もののがたりのネタバレと感想!試し読みやあらすじのまとめ

mononogatari

この記事は約 7 分で読めます。



オニグンソウ先生の作品のもののがたり。

 

古びた器物に魂が宿った存在である付喪神。

 

その付喪神に大切なものを奪われた青年・岐兵馬は付喪神を憎んでいたが
付喪神と家族のように暮らす少女・長月ぼたんと出会い共に暮らすことに・・・。

 

付喪神との前途多難な共同生活の中、兵馬は徐々に変わり始めるが――!?

 

人とモノと絆の物語、此処に開幕!!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【もののがたり】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

もののがたりを無料で立ち読み

 

もののがたりのあらすじは?

 

器物に魂――「マレビト」が宿り現世(うつしよ)に現れた付喪神は
人間に危害を与えかねない危険な存在。

 

そんな付喪神を常世(とこよ)に送り返す役職は
「塞眼(さえのめ)」と呼ばれており
その役職に就いている一族・岐(くなと)家は
国から依頼を受けそうした取り締まりを行っていました。

 

岐家の時期当主である岐造兵の悩みの種は
時期当主である岐兵馬のことでした。

 

付喪神と対話し送り返す造兵に対し
兵馬は問答無用でぶちのめし封殺。

 

そんな彼のやり方に頭を悩ます造兵。

 

実は兵馬には付喪神を憎むきっかけとなった悲しい過去がありました。

 

そんな兵馬を見かねた造兵は荒療治のため
とある一家に兵馬を預けることを決めます。

 

付喪神の中には現世で生活していきたいと願う
付喪神もいるのですがそんな彼らと生活を共にする
女子大学生のぼたんのもとに兵馬を送り込もうというのです。

 

もののがたり
もののがたり

 

当然拒否しようとする兵馬でしたが拒否するなら
塞眼の名をはく奪するとまで言われ仕方なくその一家のもとへ。

 

出迎えたのはなんら人と変わりのない容姿をした
黒スーツ姿の付喪神・羽織と匣。

 

そして次の瞬間、鏡、硯、結、薙とファミリーが続々と現れます。

 

彼らを前に兵馬は付喪神は信用ならないと言い放ちます。

 

かつて塞眼の兄と姉を付喪神によって失った兵馬は
敵意をむき出しにして挑発するのでした。

 

喧嘩っ早い薙と早速闘いを始めてしまう兵馬
ふたりを止めにかかる他の付喪神たち。

 

ドタバタな中、付喪神の主である女子大学生・ぼたんも現れ
かくして三者交わる共同生活の幕が開けたのでした。

 

もののがたりを読んでみる

 

サイト内より【もののがたり】と検索。

 

BookLive

 

もののがたりのネタバレとその後の展開は?

 

家族を殺されたことによって付喪神の存在そのものを
憎むようになってしまった主人公・兵馬は皮肉にも
その付喪神と共同生活を送るハメになってしまいます。

 

そんな気難しい性格の兵馬ですがぼたんをはじめ
付喪神たちと生活をするうちその性格が徐々に和らいでいきます。

 

個性的な黒スーツ姿の付喪神たちのキャラクターとその正体も明らかに。

 

実はぼたんの周囲にいる付喪神たちは
ぼたんの嫁入り道具が魂を宿し付喪神となったもの。

 

さらに、ぼたんにも驚愕の秘密が。

 

ぼたんは生まれながらにしてマレビトを
その身に宿しているという不思議な女性。

 

人であり付喪神でもあるぼたんは
人間と付喪神たちから一目置かれる存在なのです。

 

もののがたり
もののがたり

 

天涯孤独であるぼたんのことを心配している付喪神たちが
兵馬を長月家へ入れたのにはある思惑が。

 

かねてからぼたんの結婚相手に相応しい存在を探していた
付喪神たちはふたりを結婚させるべく画策します。

 

他の付喪神たちと違い長月家の付喪神たちは全員でひとつの
ぼたんの嫁入り道具の調度品であるためぼたんには
結婚をしてもらいたいと並々ならぬ想いを抱いているのです。

 

ぼたんが結婚をすることで自分たちの役目を果たすことができるのです。

 

徐々に縮まっていく兵馬とぼたんの距離。

 

長月家に馴染んできた兵馬でしたが人に苦しみを与えることが
存在理由だという付喪神集団も登場、兵馬との戦いも繰り広げられます。

 

そして京都塞眼メンバーも登場し兵馬と共闘することに。

 

兵馬の兄と姉を殺した付喪神を追うという目標も定まって
物語はさらに面白くなっていきます。

 

様々な秘密が明らかにされこの先の展開も
非常に気になる本作はぜひおススメの漫画です。

 

もののがたりを試し読みしてみる

 

サイト内より【もののがたり】と検索。

 

もののがたりの感想は?

 

長い間使われた道具に魂が宿るというところから
人間に害をなす付喪神を封じるのが塞眼という役職の能力者たちの物語。

 

そんな塞眼の青年・兵馬がその身に付喪神を宿す
不思議な女性・ぼたんと暮らしはじめ徐々に成長していきます。

 

兵馬とぼたんの関係も気になるところですが
そんな生活の中、人に害をなす付喪神集団が現れ・・・。

 

綺麗な描写で描かれる戦いは魅力的です。

 

もののがたり
もののがたり

 

スタイリッシュでスピーディーかつ迫力ありと
ドキドキワクワクさせてくれます。

 

シリアスな部分ありキャラクターがデフォルメされて面白く描かれる
コメディ的要素もありで飽きさせない見どころ満載な作品です。

 

読んでいると自分の身の回りの物も愛着を持って
長く大切に使っていきたいという気持ちにさせてくれます。

 

アクション漫画であり恋愛漫画であり妖怪漫画であり・・・。

 

様々な見方が出来る作品だと思いますので
ぜひ読んでみて頂きたいと思います!

 

もののがたりを読んでみるならこちら

 

サイト内より【もののがたり】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態