かれています。

 

この漫画をきっかけに寄席に足を運んだ人も少なくないみたいですよ。

 

昭和元禄落語心中を読んでみるならこちら

 

サイト内より【昭和元禄落語心中】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態