東京カラスのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり

tokyokarasu

この記事は約 8 分で読めます。



宮下裕樹先生の作品の東京カラス。

 

都市伝説がはびこる大都市・東京――。

 

警察が介入することはないその奇怪な現象や噂を
秘密裏に解明する組織が存在した。

 

女子高生・大島田満子率いる「都市伝説研究会」は
不条理で不可思議な事件に勝負を挑む!

 

霊視能力を持つ犬のような相棒とともに
今日も都市伝説の解明に勤しむ満子の前に現れたのは
黒い翼を持つカラスのような少女だった――・・・!?

 

めちゃくちゃなヒロインが大暴れ?全く新しいオカルトコミックが登場!!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【東京カラス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

東京カラスを無料で立ち読み

 

東京カラスのあらすじは?

 

巷で噂される都市伝説「怪人赤マント」の情報を聞きつけ
現場へと向かうひとりの女子高生と一匹の犬。

 

長い金髪にくわえタバコ、メガネの下の鋭い眼光――
そして、バイオレンス的な風体には似つかわしくないセーラー服。

 

彼女の足元にはこれまた覆面をした異様な風体の犬らしき動物が。

 

嫌がる犬を無理矢理連れて
その女子高生・大島田満子は廃校へと向かいます。

 

カラスの鳴き声ひとつでもビビりまくり
帰ろうとする犬に向かって満子は暴言を吐きます。

 

「私の保護下を離れれば、お前みたいな奇怪な生物は保健所でソッコー殺処分だ」

 

その犬は犬の風貌をしながらなぜか流暢な言葉を話していたのです。

 

しかも霊感があるらしい犬は廃校から感じる
異様な雰囲気に怖気づいていました。

 

その廃校は赤マントの噂とともに
傷害致死事件も起きたというリアルに危ない場所でした。

 

東京カラス
東京カラス

 

迷わず女子トイレに向かった満子は
トイレのドアを思い切り蹴破ります。

 

するとそこにいたのは事件に関係しているとみられる通り魔の男だけ。

 

その男を難なく倒したのはいいものの赤マント事件解決で
金儲けする当てが外れた満子は残念がりますが次の瞬間
「赤いマント着せましょか?」と本物の赤マントが現れます。

 

出た、と恐がりその場から逃げ出す犬に対し
全く霊感のない満子はどこに赤マントがいるのかわかりません。

 

勘を頼りに攻撃を仕掛ける満子でしたが
先ほど倒した男に憑いた赤マントに捕まってしまいます。

 

ナイフで刺されそうになった絶体絶命の彼女を救ったのは――・・・!

 

両腕に黒い大翼を携えた少女。

 

まさにカラスのような風貌の彼女は足に持った棒で
その男を殴り満子のピンチを救ったのです。

 

「やっと会えた・・・大島田さん」

 

何故か満子のことを知っているような
口ぶりの彼女に対し全く記憶のない満子。

 

しかし、そのカラス少女の身のこなしに目をつけた満子は
自分たちの部活「都市伝説研究会」にスカウトするのですが・・・。

 

東京カラスを読んでみる

 

サイト内より【東京カラス】と検索。

 

東京カラスのネタバレとその後の展開は?

 

こうして会長の人面犬・滝川信悟、会長代理・大島田満子に加え
新たに会員となったカラス少女・井黒巴を加えた3人(?)で
再スタートとなった「都市伝説研究会」。

 

とある事情で極貧生活を送っている満子は金の匂いがする
事件をかぎつけてはあの手この手で怪奇現象と戦っていきます。

 

彼女をサポートするのは何故か人面犬になってしまった滝川と
普段は人間の姿をしているがカラスのように変化する謎の少女・巴。

 

こんな面々で様々な都市伝説に挑んでいきます。

 

さらに人面瘡に憑かれた童貞男と時代錯誤な不死身男
地雷女の毒島先生など個性的なメンバーも加わり賑やかに物語は進行。

 

東京カラス
東京カラス

 

満子をはじめとする主要キャラクター3人の
過去や素性なども徐々に明らかに。

 

退魔の力が宿る刀を振り回し退魔の札なども
かなり詳しいオカルトマニア・満子の正体は
東京を守護する陰陽師の名門・大島田家の元跡取り娘。

 

満子の相棒である人面犬・滝川はある呪いで
犬の体になってしまっているのですが
その原因は満子にあるようで・・・?

 

そしてカラス少女・巴は正真正銘のカラスであり
かつて満子が助けた一羽のカラスであることが判明します。

 

赤マントを皮切りにダッシュ婆、テケテケ、呪いのビデオなど
様々な都市伝説の謎を暴いていくメンバー。

 

多発する東京の都市伝説の大元がかつて満子が空けたという
東京の地下を貫く横穴だということも分かってきます。

 

さらには満子に代わり実家の養子になったクリスティーヌ・春子も登場し
大島田家や陰陽界の抗争も絡みながら徐々にシリアスな雰囲気に・・・。

 

シリアスでありながらもクスッと笑える要素も満載の作品。

 

ぜひ続きはご自身の目でお楽しみください!

 

東京カラスを試し読みしてみる

 

サイト内より【東京カラス】と検索。

 

BookLive

 

東京カラスの感想は?

 

何とも奇妙な面々が送る痛快オカルト・アクション
満子率いる「都市伝説研究会」のメンバーこそが
まさに都市伝説といった感じですが内容はとても面白いです。

 

美麗な絵と疾走感のあるストーリーに惹きつけられます。

 

主人公が女性で日本刀を振り回しバイオレンス的な要素満載・・・
という設定だけで興味をそそられますが
周囲の登場人物が謎だらけで笑える要素も。

 

作中には色々なオカルト・都市伝説等々が登場し解決していくのですが
満子の実家問題や、人面犬の会長、カラス少女の謎など
縦軸も気になるものばかりで読み応えたっぷりです。

 

東京カラス
東京カラス

 

満子たちが解決していく都市伝説の中には
感動的なストーリーも織り込まれています。

 

次第に物語は謎のトーナメント戦に突入。

 

霊能力、怪奇現象なんでもアリのこの大会
霊能力ゼロの満子にはちょっと厳しい様子・・・。

 

ズタボロになりながらも仲間たちとともに勝ち進んでいく姿は注目です。

 

ギャグ要素が強めなのでホラーやオカルトが苦手な方でも大丈夫。

 

コミカルな掛け合いが面白いので男女問わず
楽しんでもらえる作品だと思います。

 

気軽に読めるオカルト漫画ですので、ぜひ試してみて下さい。

 

東京カラスを読んでみるならこちら

 

サイト内より【東京カラス】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態