ブラッククローバー(漫画)のネタバレと感想!アニメの原作を無料で試し読み


この記事は約 6 分で読めます。



田畠裕基先生の作品のブラッククローバー。

 

それは“魔法”の強さが全てとされる世界。

 

生まれながらに魔力を持たず魔法が使えない捨て子として
生きてきた少年アスタ。

 

彼は一緒に孤児院で育った優秀なユノと共に
この世界の英雄とも言える
魔法使いのトップ“魔法帝”を目指すのです。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブラッククローバーを無料で立ち読み

 

ブラッククローバーのあらすじ!魔法帝を目指す少年

 

物語は魔法が全ての世界。

 

最果ての村・ハージの教会で同じ日に
捨て子として育てられた少年・アスタとユノ。

 

ふたりは互いに魔道士の頂点である
“魔法帝”を目指すのですが強い魔力を持つユノに対し
アスタは全く魔法が使えない魔力を持たないでした。

 

そうして彼らが迎えた15歳の年。

 

アスタとユノは他の少年少女らと共に
持ち主の魔力を高めるという
“魔道書(グリモワール)”の授与式に参加します。

 

ところがその多くが自分に見合った
グリモワールを授与される中
魔力の無いアスタにはグリモワールが授けられず
周囲から笑われてしまうのです。

 

ブラッククローバー
ブラッククローバー

 

一方、ユノは魔法帝も授かったとされる
グリモワールを授与されるのでした。

 

自身に対し落ち込むアスタでしたが
盗賊に身を落とした元魔法騎士団に襲われた
ユノを救うため飛び出します。

 

するとそんなアスタに応えるよう黒く汚れた
グリモワールと共に反(アンチ)魔法の効果を持つ剣が現れ
盗賊を撃退するのです。

 

その後アスタとユノは魔法騎士団に入ると
仲間と共に己の技と力を磨きながら成長し
それぞれが抱く思いと共に魔法帝を目指すのでした。

 

ブラッククローバーを読んでみる

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

 

ブラッククローバーのネタバレ!四葉と五葉のグリモワール

 

物語の世界では王都から遠く離れれば離れるほど
魔力が弱い人間しか暮らしておらず
魔力の少ない彼らは下民とさえ言われていました。

 

アスタらが暮らしていた村は最果ての果てで
そのうえ孤児であったふたりはグリモワール授与の際には
周囲からも冷ややかな目を向けられてしまいます。

 

ところがユノは魔法帝も授かったとされる
“四葉のクローバー”のグリモワールを授与。

 

そしてアスタには突如壁から現れた
“五葉のクローバー”がもたらせられたのです。

 

実はグリモワールには「誠実」と「希望」と「愛」という
クローバーの3つの葉の数に見合った意味が込められていました。

 

ブラッククローバー
ブラッククローバー

 

四葉のクローバーのグリモワールを持つユノには
その3つの他に4枚目の「幸運」が
一方アスタには5枚目の「悪魔」が棲む
五葉のグリモアールが授けられたのです。

 

アスタが手にしたグリモワールには
魔力を持たないアスタだからこそ
扱える剣が封印されていました。

 

この剣はおおよそ全ての魔法を無効化し
持つ者の魔力を吸い取る
極めて異質な武器でもあったのです。

 

こうしてアスタは魔力を持たない存在でありながら
魔道士の頂点に君臨する
魔法帝を目指すという無謀な挑戦を始めます。

 

また後に魔法を切り裂き跳ね返すこの大きな剣の他に
他人の魔力を借りて攻撃が出来る軽く細身の剣も手に入れ
アスタの戦いの幅を広げるようにもなるのでした。

 

ブラッククローバーを試し読みしてみる

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

ブラッククローバーの感想!例え足りなくとも諦めず前向きなアスタ

 

この『ブラッククローバー』の主人公
アスタには魔力が全くありません。

 

魔法世界を舞台にし魔力が全てを決める中に有りながら
主人公でありながらある意味“最弱”な存在がこのアスタでした。

 

ですが魔力が無い程度でアスタは諦めず
代わりに自身の体を鍛え
魔力に匹敵する能力を身に付けるのです。

 

それは常人よりも強い腕力、そして俊敏な動き
優れた胴体視力などでした。

 

また魔力を全く持たないからこそ
反魔法を帯た武器を扱え
魔法に頼らず戦う事も出来たのです。

 

さらにアスタは“下民”と呼ばれる
辺境の村出身であり孤児でもありました。

 

魔力を持たない上にこれらの苦難を背負うアスタでしたが
人からどんな侮辱的な言葉を投げ掛けられても意に介さず
ケロリとした強い態度を貫きます。

 

ブラッククローバー
ブラッククローバー

 

ところが魔力をコントロール出来ず
一族から除け者扱いをされていたノエルが
兄姉らに侮辱されるやアスタは激昂するのです。

 

自分に対し屈辱的な言葉を吐かれても
お構いなしであったのに仲間や友達への侮蔑に怒るアスタ。

 

彼の姿こそが正に王道少年マンガの
主人公と言っても過言ではないでしょう。

 

魔法ファンタジーを舞台にしながら
熱血少年マンガを見事に描いたこの『ブラッククローバー』。

 

皆さんもコミックスを読んで
是非ともアスタの活躍を応援して下さい。

 

ブラッククローバーを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ブラッククローバー】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。