ひだまりが聴こえるのネタバレと感想!映画の原作の試し読みやあらすじもあり

hidamarigakikoeru

この記事は約 7 分で読めます。



文乃ゆき先生の作品のひだまりが聴こえる。

 

難聴を抱え周囲に誤解を受けうまく馴染めないでいる大学生の航平。

 

諦め人と距離を置くようになっていた彼の前に現れたのは
底抜けに明るい同級生の太一でした。

 

友達以上だけど恋人ではない・・・
二人の不思議であたたかい関係が紡がれていきます。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ひだまりが聴こえる】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ひだまりが聴こえるを無料で立ち読み

 

ひだまりが聴こえるのあらすじは?

 

太一はまっすぐで明るい性格の大学生。

 

しかし正義感からバイト先でトラブルを起こしまくり
今やどこにも雇ってもらえない状態となっています。

 

夢もなくお金もなくただ高校時代の担任から
進められるがまま大学へ進学したものの退屈な日々を送る太一。

 

そんな太一はある日、屋根の上で
一人で昼食を食べている美しい青年に出会います。

 

お腹を空かしていた太一に弁当をくれた彼ですが
一言も言葉を発することなく立ち去ってしまいます。

 

彼の名前は杉原航平、太一と同じ一年生でした。

 

ひだまりが聴こえる
ひだまりが聴こえる

 

不愛想で付き合いが悪く良い噂を聞かないという彼は
どうやら耳が聞こえないようですが
友人の言葉ではその話が定かすらもはっきりしません。

 

彼に弁当箱を返すためとお礼を言うため太一は再び会いに行き
借りを返したいと彼のノートテイカーとなることを提案します。

 

ノートテイカーとは聴覚障がい者のために講義内容を
筆記で纏め対象生徒に通訳する役割です。

 

自分が航平のノートテイカーになることを
提案する太一でしたが航平からの言葉はありません。

 

聴こえないんだったと慌てて筆談をしようとする太一に
航平はゆっくり喋ってくれればわかるとはじめて言葉を発します。

 

ひだまりが聴こえるを読んでみる

 

サイト内より【ひだまりが聴こえる】と検索。

 

ひだまりが聴こえるのネタバレとその後の展開は?

 

航平は産まれつきの難聴というわけではなく
中学生の頃に高熱が出てしまったことの後遺症によるものです。

 

元々は当たり前のように聞こえていた音が聞こえづらくなった
しかし全く聞こえていないわけではない・・・そのような難しい状態です。

 

周囲からは障害を理解されず心無い言葉や態度を
取られることが多くなっていくにつれ航平はどんどん
心を閉ざし周囲と距離を置くようになっていきます。

 

そんな彼に太一は壁を作ることなく近づき明るい態度で接します。

 

卑屈になる航平を耳が聞こえないのはお前のせいじゃないと励まし
ノートテイカーとして以上のかかわりをもってくれようとする太一。

 

ひだまりが聴こえる
ひだまりが聴こえる

 

当たり前のことを当たり前だと悪いことではないのだと言ってくれる太一の言葉は
これまで障害を理解されないばかりだった航平の心に深く響き彼は涙を流します。

 

太一の明るさと言葉に励まされ航平も彼にお弁当を
作ってあげるようになるなど次第に心を開いていきます。

 

しかし暖かい二人の時間は長くは続きませんでした。

 

落ち着いていた航平の聴覚が悪化し今まではゆっくり話してもらえば聞き取れていた声すら
このままでは聞こえなくなってしまうかもしれないという状態になってしまうのです。

 

太一の声が聴こえなくなるのは嫌だ航平は涙を流しながらそう思い
同時に自身の中にある太一への思いが友情ではなく恋心であることを自覚します。

 

そして自身のその思いを隠すことなく太一へと告げるのでした。

 

ひだまりが聴こえるを試し読みしてみる

 

サイト内より【ひだまりが聴こえる】と検索。

 

BookLive

 

ひだまりが聴こえるの感想は?

 

実写映画化が決定している本作はあまり内容を知らなかったので
この機会に読んでみたんですが正直ボーイズラブ漫画とは思わなかったので
まずはそこから驚きでした。(笑)

 

ボーイズラブ漫画で障がい者持ちのキャラクターがメインのはなしかぁ・・・
と少しハラハラしながら読み始めたんですがボーイズラブ漫画だからといって
読まない人がいることがもったいなく感じるほどいい漫画でした。

 

聴覚障がい者の苦悩、葛藤が上辺だけのお涙頂戴ではなく
かなりしっかり描かれており読んでいて辛くなってくる部分もあるほどでした。

 

私の高校時代の友人にも突発性難聴の子がいるんですが
実際かなり理解されにくく周囲からの反応もきついことが多いんですよね。

 

本作でも語られていましたが難聴の人にはゆっくりはっきり喋ってくれれば
聞き取れる人や片耳だけなら聞こえる人、聞こえる時と聞こえない時で
ムラがある人・・・など色々なタイプの人がいます。

 

しかしそのせいで聞こえないふりをしていると誤解をされたり
面倒くさそうな反応をされたりすることが非常に多いそうです。

 

ひだまりが聴こえる
ひだまりが聴こえる

 

そのあたりの事情がかなりしっかりと描かれておりそれゆえに
徐々に航平の心が閉ざされていく様子は非常につらかったです。

 

航平は中学生の頃までは健常者だったため
なおさら周囲や自分の変化が辛かったんでしょうね。

 

ボーイズラブ漫画ですが航平と太一がお互いを意識するまでの関係が
丁寧に描かれているので濃厚なエッチ描写などは一切ありません。

 

そしてあらすじの時点ではなんとなく航平が受けなのかと思っていましたが
これはたぶん航平×太一ですね・・・まだ全然そういう関係ではないですが。

 

話自体は非常に丁寧に繊細に作られているのでストーリー重視の
ボーイズラブ漫画が読みたいときにはお勧めの作品です。

 

ひだまりが聴こえるを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ひだまりが聴こえる】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態