もののべ古書店怪奇譚のネタバレや感想!無料試し読みとあらすじのまとめ

mononobefurusyotenkaikidan

この記事は約 7 分で読めます。



紺吉先生の作品のもののべ古書店怪奇譚。
鬼のなりかたの書かれた本『鬼書』。

 

それを読むと鬼と化してしまう・・・そんな本をさがす正太郎とシロ。

 

猟奇的でレトロな怪奇譚をお楽しみください。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【もののべ古書店怪奇譚】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

もののべ古書店怪奇譚を無料で立ち読み

 

もののべ古書店怪奇dv譚のあらすじは?

 

レジに座り本を読む主人公・物部正太郎がこの『物部古書店』の店主。

 

正太郎を訪ねてきた記者の近藤はいつものように
新しくできた雑誌を置いてくれないかと言います。

 

どうせガセネタだろうと正太郎は軽くあしらうものの
ある事件の話になると内心はちゃんと聞いていました。

 

正太郎はその事件が起きたという
山の向こうの稲尾町へと向かうことにしました。

 

なぜなら『鬼書』絡みかもしれないから・・・。

 

鬼書それは鬼が書いたとされる本。

 

かつては一冊だったが今は幾重にも分かれ目を通した物を同族
つまり鬼にする本・・・正太郎と古書店で
お手伝いをしている男の子・シロはそれを探しているのです。

 

もののべ古書店怪奇譚
もののべ古書店怪奇譚

 

汽車に乗り稲尾町へと向かう2人でしたが
町へと着くと町人の視線がいたかった・・・。

 

事件が起きたばかりでみんな警戒しているのです。

 

町中を2人が散策していると犬に吠えられ
それを見ていた駐在さんが止めてくれました。

 

お礼にとシロは警察官にしおりを手渡します。

 

駐在さんは子供が大好きで先月この町に越してきましたが
事件ばかりで参っていると話していました。

 

正太郎は駐在さんに宿はないかと聞くと駐在さんは親切に教えてくれ
ついでに『鬼のなりかたが書かれた本』を知らないかと正太郎は尋ね・・・。

 

稲尾町で起きている事件とはいったい・・・?
鬼のなりかたが書かれた『鬼書』とは・・・?!

 

もののべ古書店怪奇譚を読んでみる

 

サイト内より【もののべ古書店怪奇譚】と検索。

 

BookLive

 

もののべ古書店怪奇譚のネタバレとその後の展開は?

 

鬼書のことを訪ねてられた駐在さんはそんなぶっそうな本は
見たことがないと不思議そうにしていました。

 

正太郎達は駐在さんに教えられた宿へと向かい宿へ着くと
おかみさんが事件のせいで従業員の女2人が
やめてしまって忙しいと文句を言っていました。

 

鬼書のしわざの事件の場合、女と子供のみが狙われ
これまで集めた情報からは
まだ鬼書の仕業かどうかは判断できずにいたのです。

 

あとは殺されかたの詳細さえわかれば・・・。

 

あくる日、正太郎とシロは町の人たちに鬼書を知らないかと
聞いて回るものの知っている人がいないどころか気味悪がられます。

 

すると急に「坊や!」とシロの元へ女が走ってきましたが
シロの顔を見て自分の子ではないとわかったのかその女は去っていく・・・。

 

どうやらその女は1ヶ月前に自分の息子がいなくなり
気が触れてしまったらしいのです。

 

町人が駐在さんに知らせましたが見守ってやろうと言われ
そのままにしているようでした。

 

この事実を教えてくれた女性はお腹に赤ちゃんがいましたが
それを隠しているらしいのです。

 

なぜなら殺された女性2人は妊婦で
お腹の中だけ引きずり出されて死んでいたから・・・。

 

その後、今までに得た情報を整理する正太郎。

 

もののべ古書店怪奇譚
もののべ古書店怪奇譚

 

徐々に鬼書の仕業ではないかと思われる部分が重なり合っていく。

 

そんな時、先ほどの女性が襲われたと街角で騒いでおり
寸でのところで助かった女性は襲ってきたのは
人ではないとパニックを起こしていました。

 

駐在を呼びにいかなければと話している町人に
正太郎は自分が行くと名乗り出ます。

 

駐在所へ着くと駐在さんは本を読んでおりシロはあげたしおりを
使っているかと聞きますが見当たらないようで・・・。

 

それもそのはず、しおりは女性が先ほど襲われた現場に落ちており
それを拾った正太郎はしおりを駐在さんに見せこれまでの証拠から
駐在さんがこの事件を起こした『子供を愛でる鬼』だと言い切ったのです。

 

それでもまだとぼけようとする駐在さんでしたが
鬼は名前を当てられては人の姿ではいられない。

 

正太郎はその鬼の名前を呼ぶ――。

 

「童一口、それがあんたの正体だ」

 

次の瞬間、駐在さんの姿はバケモノへと変わり
大きな口にたくさんの歯がついた大口の鬼。

 

それが駐在さんの正体だったのでした。

 

攻撃を喰らい倒れたかのように見えた正太郎。

 

鬼の目標がシロへと変わったその時
シロのあどけなかった表情が変わりこう言うのです。

 

「道化は飽きた。もう殺して構わんぞ」

 

果たして正太郎はどうなったのか・・・?
子供の姿をしたシロの正体は・・・?!

 

もののべ古書店怪奇譚を試し読みしてみる

 

サイト内より【もののべ古書店怪奇譚】と検索。

 

もののべ古書店怪奇譚の感想は?

 

鬼のなりかたが書かれた『鬼書』をさがす物部古書店の店主の正太郎と
そこで手伝いをしている男の子シロ。

 

タイトルからはどんな物語となるのかまったく想像手できませんでした。

 

懐かしさを感じるようなレトロな絵柄と舞台も明治くらいの古い感じで
それがより物語に深みをだしているように感じました。

 

もののべ古書店怪奇譚
もののべ古書店怪奇譚

 

鬼になった人は一見普通の人。

 

でもどこか不自然さがあって鬼の姿へと変わった時は
不気味さがぞくっとさせられます。

 

ホラーとまではいきませんが少しエグい描写があるので
苦手な方は気をつけた方がいいかもしれません。

 

誰が犯人だろうかとか推理も楽しめるのでぜひ一度読んでみては?

 

もののべ古書店怪奇譚を読んでみるならこちら

 

サイト内より【もののべ古書店怪奇譚】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態