僕のヒーローアカデミア(漫画)のネタバレと感想!あらすじと試し読みも

bokunoheroacademia

この記事は約 8 分で読めます。



僕のヒーローアカデミアは逢魔ヶ刻動物園などを描かれた
堀越耕平先生の“等身大ヒーロー”漫画です。

 

特殊能力としての“個性”を持って生まれるのが当然の世界で
“無個性”な主人公がヒーローに憧れ努力する物語。

 

熱い友情やヒーローへの憧れなど
少年漫画の王道を貫いた作品作りを感じます。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【僕のヒーローアカデミア】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕のヒーローアカデミアを無料で立ち読み

 

僕のヒーローアカデミアのあらすじ!ヒーローに憧れる無個性な少年

 

世界総人口の八割が何かしらの特異体質を持って生まれてくるのが
当たり前な世界でその生まれ持った超常的な力“個性”を悪用する
犯罪者たち“敵(ヴィラン)”も増加し横行するようになってしまいます。

 

そんなヴィラン達を取り締まるべく同じく“個性”を武器とし
正義へと活用する者たちで組織されたのが“ヒーロー”なのです。

 

犯罪や災害に立ち向かい人命を救うヒーローたちは
多くの人々から憧れや尊敬を集めるのでした。

 

僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミア

 

主人公の少年・緑谷出久こと通称“デク”も幼い頃よりヒーロに憧れそれを目標とし
ヒーローになるための超難関高校である雄英高校を目指していました。

 

ですが彼は世界でも二割の存在である先天的“無個性”のため合格は絶望的だろうと
周囲や友人等に散々からかわれ続けた落ちこぼれだったのです。

 

そんなある日、雄英高校への受験を控えていたデクはヴィランに襲われますが
憧れてやまないヒーローである“オールマイト”に出会い助けてもらいます。

 

憧れのオールマイトにデクは無個性の自分でも
ヒーローになれるのかと質問しますが
相応に現実を見るようにと諭されてしまうのでした。

 

気落ちしながら歩いているとデクは幼馴染でありいつも自分を
バカにしている爆豪勝己がヴィランに捕らえられているのを発見し
何の能力も持たない“無個性”でありながら友達を助けるため飛び出してしまいます。

 

そんなデクの姿を目にしたオールマイトは
体調(制限時間)を考え一瞬でも出遅れた己を恥じると
その強力な拳圧でヴィランを吹き飛ばしてしまうのでした。

 

そして事件が解決し再びデクの前にオールマイトが現れると
先程の非礼な言葉を訂正し「君はヒーローになれる!」と伝え
更に自分の力「ワンフォーオール」“個性を(他人へ)譲渡する個性”を
デクに受け継がせたいと提案します。

 

その申し出を喜んで受けたデクはオールマイトの個性を
受け入れる為の身体作りをするため受験生でありながら
トレーニングを兼ねた地域の粗大ゴミ掃除を10ヶ月続け
遂には受験当日に目標以上の成果を残すのです。

 

こうしてあとは雄英高校の受験を残すのみ
デクの目指すヒーローへの奮闘や努力は今始まったばかりなのでした。

 

僕のヒーローアカデミアを読んでみる

 

サイト内より【僕のヒーローアカデミア】と検索。

 

僕のヒーローアカデミアのネタバレ! ヒーロの光と影

 

デクが崇拝するヒーロー・オールマイトは
平和の象徴として絶大な人気と実力を誇るNo.1ヒーローです。

 

彼は前髪を2本立てた特徴的な髪形と筋骨隆々なアメコミ的風貌の男性で
その高い能力を用いて多くの犯罪者を検挙し犯罪抑制へと貢献してきました。

 

ですが5年前のヴィランとの戦いで重症を負い後遺症のため
1日の活動時間は3時間だけとなってしまうのです。

 

さらに能力を発動しない“個性解除時”では目の下に大きな隈や頬がこけた風貌の
極端な痩せ型の貧相な姿と身体(通称トゥルーフォーム)となってしまいます。

 

僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミア

 

そのためデクの友達がヴィランに襲われたとき自身の力の制限に躊躇し
出遅れてしまうのですが何の能力も持たないデクが単身ヴィランの前へと
飛び出した勇気に感銘し自身の能力をデクへと譲渡する決心をするのでした。

 

またオールマイトの身体を襲う後遺症は深刻で
度々吐血を繰り返してしまうほどです。

 

またデクが助けようとした幼馴染の爆豪は学力や身体能力が高く
強力な個性(ニトロのような汗を爆発させる)の持ち主ですが
自尊心が高く自信家で粗暴な少年です。

 

その為にクセっ毛でそばかすで更には“無個性”なデクを見下し
バカにする意味で出久の名を“デク”と呼んでいました。

 

ですが何の能力も持たない無個性のデクが
自分を助ける為にとヴィランの前に飛び出してきてからは
少しづつですが彼を認めるようにもなってゆきます。

 

彼もヒーローを目指し努力を重ねるのですが
この後もその性格や過剰な言動により挫折を味わい
事件にも巻き込まれてしまうのでした。

 

僕のヒーローアカデミアを試し読みしてみる

 

サイト内より【僕のヒーローアカデミア】と検索。

 

僕のヒーローアカデミアの感想! それぞれの思いを胸に秘めたヒーローの卵

 

作中では多くの、正に“個性”的なキャラが沢山登場します。

 

デクが気にしていたアダ名“デク”を「がんばれって感じで好き」と
言ってくれた麗日お茶子(うららか おちゃこ)は
正義や人々のためにというよりは経営不振な建設会社を経営している
両親を楽にさせたいとお金を稼ぐためにヒーローを目指しています。

 

僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミア

 

他にも一家揃ってヒーローの飯田天哉はふくらはぎに
エンジンのような器官を持つ俊足の個性の持ち主ですし
“個性婚”により生まれた轟焦凍は半冷半燃の個性。

 

見た目がカエルに似た女の子の蛙吹梅雨の個性はそのままカエルなのです。

 

ところでこれら登場人物の名前とその個性の能力に
何か気付かれた方もいたのではないでしょうか。

 

登場人物の名前=個性に由来しているものが多いのです。

 

彼らはそれぞれの思いや理由の為にヒーローを目指し
ヒーローの育成を行う雄英高校で知識や技を身に付け
戦闘訓練や体力測定などでは皆で力を合わせ乗り越えてゆくのです。

 

この作品ではヒーローに憧れる普通の少年デクが実は誰よりも
ヒーローに大切な熱い思い“勇気”を持っていることが読者に伝わります。

 

そしてヒーローとは能力が高かったり力が強い者を指す言葉ではなく
助けを求める者を救いたいと思い努力をする者こそが
真のヒーローであるのだと私たちに語りかけてもくれるのです。

 

そんな勇気と熱い思いがギュっと詰まった「僕のヒーローアカデミア」を
皆さんもデクたちと一緒にヒーローとは一体何なのかを考えてみませんか。

 

僕のヒーローアカデミアを試し読みするならこちら

 

サイト内より【僕のヒーローアカデミア】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態