リアルアカウントのネタバレや感想!無料試し読みやあらすじも

realaccount

この記事は約 8 分で読めます。



オクショウ先生・原作、渡辺静先生・漫画のリアルアカウント。

 

週刊少年マガジンで連載の
話題のデスゲーム漫画、リアルアカウント!

 

舞台は国民的SNSで何でもできるようになった世の中。

 

柏木アタルはある日突然、フォロワー0で即死亡という
最低最悪のデスゲームに巻き込まれていくことに――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【リアルアカウント】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リアルアカウントを無料で立ち読み

 

リアルアカウントのあらすじは?

 

柏木アタルは、ごく平凡な男子高校生。

 

クラスメイトは皆、リアアカこと
リアルアカウントに夢中です。

 

リアアカは数年前まで数多くあったすべてのSNSが
統合してできたものでいまや国内最大SNSと化しています。

 

現実のサービスなどともリンクしており
最早現代人にとっては必要不可欠なSNS。

 

アタルはクラスメイトにはやっていないと言っていますが
実はリアアカで1540人ものフォロワーを持つヘビーユーザーです。

 

クラスメイトとは一線を引くアタルでしたが
リアルアカウント内には大勢の「友達」が存在しています。

 

両親が死去し唯一の肉親である妹・ユリと
貧乏ながらも平凡な毎日を過ごしていたアタル。

 

しかしその日常は、ゲームのはじまりだという一文により
消し飛ぶこととなります。

 

リアルアカウント
リアルアカウント

 

謎の光に包まれえたアタルが目を覚ました場所
それはどこからどうみてもリアアカの世界で・・・。

 

リアアカに夢中になっている人々の脳をリアルアカウントの中に
閉じ込めたと告げるマスコットキャラのマーブル。

 

そして見せしめのように一人の男性を殺し
この世界で死ぬと現実世界の身体も死ぬそして同時に
そのフォロワーも死亡するということを告げます。

 

さらにこの中で行われることは日本中にリアルタイムで
生中継されており全ての国民に見られているということも。

 

ある理由とある目的で集められたという
10,000人のユーザーたち。

 

突然の事態に呆然とする彼らをあざ笑うかのように
最初のゲームがはじまります。

 

リアルアカウントを読んでみる

 

サイト内より【リアルアカウント】と検索。

 

リアルアカウントのネタバレとその後の展開は?

 

第一のゲームは「リアルフォロワー診断」。

 

ゲーム内のユーザーが死ねば現実世界にいる
フォロワーたちも死ぬことは最初で実証済み。

 

そのうえでマーブルは3分間だけフォロワー登録を
解除する時間を与えると宣言します。

 

フォロワーが0になるとユーザーは死んでしまうということも
同時に発表しますが巻き添えになりたくないと
現実の人々は続々とフォローを外していきます。

 

アタルの1540人いたフォロワーも瞬く間に減っていきます。

 

信じてくれるフォロワーがいる人の一方で
家族や恋人からも見捨てられ続々と人が死んでいきます。

 

アタルのフォロワーもついにあと一人となってしまい
彼にはその人物の見当はついていました。

 

それは唯一の妹であるユリで彼女は最後まで
フォローを外さないとアタルに電話で伝えます。

 

しかしアタルは彼女を巻き込みたくないとそれを拒否し
ユリをブロックするという最終手段に出ます。

 

ですがブロックしたにもかかわらずアタルは死にませんでした。

 

フォロワーが0となる直前に何者かがアタルをフォローし
かろうじてフォロワーを一人得ていたのです。

 

リアルアカウント
リアルアカウント

 

そうして終了となった「リアルフォロワー診断」。

 

最終的に残った人数は最初の半分以下の4684人・・・。

 

血と悲鳴に包まれる空間の中アタルは嘲笑うマーブルに向け
「必ず生き残ってお前を殴り飛ばしてやる!!」と啖呵を切ります。

 

こうしてはじまった過酷なデスゲーム。

 

その後も持ち前の正義感と芯の強さ
頭の回転の良さでゲームを乗り越えていくアタル。

 

妹そっくりな少女・こよりとの出会いと協力もあり
協力者の犠牲がありながらも順調に
ゲームを進めていっているように見えましたが・・・。

 

徐々に明かされていくアタルの過去と家族の秘密。

 

そしてこのゲームに隠された大きな秘密。

 

アタルの物語はこれからはじまる長いデスゲームという名の
陰謀のほんの始まりに過ぎなかったのです。

 

リアルアカウントを試し読みしてみる

 

サイト内より【リアルアカウント】と検索。

 

BookLive

 

リアルアカウント感想は?

 

1999年に発表された高見広春先生の小説「バトル・ロワイアル」。

 

大ヒットとなった本作品を皮切りに2016年現在まで
デス・ゲームものの作品というのはどんどん増えている印象を受けます。

 

「リアルアカウント」もそんなデスゲームを題材にした作品の一つで
正直読み始めたときはまたデスゲームものかという気持ちでした。

 

ですがSNSという現代人とは切っても切り離せない
関係にあるものを題材にし実際に利用者であれば
多くが聞いたことのあるものを題材に繰り広げられるデスゲームは
妙なリアリティとスリルがあります。

 

また2巻までは単純にデスゲームものといった感じなのですが
3巻という早い段階で主人公が変わりそこからは新しく第二部がはじまります。

 

1~2巻まではなんだったんだ!?と一瞬思ってしまいましたが
再び始まったデスゲームとその中で徐々に明かされていく真実と
回収されていくこれまでの伏線に気が付けばすっかり夢中になっていました。

 

リアルアカウント
リアルアカウント

 

1~2巻でデスゲームの内容や世界観を理解し
それ以降でちりばめられていた伏線やこのデスゲームの目的などを
明らかにしていく・・・という感じでしょうか。

 

なんかどこかで見たことがあるぞ!?という世界観やネタ
時事ネタもバンバン使われていてそれがまたいい味を出しています。

 

SNSをやっている人であればこの世界観に
どっぷりのめり込んでしまうのではないでしょうか。

 

最新のコミックではついに第三のゲームが始まった本作。

 

謎が謎を呼ぶ展開でまだまだわからないことや
明かされていない真実がたくさんありますので
今後も展開から目が離せません。

 

リアルアカウントを読んでみるならこちら

 

サイト内より【リアルアカウント】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態