シグナル100のネタバレや感想!試し読みやあらすじのまとめ

signal100

この記事は約 10 分で読めます。



宮月新先生・原作、近藤しぐれ先生・作画のシグナル100。

 

ある日、突然100の自殺暗示催眠を掛けられ高校生たち。

 

笑ったり泣いたりそんな当たり前の自由が
死につながる暗示に…。

 

自殺暗示催眠を解くにはクラスメイトの死のみ――?

 

絶望デスゲームの結末はいかに――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【シグナル100】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シグナル100を無料で立ち読み

 

シグナル100のあらすじは?

 

私立聖新高校の2-Cの担任の下部先生は
校長に怒られ追い込まれていました。

 

2-Cのの生徒を指導し有効な手を打てないなら
厳正な処分をされてしまうことに…。

 

しかし2-Cの生徒は先生の言うことは聞かず
更には挨拶だとボールを顔面にぶつけてしまう始末。

 

下部先生を「下僕」と呼びバカ騒ぎする
クラスメイトたち。

 

しかしその中でも樫村怜奈だけはバカ騒ぎには参加せず
1人勉強をしたりしていたのです。

 

先生を先生と思わない生徒たち。

 

そんなとき下部先生は5限の数学の授業を
視聴覚室で行うから必ず出席するようにと
黒板に書くのですが生徒の1人・和田が
生とは大切なお客さまだからお願いするときは
どうするのかと言い出しました。

 

すると下部先生は土下座をしてお願いし更には
授業に出てくれれば1人1万円差し上げると…。

 

下部先生の話を聞いて喜ぶ生徒たちでしたが
それにはある理由があったのでした。

 

シグナル100
シグナル100

 

視聴覚教室にやってきた生徒たち。

 

しかしそこには下部先生の姿はありません。

 

自分たちを騙したのかと処刑だと教室を出ようとすると
カギがかかっていてそこから出ることができず
更には暗くなって映像が流れ始めたのでした。

 

スピーカーからはものすごい音が聞こえ
頭の奥に響いて行きます。

 

更にはとても奇妙な映像が流れていて
気が付くと映像は終わっていました。

 

そして現れた下部先生はこれは後催眠で
催眠中に仕込んだ暗示を目覚めたときには忘れ
特定の合図をきっかけに催眠状態に引き戻し
暗示を忠実に実行されると言い出します。

 

生徒たちに掛けた自殺発動の合図は全部で100個。

 

もちろんそれは生徒たちには教えません。

 

合図に怖れながら生きるしかない…。

 

しかし1つだけ催眠を解く方法もあり――。

 

下部先生は生徒たちを恐怖に陥れそのすぐ後
窓から飛び降り死んでしまうのです。

 

たった少しの時間で2人の生徒と先生を失った2-C。

 

2-Cの生徒たちの日常は下部先生に奪われたのでした。

 

そして残されたのは自殺へと導く100の合図。

 

解放される唯一のカギとは――?

 

シグナル100を読んでみる

 

サイト内より【シグナル100】と検索。

 

シグナル100のネタバレやその後の展開は?

 

下部先生たちが亡くなったことで他の先生たちが
視聴覚教室にやってきますが何を聞かれても
事情を話すことができない生徒たち。

 

それは2-Cのクラスメイト以外に事情を話すと
自殺催眠が発動してしまうから…。

 

事情を聞きたいと連れて行かれそうになるものの
誰も動くことができないのです。

 

もし動けば100あるうちの自殺催眠が
発動してしまうかもしれない…。

 

何をするにも怖くて一歩も動けないのです。

 

しかし和田だけは自殺催眠を恐れず
自分たちの教室に戻ろうとするのです。

 

下部先生を追い詰めたのは和田のせい。

 

みんなそう思っているものの
和田について行くしかないのです…。

 

シグナル100
シグナル100

 

クラスにみんなは和田を頼るようになりますが
樫村だけはいざという時がきたら和田はあっさり
自分たちを裏切ると思っていました。

 

樫村が信じるのは和田とは正反対の
榊がここにいればと思うのでした。

 

