魍魎の揺りかごのネタバレと結末(ラスト)!感想や試し読みのまとめ

moryonoyurikago

この記事は約 7 分で読めます。



三部けい先生の作品の魍魎の揺りかご。

 

修学旅行中、真琴達は事件に巻き込まれた。

 

それは水中に沈んでしまった豪華客船の中
殺人鬼に追われるという最悪の事件。

 

果たして真琴は無事に生きて帰ることができるのか・・・?!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【魍魎の揺りかご】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

魍魎の揺りかごを無料で立ち読み

 

魍魎の揺りかごのあらすじは?

 

「雅!こっち!手を伸ばしてー!」

 

真琴は水がぽつんと頬に落ちてきたことで目を覚ましました。

 

意識がなくなる前に何があったのかを思い出した真琴は
雅を探すものの姿は見えない・・・。

 

すると瓦礫の下に見覚えのある腕輪のついた手を見つけたのです。

 

その手を引っ張ると・・・腕だけだったのでした。

 

その事実に恐怖した真琴は必死に
クラスメイトの名前を叫び助けを求めます。

 

そうしているうちに地震のような揺れが真琴を襲い
誰か助けて・・・そう思いながら
腕輪を抱きしめ真琴はうずくまったのです。

 

魍魎の揺りかご
魍魎の揺りかご

 

そのころ別の場所では雅を殺した殺人鬼が
未だに惨殺を繰り返していました。

 

逃げ惑う生徒達・・・先生は必死に抵抗しますが
頭蓋骨を砕いても倒れない殺人鬼になす術がない。

 

そして真琴のいる瓦礫の向こう側でも誰かが瓦礫を砕いている音が・・・。

 

殺人鬼が持っていた斧のことを思いだし
なんとか逃げようとする真琴ですがが出口はない。

 

もうだめだ・・・そう思ったその時
空いた穴から顔を覗かせたのはクラスメイトの滝川でした。

 

滝川についていくとそこにはクラスメイトの春日もおり
3人で瓦礫をさらにどかし奥へと進んでいくのです。

 

するとそこには他のクラスメイトが作ったらしきバリケード。
しかし安心したのもつかの間そこには殺人鬼と化した先生が・・・。

 

なぜ先生が?そう考える暇もなく襲いかかられるのです。

 

斧が真琴を捕らえそうになったそのとき地震のような揺れが起こり
先生の上に柵が落ちてきて真琴は助かったのでした。

 

殺人鬼はまだいきている。

 

水中に沈んだ船の中、果たして真琴達の運命は・・・?!

 

魍魎の揺りかごを読んでみる

 

サイト内より【魍魎の揺りかご】と検索。

 

BookLive

 

魍魎の揺りかごのネタバレとその後の展開は?

 

なんとかクラスメイトと合流することができ
真琴達は5人で行動することに。

 

沈んだ船の中というのにさらに殺人鬼がいる・・・
しかも殺人鬼は1人ではなく感染してしまうものだと。

 

そんな状況でただひとつの規模は船の信号により救助がきてくれること。

 

それだけを期待してまずは水から逃げるために
少しでも上に登っていくことにした真琴たち。

 

まず使えそうな階段を見つけ3階に上がることに。

 

瓦礫の隙間を通り抜けようとしたそのとき
クラスメイトである弥生の姿を見つけましたが
彼女は腕を挟まれていて動けないようでした。

 

助け出そうとする真琴でしたが弥生は今にも
噛みつきそうな勢いで真琴のほうに迫ってくる。

 

とっさに滝川が真琴の顔を背けさせると
弥生は頭をぶつけ血を流してしまいました。

 

心配した真琴はハンカチでその傷を拭いますが
血を拭き取った後の額にはもう傷はなかったのです。

 

魍魎の揺りかご
魍魎の揺りかご

 

何が起きたのかと唖然としていると急にまた揺れが襲い
降ってくる瓦礫から逃れなんとか無事にすんだ5人が
弥生の方に向くとそこに弥生の姿はなかったのでした。

 

どこへいったのか不審に思っていると
いつの間にかカナの背後に人影が・・・。

 

腕を振り下ろす人影、それは弥生でした。

 

振り下ろされた腕の先はさっきの瓦礫でなくなっていたため
カナには当たらず済んだのですが弥生は
「腕を頂戴」と言いながらカナの腕に噛み付いたのです。

 

仕方なく滝川は弥生の首筋に斧を振り下ろし
そして弥生はピクリとも動かなくなったのでした。

 

殺人鬼の症状は感染するという線が濃厚となり感染方法で有力なのは
「接触感染」なのではないかとみんなの中で結論付けられました。

 

その時に1番感染を疑われたのは
みんなは言いませんが噛みつかれたカナです。

 

自分が感染しているわけがない・・・と
噛まれた傷口を水で洗い流すカナですが
綺麗になったその腕にはもう傷はなかったのです。

 

驚異の回復力を弥生で見ていたカナは感染しているかもと思いますが
滝川が弥生をためらいなく殺したことを思い出し
自分で同じように腕に噛み付いて傷口を作ったのでした。

 

カナは感染してしまったのか・・・?

 

真琴達は果たして殺人鬼から逃れ
水中から脱出できるのでしょうか・・・?

 

魍魎の揺りかごを試し読みしてみる

 

サイト内より【魍魎の揺りかご】と検索。

 

魍魎の揺りかごの感想は?

 

この作品はアニメ化された漫画「僕だけがいない街」の作者
三部けい先生が描くスリリングなホラー漫画です。

 

ストーリーがジェットコースターのようにスピーディーに
息をつく暇もなく展開されていきます。

 

一巻の初めから残虐シーンという怖いものが苦手な人にとっては
読み進めたくなくなるような衝撃の始まりですが
怖いもの好きにとっては興味をそそられる感じです。

 

魍魎の揺りかご
魍魎の揺りかご

 

修学旅行中に水中に沈んでしまった豪華客船の中
殺人鬼に追われる生徒達。

 

しかもただの殺人鬼ではなくその殺人鬼からは
「感染」していってしまうというこの逃げ場のなさ。

 

迫り来る恐怖からどのようにして逃げ出し
水中から脱出していくのかが最大の見ものです。

 

そして人間の心の中の醜さも細かく表現されています。

 

実際にこのような状態に陥ってしまった時
まさにこう動くだろうなあという
絶妙な動きを見せてくれるこの物語。

 

ホラーや残虐シーンが苦手でなければぜひお手に取ってみてください。

 

魍魎の揺りかごを読んでみるならこちら

 

サイト内より【魍魎の揺りかご】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態