僕だけがいない街(漫画)のネタバレや感想そして犯人は誰?

僕だけがいない街(漫画)のネタバレや感想そして犯人は誰?

この記事は約 7 分で読めます。



アニメ化も映画化もされた三部けい先生の作品の僕だけがいない街。

 

29歳売れない漫画家の藤沼悟は「リバイバル」という
タイムスリップできる特殊能力をもっていた。

 

しかしそれは彼の意志とは無関係に起こり直後に起きる
「悪いこと」への関わりを強制されるようなもので
未然に防いでもマイナスがゼロになるだけと良いと思って居なかった――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【僕だけがいない街】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕だけがいない街を無料で立ち読み

 

僕だけがいない街のあらすじは?

 

バイトのピザ屋の配達中に違和感を感じた悟は
子供とトラックの事故を未然に防ぐことに成功する。

 

しかしそれにより悟は入院――。

 

現場に居合わせたバイト仲間の愛里が
付き添ってくれたようで母親は
北海道からやってくることになる。

 

母親との買い物中にまた違和感を感じた悟は
母親に周りを見るようにお願いする。

 

僕だけがいない街
僕だけがいない街

 

勘の鋭い母親は男性と子どもを見つける。

 

気付かれたと感じた男は子供を置いて逃亡し
母親はその男が誘拐未遂と断定。

 

男の行動から自分を知っていて過去の事件と
つながりがある人物だと感じた母親は犯人にたどり着く。

 

しかしそれに気づいた犯人によって刺されてしまう。

 

家に帰って来た悟は母親の遺体を発見し
慌てて触ってしまったことにより犯人として疑われ逃亡。

 

母親の死を受け入れられない悟は「リバイバル」を試みて
その結果1988年のあの事件の前の悟が小学生の時に戻ることになる――。

 

僕だけがいない街を試し読みするならこちら

 

サイト内より【僕だけがいない街】と検索。

 

僕だけがいない街のネタバレやその後の展開は?

 

過去に戻ったのにはきっと意味があると感じた悟は
気付かないようにしていた忘れようとしていた
過去の後悔をやり直すことにします。

 

それは同級生である「雛月加代」の死でした。

 

クラスで浮いた存在であった彼女はいつも一人でした。

 

あの時自分が声をかけていれば…誘拐されることもなく
彼女は死ななかったのかもしれないとその後悔が常にあったのです。

 

それに彼女の死の犯人が悟と仲良くしてくれていた年上の
「ユウキ」さんだというのも悟には信じられませんでした。

 

もちろんそのことを訴えたのですが
子どもの自分では相手にしてもらえなかった…。

 

彼女の死を阻止することが母親を助けることに
つながると信じて小学生に戻った悟は
徐々に当時のことを思い出していきます。

 

雛月といることで死を阻止できるはずだと考えます。

 

その中で彼女は虐待されているということにも気づきます。

 

雛月が亡くなった年齢から彼女の誕生日まで
生きていれば大丈夫だと推察し無事誕生日を向けますが
次の日学校に来ない事を心配し家まで押しかけた悟は
彼女が死んだことを察します――。

 

僕だけがいない街
僕だけがいない街

 

そして気が付くと元の世界に戻っていましたが
それにより過去の変化は未来にも影響すると知るのです。

 

悟は犯人にされてしまう!と逃亡し
それを助けてくれたのは愛里でした。

 

そして捕まりそうになった時
また「リバイバル」が起こります。

 

一人では限界があると感じていたところに
友達である賢也が味方になります。

 

賢い仲間が増えたことにより今までとは違った
アプローチで雛月やユウキを救うことに成功します。

 

しかし元に戻らない事から
まだやることが残っているんだと感じます。

 

雛月の次に襲われるのは…などと
考えていた悟は犯人に近づきすぎます。

 

友達を救うために必死になり過ぎた悟はたまたま
近くに居た担任「八代先生」の車に乗りお願いをします。

 

しかしそれは犯人の八代による罠で…
悟に危険を感じ殺してしまおうとしていました。

 

悟を車に乗せシートベルトが外せないよう
細工をした上で車ごと沈める八代先生に
悟は先生を信用し過ぎたことを後悔して…。

 

時は流れ15年後――。

 

悟はあの事件により植物状態になり
長い眠りから目を覚まします。

 

しかし悟の最後の記憶はあの日ではなく1度目の
タイムスリップの直前の母親と喧嘩した小学生の頃の記憶でした。

 

雛月と仲良くしていた記憶も大人になった時の
記憶もタイムスリップした記憶もありません。

 

それでも大人になった雛月を見て
安心感のような感情も芽生えます。

 

またあるはずのない大人になるまでの記憶や
習っていない感じの画力に悟は驚きます。

 

そんな中友人賢也は調査を続けていて
まだ出逢っていないはずの愛里との再会に懐かしさを覚え…。

 

僕だけがいない街を試し読みしてみる

 

サイト内より【僕だけがいない街】と検索。

 

僕だけがいない街の感想は?

 

様々な場面で伏線が張られていて
その回収が見てて気持ちよいです。

 

最初は悟と一緒に犯人を想像し
今は読者は犯人を知っているのに…という状況。

 

ここからいかに盛り上がってくるかがとても楽しみです。

 

僕だけがいない街
僕だけがいない街

 

当初10歳で亡くなってしまった雛月や
広美が大人になり子供を産んでいるだけで
感動ですし2度も大人になってしまった悟は
今後どうなっていくのか――。

 

まだまだ伏線もたくさんあるので
とても続きが気になる漫画です。

 

僕だけがいない街を読んでみる

 

サイト内より【僕だけがいない街】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態