マガユメのネタバレと結末!無料試し読みやあらすじも

magayume

この記事は約 5 分で読めます。



山崎峰水先生の作品のマガユメ。

 

都市伝説的な黒い男の夢・・・。

 

しかしその黒い男の夢を実際に見たと言う者も現れ
黒い男は毎晩夢の中に現れ何やらカウントダウンをしていると・・・。

 

カウントダウンが終わった先に起きたこととは――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【マガユメ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マガユメを無料で立ち読み

 

マガユメのあらすじは?

 

絶対に見たらヤバイ夢の話って知ってるかと
同じ学校の3人の男子が話をしていました。

 

そのうちの1人はまた都市伝説的なヤツかと言うと
言い出した男子はそうだけどマジだと言うのです。

 

全身真っ黒の男が出てくる夢ってヤバいと
その夢を見た奴は数日以内に死ぬと・・・。

 

その男子はネットなどでそういう都市伝説的なものを
調べたり信じたりしている感じのようでしたが
他の2人はくらだないとネットを信じすぎだと言いました。

 

そんな3人が話しているところにその夢をどうしたら
見ないようにできるかと聞いてきた男子がいました。

 

その男子の名前は西島と言い他の男子は西島って
そういうの信じちゃう系なのかとかオカルトが好きなのか
そんなことを聞く始末・・・。

 

しかし西島はそういうのではなく実はもう
その夢を見ているのだと答えるのでした――。

 

マガユメを読んでみる

 

サイト内より【マガユメ】と検索。

 

BookLive

 

マガユメのネタバレやその後の展開は?

 

西島はその夢について話し始めました。

 

最初は自分の部屋の隅に黒い男がただ立っていて
なにかをブツブツ言っていたと言うのです。

 

最初はただの変な夢だと思っていた西島。

 

しかしその黒い男は次の日もまた現れてやっぱり部屋の中におり
ブツブツと言っていると・・・。

 

「ア・・・とじゅう・・・」

 

それは数字で11,10と何かのカウントダウンのようで
しかもその黒い男は微妙に少しずつ近づいてくる・・・。

 

毎晩毎晩少しずつ近づいてきて昨日の晩はとうとう
枕元まできてこう言ったというのでした。

 

「あシたね・・」

 

西島はもしかしてボク明日・・・と言いかけるのですが
他の3人は大丈夫だとそんなことで死ぬわけがないと
西島を励ますのでした。

 

しかしその夜、西島は亡くなってしまったのでした・・・。

 

葬儀では西島が亡くなったときのことをウワサする者も・・・。

 

それは夜中に寝ていて突然亡くなり
医者に尋ねても原因がわからないというのです。

 

その話を聞いた3人はまさかと本当に黒い男がと言いますが
都市伝説的な話をし始めたあの青年だけはその話について
やめろと耳をふさぐのでした。

 

2人はその青年が最初に言い出したのではないかと言いますが
青年は昨日自分の夢にもあの黒い男が現れたと言うのでした。

 

「あト・・・じゅういち」

 

黒い男はそうカウントダウンを始めたのでした・・・。

 

マガユメを試し読みしてみる

 

サイト内より【マガユメ】と検索。

 

マガユメの感想は?

 

表紙のイラストやタイトルから夢が関係していると
すごく気になって読んでみたのがきっかけです。

 

本作は短編集で黒い男の夢の他にも
缶詰頭の夢という作品も収録されていましたが
私的には黒い男の夢がちょっと怖かったです。

 

西島が黒い男の夢を見たときはまだそれが本当のことか
わかっていないときだったので良かった気もしますが
西島が本当に亡くなってしまい自分も同じ夢を見てしまい
死へのカウントダウンが始まってしまったら
居ても立っても居られないですよね・・・。

 

自分は11日後に亡くなってしまうのですから・・・。

 

あの黒い男はいったい何なのか
何を理由に人を選んでいるのか
すごく気になってしまった感じです。

 

マガユメを読んでみるならこちら

 

サイト内より【マガユメ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態