実は榊は今停学中だったのです。

 

それは樫村がある先生に襲われているところを助け
樫村がみんなに事情を知られたくないと
黙っていてほしいと言ったことから事情を話せず
先生に暴力を振るったことで停学になっていたのです。

 

2-Cがバカ騒ぎなどをするようになったのも
榊が停学になってから…。

 

それからもみんなのちょっとした行動から
自殺催眠が発動してしまいます。

 

しかしある生徒だけは自殺催眠の一部を
知っていたのです。

 

それは普段から盗撮をしていてその日も
視聴覚室にビデオを仕掛けていました。

 

残念ながら5限ということもあり電池が切れて
途中までしか合図を知ることが…。

 

それでも少しでも合図を知ることができ
クラスメイトはどんどん和田を信用していきます。

 

しかし樫村は和田が他の合図を隠していると…。

 

ですが誰も樫村の言うことは信じてもらえず
合図を試す実験にさせられそうになり
みんなから逃げることだけで精一杯。

 

どんどんクラスメイトが亡くなる2-C。

 

和田を信じていくクラスメイト達ですが
このまま信じて行って大丈夫なのか――?

 

シグナル100を試し読みしてみる

 

サイト内より【シグナル100】と検索。

 

BookLive

 

ついに真のリーダー・榊颯汰の登場!

 

実は榊も停学解除の面談として
あの時間に呼ばれていたのです。

 

しかし犬と遊んでいたら時間を忘れてしまい
自殺催眠の暗示からは逃れたのです。

 

誰にも心を許すことができずクラスからも
独りになってしまった樫村を救ったのは
やはり榊でした。

 

暗示にかかってはいないとはいえクラスメイト。

 

樫村は榊に相談し助けてもらおうと…。

 

今まで起きたこと100の自殺合図のこと
更にはみんなが集団下校として和田が用意された
バスで帰ろうとしていることなどを話します。

 

和田の名前を聞いた瞬間、学校の入口へ走る榊。

 

そう、榊は和田がしようとしていることに気づき
みんなの乗ったバスに急いだのでした。

 

和田は一瞬でみんなを葬り去る
究極の合図をしようとしていたのです。

 

シグナル100
シグナル100

 

何とか榊によってその究極の合図は止められましたが
それからも和田の裏切りは行われます。

 

亡くなった下部先生が暗示を掛けられた
生徒の前だけに現れボーナスタイムがやってきたり
100の合図以外にも生徒たちを苦していき…。

 

次々に訪れる死への恐怖を榊が助けていくのです。

 

しかし榊がクラスメイトを助けようとしても
和田が仲間を裏切り殺していくので
榊も和田を殺すと言い出し――。

 

次々にクラスメイトを殺していく和田と
仲間を守って行こうとする榊…。

 

榊は和田からクラスメイトを守れるのか――?

 

また100の合図やボーナスタイムを駆使し
生き残ることができるのか――。

 

シグナル100を読んでみるならこちら

 

サイト内より【シグナル100】と検索。

 

シグナル100の感想は?

 

王様ゲームなどのようにクラスメイトが
1人また1人と消えていく…。

 

ただ今回の始まりは先生による暗示が原因。

 

先生も校長先生には責められるし生徒にはバカにされ
最期の復讐だったのでしょうね…。

 

実際に先生にいろいろしていたのは和田ですが
何もしてなくても一緒になって笑ったり
見て見ぬ生徒たちも同罪だったのでしょう…。

 

シグナル100
シグナル100

 

だからこの後、先生の協力者が現れますが
あの生徒だけは暗示を掛けられていない…。

 

やはり暗示を解くことはできずに
最後の1人まで死んでしまうのか
この後の展開がかなり気になります。

 

しかもこの後は2-Cだけではなく
他の人物たちも関わっていくという――。

 

これから何が訪れるのか想像もできない展開を
チェックしてしてみてはいかがですか?

 

きっと1度読み始めると続きが気になること
間違いなしのコミックです。

 

シグナル100を試し読みするならこちら

 

サイト内より【シグナル100】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態