死人の声をきくがよいのネタバレと感想!試し読みやあらすじも

shibitonokoewokikugayoi

この記事は約 8 分で読めます。



ひよどり祥子先生の作品の死人の声をきくがよい。

 

幽霊が見える少年岸田の前にある日
幼馴染の早川さんが幽霊となって現れるます。

 

幽霊が絡むと面倒なことになるのがわかっている岸田は
なるべく関わらないつもりだったのですが・・・。

 

人間×幽霊コンビの心霊現象解体験ストーリー。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【死人の声をきくがよい】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

死人の声をきくがよいを無料で立ち読み

 

死人の声をきくがよいのあらすじは?

 

保健室で鼻血を出して寝ている少年・岸田は
小さな頃から不思議な能力を持っていました。

 

それは死んだ人間の姿が見えること。

 

霊達は何か伝えたいことがあるのかもしれないと思いながらも
岸田はなるべく関わりたくないと思っていました。

 

そんな彼の前に同じ学校に通っている幼馴染・早川の霊が現れ
彼をどこかへ連れていこうとしていたのです。

 

巻き込まれたくないと思いながらも昔はいつも一緒にいた
早川さんを放ってはおけずあとをついていく岸田。

 

連れて行かれた先は「吉田」と表札のある一軒の家でした。

 

敷地に入り進んでいくとそこに落ちていたのは人間の「耳」
まさか早川さん・・・そう言いかけたとき
何者かに後ろから襲われ岸田は気絶したのです。

 

目を覚ますと目の前にあったものは・・・早川の死体と
他にも行方不明になっていた人達の死体が転がっていました。

 

死人の声をきくがよい
死人の声をきくがよい

 

ガタッと物音がして階段を降りてきたのは
保健室の吉田先生だったのです。

 

吉田先生は凶暴な弟がいるという妄想に取り付かれ
精神がおかしくなってしまっていました。

 

目に見えない弟に怯え自分で自分を傷つける・・・。

 

先生の目には弟が岸田の首を締めて殺そうとしているように
映っていたのですが実際には先生自身が岸田を殺そうとしていました。

 

ですが妄想から抜け出せない先生は
弟をハサミで刺して止めようとし自分を刺したのです。

 

先生はそのまま死んでしまい警察に本当のことを話すも
信用してもらえずそして異常者による殺人とだけ放送されたのでした。

 

それからずっとなぜか早川は岸田の隣にいるのです。

 

友達の小泉に誘われて郷土史研究会の日帰り調査に
参加することになった岸田ですがその隣には殺された早川さんが・・・。

 

着いた先は隠れキリシタンの伝説で知られる間吊島。

 

この島に潜伏していた宣教師と信徒8人が
激しい拷問の末に殺されたという・・・。

 

後にこの島に来たことを岸田は後悔することになる。
歴史の調査のはずが殺人事件に巻き込まれて・・・?

 

死人の声をきくがよいを読んでみる

 

サイト内より【死人の声をきくがよい】と検索。

 

死人の声をきくがよいのネタバレとその後の展開は?

 

歴史調査の為訪れた間吊島で岸田は早川さんに導かれ
海岸沿いの岩陰に死体を見つけてしまうのです。

 

事情聴取を受けることになった岸田達は
教会の中で貰ったジュースを飲んでいましたが
そのジュースを指差し口をふさぐ早川さん。

 

いつの間にか岸田はそのまま気を失ってしまっていました。

 

目をさますとそこは昼間案内された
キリシタンが死んだという海岸の洞窟の中でした。

 

明かりがてらした場所に拳銃を持った人の手が落ちており
その手から護身用として銃を抜き取ったのです。

 

突然の明るい光に顔を上げると
そこにはフードを被った人達が立っていました。

 

彼らは本当は死んだのはキリシタンではなく島に元々いた人達で
今もその死んだ人達は腐肉を食べて生きているという。

 

死人の声をきくがよい
死人の声をきくがよい

 

ズルズルという音に後ろを振り返るとそこには
見たこともない化け物が何体も這いずっていました。

 

その化け物は器用に飛び跳ねると研究会のメンバーの1人に
飛びつきまたたくまに肉を食い千切っていったのです。

 

走り出す岸田達が走りついた先は崖で会長である岸野は
自分だけが女の子なのだから身を挺して守れと
とんでもないことを言い出しメンバーの1人が
立ち向かって行ったものの・・・あえなくやられてしまったのです。

 

途方にくれた岸田が早川さんにどうしたらいいのか聞くと
彼女は崖の方から手を差し伸べ岸田は意を決して
友人の小泉の手を掴み崖の下へと飛び降りたのでした。

 

崖下の水路は海に通じており波にもまれて
意識を失った岸田が目を覚ましたのは漁船の上。

 

これが間吊島カルト殺人事件のあらましだったのです。

 

あの後、会長も飛び込んだらしく
同じく漁船に助けられていたのでした。

 

その後も早川の霊は岸田の隣におり岸田は自分の意思とは関係なく
その後も数々の霊的事件に巻き込まれてしまい・・・?

 

死人の声をきくがよいを試し読みしてみる

 

サイト内より【死人の声をきくがよい】と検索。

 

死人の声をきくがよいの感想は?

 

1話完結でストーリーが進んでいく話が多いこの漫画は
読みやすいのになかなか怖いです。

 

絵は懐かしい感じのものでそれがまた恐怖を引き立たせているイメージです。

 

主人公は岸田という小さな頃から幽霊が見えていてすぐに鼻血が出てしまう・・・
そんな男の子と幼馴染で養護教諭に殺害され幽霊になってしまった早川さんです。

 

この2人がメインなのですが他にも郷土史研究会に所属する
岸田の友人である小泉や会長である岸野が重要キャラとして登場します。

 

死人の声をきくがよい
死人の声をきくがよい

 

会長の岸野がなかなかの曲者で超常現象など
かわったネタが大好きですぐに首をつっこむのですが
岸田はことごとくそれに付き合わされてしまいます。

 

実際に周りにいたら嫌なタイプだなーと思いながらも
なぜか憎めないこのキャラクターがいい味を出していて
よりいっそうストーリーを引き立たせているように見えました。

 

怖い話が好きな人にとってサッと読めて調度良い感じに怖いこの作品。

 

ところどころクスッと笑える部分もあるので
怖い話初心者の方にもオススメなのでぜひ読んでみてくださいね。

 

死人の声をきくがよいを読んでみるならこちら

 

サイト内より【死人の声をきくがよい】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態